年中無休

営業時間: 09:00〜21:00

不用品回収・粗大ゴミ回収なら不用品回収業者のお助けうさぎ

網戸の処分方法6選|無料回収や引き取りについて詳しく解説

汚れて古くなった網戸や壊れて使えなくなってしまった網戸の処分にお困りではありませんか

自宅で過ごす時間が多くなった近年では、換気で窓を開ける機会も多くなり、網戸の活用がこれまでよりも高まっています。おうち時間をより快適なものにするためにも、清潔な網戸で綺麗な風を取り込みたいものです。網戸を綺麗に保つためには、定期的なお手入れや張り替えが欠かせません。

網戸は、毎年の掃除を行っていても年数が経ったものや強い雨風に多くさらされている環境が続くと、劣化も進行していきます。

網戸が破れてしまったり外れてしまったりしまうと、自分では処理するのが難しく、処分しなければならない状況になってしまうこともあるでしょう。

しかし、古い網戸を処分する場合に、どのように廃棄すればいいのかと悩んでしまうこともあるかもしれません。そこで今回は、網戸を正しく処分するための6つの方法と、処分の手順・処分する際の注意点について詳しく解説します。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

網戸の処分方法と手順

普段何気なく使用している網戸ですが、不要になった網戸はどう処分すれば良いのでしょうか。

網戸を正しく処分するには、網戸のサイズや状態によってそれぞれ異なります。ここでは、網戸を正しく処分するための6つの方法を集めました。どう処分すればよいのかの手順もあわせてしっかり確認しましょう。

ぜひ今後の参考にしてください。

網戸の処分方法6選

1.燃えないゴミとして回収してもらう
2.粗大ゴミとして処分する
3.ゴミ処理場に直接持ち込む
4.張り替え時に引き取ってもらう
5.専門店に買い取ってもらう
6.不用品回収業者に依頼する

1.燃えないゴミとして回収してもらう

手軽な方法で網戸を処分するなら、燃えないゴミ(不燃ゴミ)として自治体に回収してもらうのが最もおすすめです。それぞれの自治体では、週に1〜2回燃えないゴミの収集を行っています。指定ゴミ袋がある場合は購入が必要となりますが、回収作業じたいは無料でおこなってくれるので手軽に捨てることができます

網戸を一般的な家庭ゴミとして回収してもらうためには、網戸の素材によって正しく分別する必要があります。また、網戸部分だけなのか、サッシ枠も含めた状態なのかによっても異なります。

網戸は、プラスチック製やスチール製などの素材を利用して作られたものがあります。プラスチックの場合は自治体によって燃えるゴミ、もしくは資源ごみとして回収を行なっているところがあります。スチール製のものは、基本的に燃えないゴミとして処分されるところが多いようですが、地域によっては金属ゴミとして回収される可能性もあるので、事前の確認が必要です。

ゴミの分別ルールについては、自治体のホームページか自治体が発行しているゴミの分別ガイドラインなどで確認することができます。ゴミ出しのルールを徹底するためにも、分別方法が不明な場合は直接電話で問い合わせをしてみるのがよいでしょう。

網戸を燃えないゴミとして回収してもらう場合の処分方法の手順は以下を参考にしてください。

  • 1.網戸の素材がスチール製である場合、自治体が指定している燃えないゴミの袋に入れて不燃ゴミとして処分することができます。(プラスチック製の場合は、燃えるゴミや資源ごみとして処分できる場合があります。その場合は、燃えるゴミの袋を購入・または資源ごみの指定袋を使用してください)
    ゴミ袋は、コンビニやスーパー・ドラッグストアなどで購入することができます。容量によって価格が異なるので、処分したい網戸のサイズに合わせて購入しておきましょう。
  • 2.購入したゴミ袋に処分したい網戸を入れます。スチール製の場合は網戸の先端部分がほつれてまとめにくい場合があるので、処分する際には袋から飛び出ないように注意しておきましょう。
    網戸は広がりやすい素材でできているので、可能な限り小さくたたんでナイロン紐などでまとめておくことをおすすめします。
  • 3.網戸を入れた袋は、燃えないゴミ回収日当日の朝に指定場所まで運び出しておきます。袋から飛び出してしまったりしないよう、必要に応じて新聞紙にくるんだり、紐でまとめたりして回収しやすい状態にしておきましょう。

2.粗大ゴミとして処分する

網戸を処分するなら、自治体が回収している粗大ゴミとして処分してもらう方法もあります。網戸部分だけを処分したい場合もサッシごと処分したい場合もどちらでも回収してもらうことができるので、分別方法がわからない人などにはおすすめの処分方法です。

粗大ゴミとして回収してもらうことができるのは「1辺が30cmを超える立方体以上のもの」が原則です。網戸は大きさによって燃えないゴミとして回収してもらうこともできるので、大きなものやサッシごと処分したいときなどにおすすめの方法といえるでしょう。
また、複数の網戸を処分したい場合も粗大ゴミとして回収してもらうことがおすすめです。持ち運びしやすいように紐でまとめて回収してもらいましょう。

網戸を粗大ゴミとして処分する場合の手順は、以下を参考に確認してください。

  • 1.粗大ゴミ回収の申し込み
    網戸を粗大ゴミに出すには、自治体の粗大ゴミ回収窓口に申し込みをする必要があります。粗大ゴミとして回収してもらうためには処理費用がかかるので、申し込みをする際に処分費用について確認をしておくのが良いでしょう。もし、網戸以外にも処分したいものがあれば、合わせて確認しておくことをおすすめします。
    申し込みの際には、予約を受領したという受付番号を伝えられるので、メモの用意を忘れずにしておきましょう。
  • 2.粗大ゴミの処理権を購入する
    網戸の粗大ゴミ回収の申し込みと、処分費用を確認したら、金額に合わせた粗大ゴミ処理券を購入します。粗大ゴミ処理券は、地域のコンビニや郵便局の窓口で購入することができますが、返金や交換には対応していませんので、金額を間違えないように購入することが大切です。
  • 3.粗大ゴミ処理券を貼付
    粗大ゴミ処理券を購入したら申し込み時に伝えられた受付番号を記入して、処分したい網戸に貼り付けます。
    番号を記入し忘れたり、異なる番号を記入してしまった場合は回収してもらえない可能性もあるので、くれぐれも気をつけましょう。
  • 4.粗大ゴミの日に指定場所まで搬出する
    粗大ゴミ処理券を貼った網戸を回収日に当日の朝、指定場所まで搬出します。貼り付けた粗大ゴミ処理券が途中で剥がれてしまうことのないよう注意して運び出しましょう。
    粗大ゴミ処理券は、シールになっているのでどこにでも貼り付けることができるので、回収時にわかりやすい場所にしっかり貼り付けるようにしましょう。

3.ゴミ処理場に直接持ち込む

不要な網戸は、自治体が運営しているゴミの最終処分場に直接持ち込んで処分することもできます。

それぞれの自治体ではゴミの最終処分場施設を設けており、回収したゴミを廃棄する施設として運営されています。粗大ゴミとして回収してもらうよりも格安で廃棄することができるので、できるだけ安く網戸を処分したいと感がている人には、特におすすめです。

ゴミ処理場は、網戸やサッシはもちろん、生活用品や家具・家電、アウトドア用品など状態を問わず不要になったものをまとめて廃棄することもできるので、引っ越しや断捨離などの際にも便利に活用することができます。

網戸をゴミ処理場に直接持ち込んで処分する際の手順は、以下を参考に確認してください。

  • 1.地域のゴミ処理場に問い合わせる
    ゴミ処理場は、それぞれの地域ごとに場所や回収できるものが指定されているため、処分したい網戸をどこへ持ち込めば良いのかの確認をしてみましょう。また、持ち込みできる曜日や時間は、施設の営業時間内でなければならないため、ゴミ処理場に搬入できる日時の確認もしておくと便利です。
    ゴミ処理場の問い合わせ場所がわからない場合は、自治体の窓口に問い合わせて確認してみましょう。
  • 2.網戸を持ち込む
    処分したい網戸をゴミ処理場に持ち込みます。ゴミ処理場への持ち込みは、車での搬入となります。そのため、大きくてかさばってしまう場合は、できるだけ小さくたたんで紐で縛るか、車内で広がってしまわないようにガムテープなどでぐるぐるまきにしておきましょう。
  • 3.ゴミ処理場の窓口で受付を済ませる
    ゴミ処理場で受け付けてくれるゴミは、その地域に住んでいる住民であることが必要です。そのため、運転免許証などの住所がわかるものを提示しなければならないこともあるので、忘れずに持参しておきましょう。
    網戸を積んだ状態の車両を測って、必要事項を記入したら受付完了です。
  • 4.網戸を廃棄する
    指定された場所まで網戸を運びます。廃棄場所についたら自分たちで網戸を運び出し、廃棄します。廃棄が終わったら、再び最初の受付場所に戻って車両を測ります。それぞれの重さから処分した網戸の重さを算出し、料金を精算して完了です。

4.張り替え時に引き取ってもらう

不要になった網戸は、網戸を張り替えたタイミングで、張り替えを依頼した業者に引き取ってもらうことができます。網戸は5年〜10年で交換することが勧められており、劣化が進んだ網戸は、破れたり歪んでしまったりして虫が隙間から入ってきてしまう可能性もあります。

また、引っ越しなどで賃貸物件を引き渡すときには、網戸の交換を求められることもあるかもしれません。そんなときに不要になった網戸は、業者に引き取ってもらうのが良いでしょう。新しい網戸と交換で引き取ってもらう分には無料で引き取ってもらえます。別の網戸を回収してもらう場合には、別料金がかかってしまう可能性もあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

張り替え業者に網戸を引き取ってもらうための手順は、以下を参考にしてください。

  • 1.網戸の張り替え業者に問い合わせをする
    まずは、網戸の張り替えを依頼する業者に問い合わせをしましょう。張り替える網戸の枚数やサイズなどを伝え、おおよその見積もり金額を確認しておくのが良いでしょう。また、張り替え時に不要になった網戸を引き取ってもらえるか、引き取りに費用がかかるかなどもあわせて確認しておきましょう。
  • 2.網戸を張り替えてもらう
    網戸の張り替えを依頼したら、あとは業者が新しい網戸に張り替えを行ってくれます。事前に回収の依頼をしておけば、古い網戸はそのまま処分してもらうことができます。
  • 3.料金を払う
    網戸の張り替え料金を支払って処分完了です。無料で引き取ってもらえる場合もあります。

5.専門店に買い取ってもらう

網戸を専門に買い取っている業者に依頼して処分するという方法もあります。住宅建材のひとつである網戸は、建築物を専門に取り扱っている買取業者や網戸を専門に買い取っている業者で検索すると、意外に多く存在しています。網戸だけである場合もサッシごとの場合も対応してくれるので、まずは依頼する際に問い合わせてみることをおすすめします。

不要になった網戸なら、こうした専門業者を利用して買い取ってもらうのも一つの方法です。古い網戸を専門業者に買い取ってもらうには、以下の手順を参考にしてください。

  • 1.網戸の買取専門業者を検索する
    スマホやパソコンを使って「網戸 買取」などで検索をしてみましょう。まずは、表示された業者の中から住んでいる地域に対応してくれる業者を探し出しておきます。
  • 2.買い取ってもらいたい網戸を見積もる
    不要な網戸の買取について見積もりを出してもらいましょう。処分したい網戸の枚数やサイズ、写真などを事前に用意しておくと、手続きがスムーズに進められます。
  • 3.買い取りを依頼する
    おおよその買取見積額に納得できたら、買取の依頼をしましょう。
  • 4.買取
    回収日当日には、作業をスムーズに進めるために買取ってもらう網戸をまとめておくのが良いでしょう。買取金額を受け取って処分完了です。(買取の金額は、後日振り込みになる場合もあるので、事前に支払い方法について確認しておくようにしましょう。)

ただし、網戸の買取対象になるものには、一定の基準が設けられているため、全ての網戸が買い取ってもらえるとは限りません。その場合は、回収してもらうことはできないため、他の処分方法を検討する必要があります。

6.不用品回収業者に依頼する

不要になった網戸は、不用品回収業者に依頼して処分してもらう方法がおすすめです。

不用品回収業者は、網戸やサッシなどの建築関連のものを含め、スポーツ用品やアウトドア用品、家具や家電などの生活用品などを回収してくれるサービスを行っている業者です。回収する不用品の重さに応じて処分費用が異なるので、網戸以外に処分したいものがある場合は、それもまとめて回収してもらえるので便利です。

不用品業者は、見積もりや回収なども電話一本で行ってくれるので、急な引っ越しや断捨離などで網戸を処分したいときには特におすすめです。

不用品回収業者に網戸の処分を依頼する場合は、以下の手順を参考にしてください。

  • 1.不用品回収業者に問い合わせをする
    網戸を処分するために業者を探すには、インターネットで検索するのが一番です。「不用品回収業者」で検索するとたくさんの業者が表示されてしまうので、住んでいる地域や全国対応している業者を選ぶのが良いでしょう。不用品回収業者では、それぞれのサービスを提供しているので、自分が納得できると感じる最適なサービスを選ぶのがおすすめです。
  • 2.不用品回収業者に見積もりをしてもらう
    不要になった網戸の枚数やサイズなどを伝え、処分にかかる費用を見積もってもらいましょう。もし、網戸以外の不用品もまとめて処分したい場合は、見積もりを依頼する時点で全て伝えるようにしましょう。サッシごと処分したい場合は、階段やマンションがあるとオプション料金がかかる場合があるので、追加料金が必要かどうかも合わせて確認しておくことをおすすめします。
  • 3.網戸の回収日を決める 
    網戸の回収を依頼する業者を決めたら、回収日を決めます。急ぎの場合でも対応してもらえるので、スケジュールの都合に合わせるのがよいでしょう。
  • 4.網戸を回収してもらう
    網戸の回収は、全て業者がおこなってくれるので、当日は立ち合いをするだけです。処分費用を支払っって網戸の処分は完了です。
見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

網戸を処分する時の注意点

網戸を処分する場合には、サッシごとなのか、網戸だけなのか、また処分方法によっても注意しておきたい点があります。ここでは、網戸の処分で注意するべき点について詳しく確認しておきましょう。

網戸を処分する時に注意しておきたいこと

網戸は、プラスチックやスチールなどの素材で作られています。先端部分は尖っている網部分が飛び出してケガをしてしまう可能性もあるので、どんな方法で処分する場合も必ず折りたたんで紐やガムテープでまとめておくようにしましょう。特に破れている網戸はあちこちから先端が飛び出しているので、くれぐれも注意が必要です。

また、サッシごと処分したい網戸の場合は、大きさや重さに注意することも必要です。サッシを外す際や運び出す途中でケガをしたり家をキズつけてしまわないよう、十分注意しましょう。

網戸の処分方法別にみる注意点

網戸を処分する方法別の注意点についても、しっかり確認をしておく必要があります。いざ網戸を処分しようとしたときに困ってしまわないように気をつけましょう。

処分方法注意点
燃えないゴミとして回収網戸を燃えないゴミとして処分する場合は、自治体が指定するゴミの分別ルールを厳守することが大切です。
網戸の素材によっては、燃えるゴミや資源ごみ・燃えないゴミとして分別しなければならないため、それぞれの回収日や出し方なども合わせて確認しておきましょう。
また、処分したい網戸は、自治体が指定している燃えないゴミの袋に網戸を入れます。尖った部分が復路からはみ出てしまうことのないように新聞紙で包んだり、ガムテープでぐるぐる巻にするなど、十分注意して袋に入れましょう。
粗大ゴミとして処分する自治体が回収してくれる粗大ゴミは、燃えないゴミのように分別する必要はありませんが、処分にかかる処分費用をきちんと守ること、回収日や回収場所なども厳守しなくてはなりません。また、サッシごと出す場合などは風に煽られて網戸が倒れてしまうかもしれません。第三者が網戸でケガをすることのないように十分注意してゴミに出すようにしましょう。

さらに、粗大ゴミとして処分してもらう網戸には、自治体が指定する粗大ゴミ処理券を購入して処分したい網戸に貼り付けます。網戸の枚数にあわせて処理券を購入しなければならないので、貼り忘れなどに注意しましょう。
ゴミ処理場に直接持ち込むゴミ処理場に直接持ち込む方法は、不用な網戸を直接ゴミ処理場に持ち込んで格安で廃棄することができますが、車で運ばなければならないこと・処理施設の営業時間内に持ち込むことなどが必要です。車がない場合は、レンタカーを借りたり、誰かに頼んだりしなくてはならないため、事前に調整しておくのが良いでしょう。
張り替え時に引き取ってもらう網戸張り替え業者に古い網戸を無料で引き取ってもらうことはできますが、張り替えをした以外の網戸を回収してもらうには、別途費用がかかってしまうことがあります。
また、新しく張り替えた場合にのみ引き取りが可能であることも十分理解しておきましょう。
専門店に買い取ってもらう網戸を網戸買取専門店に買い取ってもらうには、インターネットで見つけた業者に依頼して見積もりを出してもらうことになります。
しかし、網戸の状態や使用年数によっては、買取に対応してくれない可能性もあることを理解しておきましょう。
不用品回収業者に依頼する不用品回収業者は、汚れていたり破れてしまった網戸でも回収してもらうことが可能です。網戸以外のものも回収してもらえるので、まとまった荷物を処分するには最適ですが、中には無料回収と言っていたのにあとで高額な料金を請求してきたり、回収した網戸を不法投棄したりする悪質な業者もあります。
しっかりした不用品回収業者を選ぶためには
・古物商許可証などの資格を取得していること
・わかりやすいホームページを持っていること
・料金プランがしっかりしていること
・豊富な実績を持っていること
・口コミや評価が高いこと
などがあります。
どの業者を選ぶか迷ったときには、ぜひチェックしてみましょう。

上記の処分方法をみてみると、劣化したり、破損したりしてもう使えなくなった網戸は燃えないゴミや粗大ゴミ、直接ゴミ処理場に持ち込んで処分するのが良いでしょう。ただし、ルールをしっかり守ることやゴミ出しの仕方にも十分注意しなければならないことが多いというデメリットがあります。

新しく網戸を張り替えるなら、張り替え時に古い網戸を無料で回収してもらうのも良いかもしれません。

まだ使える網戸を処分したいなら、網戸の買取専門業者に依頼すると見積もり後に買取に対応してくれる可能性もあります。
劣化や破損・汚れなどに関わらず網戸を回収してもらいたい・網戸以外のものも回収してもらいたい場合は、不用品回収業者が最適です。都合に合わせてスピーディーに回収してもらうことができるので、汚い網戸をいつまでも置いておく必要もありません。

網戸の処分費用

処分方法有料・無料処分費用
燃えないゴミとして回収有料燃えないゴミ袋を購入する分の処分費用がかかる。
200円〜(容量による)
粗大ゴミとして処分する有料粗大ゴミ処理券(シール)を購入して処分費用を支払う
200円〜(処分したいものの大きさや種類による)
ゴミ処理場に直接持ち込む有料処分したい網戸の重さによる(網戸を積んだ状態での車両重量から網戸を積んでいない状態の車両重量を差し引いて網戸の重さを算出する)
200円〜
張り替え時に引き取ってもらう無料新品に交換した網戸のお金がかかりますが、処分費用は無料です。
専門店に買い取ってもらう無料専門店が買い取ってくれた金額がそのまま利益になる
不用品回収業者に依頼する有料不用品回収業者によって処分費用が異なる

網戸を処分するなら不用品回収業者がおすすめ

この記事では、網戸の処分方法として6つの方法と手順、処分の際の注意点について解説してきました。

普段の換気はもちろん、夏の暑い日には虫を防いで涼しい風を取り入れたりしてくれる網戸は、私たちの生活には欠かせないものです。窓のサイズに合わせてさまざまなサイズがあり、それぞれの処分方法もいろいろな方法があることが理解できたのではないでしょうか。

余計な手間ひまや労力をかけずに網戸を処分するなら、不用品回収業者が最適です。電話一本で対応してくれる他、メールフォームからの問い合わせには24時間365日対応しているので、仕事や家事・育児などで忙しいという人には特におすすめです。

引っ越しや模様替えなどで急いで網戸を処分したいという人にもぜひおすすめなので、まずは、網戸の処分について気軽に相談してみてはいかがでしょう。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

オオウチのプロフィール画像
オオウチ

1994年生まれ。不用品回収歴は5年で、これまでに30,000件以上の不用品回収・ゴミ屋敷の片付けを担当してきました。チームで協力して迅速かつ丁寧な作業を心掛け、お客様に見積もりの説明を行う際には、分かりやすさに重点をおいて説明をさせて頂いています。また、お助けうさぎのYoutubeチャンネルで撮影も行っていますので「お助けうさぎYoutube」で検索してみてください。

対応エリア

単品の回収でもOK!

回収可能な不用品一例

関連記事

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

見積り・相談はすべて無料です!

0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電話1本で

まずはお気軽にお問い合わせください!

見積り・相談はすべて無料です!

TOPページへ戻る