年中無休

営業時間: 09:00〜21:00

不用品回収・粗大ゴミ回収なら不用品回収業者のお助けうさぎ

DVDの捨て方・処分方法5選|無料回収や引き取りについて詳しく解説

「大掃除をしたら要らないDVDが出てきた」
「ネット配信で見られるからDVDが要らなくなってしまった」
「処分するのではなく、売ったりできないかな?」

皆さんのご家庭に必ず存在するDVDは、1つ1つが小さくそこまでスペースを取らずに整理整頓できるため、あまり普段から「処分をしよう」と思うこともないアイテムかもしれません。

特に、棚にきれいに収まりやすく、パッケージで保管されていることで、インテリア的にも充実した空間を演出できるような側面も持ち合わせているものでしょう。

しかし、大掃除や引っ越しの機会に大量のDVDを一気に処分したいという場合もあれば、自分にとっては不要だけど「ただ廃棄するのはもったいない」と考えてしまう場合もあるのではないでしょうか。

普段なかなか捨てないものだからこそ、正しい処分方法に悩んでしまうこともあるかもしれません。

そこで今回は、DVDについておすすめの捨て方・処分方法を5つご紹介していきます。

DVDはゴミとして捨てる以外にも様々な方法で処分することができます。また、ゴミとして捨てる場合は注意しなければいけない点もあるので、本記事を参考にDVDを適切な方法で処分してみてください。

この記事を読むと以下のことが分かります。

・DVDメディアの種類
・適切な捨て方や処分方法について
・情報漏洩等の注意点

DVDについて

DVDとは、『 Digital Versatile Disc 』の略称であり、デジタルデータの記録媒体として使われる光ディスクのことを指します。見た目や大きさはCDとほぼ変わりませんが、CDよりも記録できる容量が大きく、約6~12倍ものデータを残すことができるようになっています。そのため、DVDディスクでは長時間の映画・映像を楽しむことができるのです。

DVDを使用する際は、読み取れる専用の機器が必要になります。DVDデッキやDVDプレーヤーが代表的ですが、パソコンやゲーム機でも読み取ることが可能な機種があります。そのため、幅広い環境で使用することができる記録媒体となっています。

DVDの読み取りに適していない機器でDVDを使用しようとすると、DVD自体が壊れてしまう可能性があるので気を付けましょう。

時代背景

1996年に使用が開始されたDVDは、綺麗な映像を手軽に楽しめるメディアとして、2000年頃からは記録媒体の代表格として名が知れ渡りました。映画だけでなくドラマやアニメ、コンサートライブなど、ありとあらゆる映像が気軽に購入できたり、レンタルできたりするようになったのはこの頃からです。

しかし、2000年代中期には、より優秀な記録媒体である『 Blu-rayディスク(ブルーレイ) 』が登場し始めました。画質も音質もDVDより優れているBlu-rayは、映像をよりリアルに楽しめるものとしてDVDに代わり台頭し始めました。

また、2020年頃にはDVDやBlu-rayなどのディスクがなくとも、インターネット上で映像を楽しめるサービスが続々と登場したり、ハードディスクレコーダーが出てきたりと、DVD等の記録媒体メディアの人気は徐々に衰えて行きました。

しかし、昔買ったDVDを今でも楽しんでいるという人や、DVDプレーヤーを愛用していて今も活用しているという人ももちろんいます。

時代の流れとともに記録媒体の世代交代が起こっているものの、DVDの存在価値はいまだ健在と言っても過言ではありません。

種類と特徴

単にDVDといっても種類があることをご存じでしょうか。その種類には、DVDの用途が深く関係してきます。自分自身で空のDVDを購入して映像を残したいという時は、ディスクの種類について知っておくとトラブルなくDVDを作ることができるでしょう。

録画タイプデータタイプは、一見すると使用目的が異なる印象を受けるため、「買っても使えないのでは?」「どちらを買ったら良いの?」と悩みがちですが、どちらも同じように使用することができます。

そのため、実際は「書き込みタイプ」と「書き変えタイプ」の2種類のみの違いしかありません。

種類特徴
録画タイプ映像を録画して保存をしておくためのDVDです。テレビ番組や映画を録画したことがあるという人は1度は手に取ったことがあるタイプではないでしょうか。DVDデッキを用いて利用ができます。商品のパッケージには「120分」など時間の表記がされています。
データタイプパソコンの中にあるデータを記録するためのDVDです。映像以外のデジタルデータも記録することができます。思い出の写真や映像を記録しておきたいという時に役立ちます。商品のパッケージには「4.7GB」など情報サイズ単位で表記がされています。
単発書き込みタイプ1回のみ録画や記録が可能なDVDです。1度記録した映像やデータは上書きすることも削除することもできません。大切な映像をずっと残しておきたいという時の利用に適しています。価格も安いので手に入りやすいDVDです。
書き換えタイプ何度でも書き換えが可能なDVDです。録画も削除も何度でもおこなうことができます。一時的なバックアップや自分の作業用に利用することに適しています。価格は単発書き込みタイプよりもやや高めとなっています。

一般用とパソコン用があるものとばかり思ってたけど、同じなんだね!

価格相場

中身が空のDVDであれば非常に低価格で手に入れることができます。安いもので10枚セットになったDVDが500円~1,000円程度となっています。単純計算で、1枚50~100円程度で利用が可能です。

映画やアニメなど既に映像作品が記録され販売されているDVDは安くはありません。話題の映画であれば4,000円~6,000円程度、希少価値が高い人気の映画は50,000円を超える価格で取り引きされることもあります。

今となっては生産されていない過去の映像作品は、現物が欲しい場合は頑張って探さなければなりません。また、綺麗に保管されている状態のものも少なく、貴重性も高くなる傾向があります。

何ゴミとして分別される?

DVDは「可燃ゴミ」もしくは「不燃ゴミ」として指定されている自治体が多いです。

『燃える素材でできていないのに可燃ゴミでよいのか?』と疑問に思う方もいるかと思いますが、DVDは「硬質プラスチック製品」として分類され、ゴミ処理施設の設備にて適切な処理が可能なものとして扱われます。

そのため、可燃ゴミとして捨てても環境に悪影響を及ぼすことなく、処理をされるようになっているのです。

似たような製品の「CD」「カセットテープ」「ビデオテープ」なども、同じ硬質プラスチック製品となっています。

DVDは環境に配慮された処理方法が確立されているので安心して処分をすることができます。だからこそ、自治体の分別ルールをしっかりと守って捨てることが大切です。

今も人気の記録メディア

現在では、Blu-rayディスクなどの、より大容量のデータを保管できるメディアが増えてきていますが、依然としてDVDは人気があります。

その理由は、4つあります。

① 今でもDVDメディアが活用されている。
簡易的に映像データを扱える利点がある
③ Blu-rayディスク・プレーヤーが高価でそこまで普及しきれていない。
④ 過去の映像作品が豊富である。

最も影響の要因は①~②になるでしょう。今でも映像データの受け渡しなどはDVDが活用され続けています。一般家庭での普及率も非常に高いため、汎用性が高いことが理由になりそうです。

しかし、昨今では記録するデータの情報量も大きくなっている傾向が強く、DVDでは収まりきらないことも多くなってきています。今後、撮影・録画映像が2Kや4Kが主流になっていったり、長時間のものになってきたりすると、DVDも廃れていく可能性が高いかもしれません。

DVDはBlu-rayに比べると容量が少ないだけのものと考えられるため、簡易的な記録に使用するなど、まだまだ需要は高いと考えられます。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

DVDの処分方法5選

DVDの処分方法には無料で処分ができる方法もあれば、売却する方法や業者を利用して手軽に捨てる方法など様々あります。

話題になった映画やアニメなどの映像作品はゴミとして捨ててしまうのはもったいないと感じることもあるかもしれません。また、パソコンの中のデータや思い出の写真など大事な情報が入ったDVDを、ゴミとして捨ててもよいのかと気になっている方もいるのではないでしょうか。

DVDはその状態やデータの中身によっても捨て方が異なります。また、処分方法ごとに手間も時間も違ってくるでしょう。

ぜひ処分するDVDと自分の状況にあった処分方法を見つけてみてください。

DVDを処分する5つの方法

① 可燃ゴミや不燃ゴミとして捨てる
② リサイクルショップ・中古買取ショップで売る
③ オークション・フリマアプリに出品する
④ 友人・知人に譲る
⑤ 不用品回収業者に回収を依頼する

① 可燃ゴミや不燃ゴミとして捨てる

DVDは自治体が回収している普通ゴミとして捨てることができます。一番手間が少なく、思いついた時にパッと費用をかけずに無料で処分できる点がメリットでしょう。

ほとんどの自治体ではDVDは可燃ゴミとして分別されていますが、自治体によっては不燃ゴミに該当する場合もあります。また、ディスクとケースを一緒に捨てられる場合もあれば、別々にわけて捨てなければいけない場合もあります。

DVDをゴミとして捨てる前に念のため自治体の分別ルールを確認しておきましょう。

注意点として、DVD内に個人情報や機密情報が含まれる大事なデータが入っている場合は、第三者に漏洩してしまわないよう事前処理をしてから捨てなければいけません。ハサミでディスクに傷をつける方法や専用のシュレッダーを利用する方法がありますが、詳細については本記事の後半で詳しく解説します。

また、映画やアニメ、アーティストのライブ映像など市販されていたDVDであれば、ゴミとして捨てずとも価値があるものとして売却できる場合もあるで、ぜひ他の処分方法についても確認してみてください。

可燃ゴミの場合は、費用をかけずに手軽に捨てることができるとても良い方法ですが、DVDの中身がどんなものかによっては別の処分方法を検討した方が良いでしょう。

② リサイクルショップ・中古買取ショップで売る

市販されていた映像作品のDVDを処分したいという場合は、買い取りをしてくれるショップに持っていき売却する方法を検討してみてはいかがでしょうか。買い取りが成立することで収入を得ることができる非常にお得な方法となっています。この場合、処分費用は掛からず無料です。

今話題になっているDVDであれば高額買取も可能です。話題になっていなくても、あまり市場に出回っていない希少価値の高いDVDであれば、良い値段での取り引きができるでしょう。また、ドラマやアニメなど複数話のDVDがセットになっている場合も買い取りに向いているといえます。

壊れて見ることのできないDVDは売ることができないので注意しましょう。

DVDの内容や状態、買い取ってもらえる店舗によっても査定額は大きく異なりますが、ただゴミとして処分してしまうよりは臨時収入を得られるのでお得でしょう。一度、査定額を出してもらって金額に納得がいかなければ持ち帰って考え直すのも良いでしょう。

また、量が多くて店舗に持ち込むのが困難な方は、宅配買取や出張買取をしてくれるショップを探してみることをおすすめします。

DVDの作品ジャンルに統一性があれば、そのジャンル専門のリサイクルショップを探してみるのも良いでしょう。

③ オークション・フリマアプリに出品する

リサイクルショップでなくとも、ネットオークションやフリマアプリを利用してDVDを売却することも可能です。こちらもお店での買取同様にお金を得ながら、処分費用をかけずに無料で手放せる良い方法です。

自分の好きな価格で出品することができるため、リサイクルショップよりも高値で売れる可能性が高いのがポイントです。

特に、今はもう市場には出回っていない廃盤となっているDVDや初回限定版の商品は、マニアからすると喉から手が出るほど欲しい品です。そういった方々のニーズに当てはまることができれば、高値での取り引きも十分にあり得るでしょう。

とはいえ、いつ売れるかは分かりません。売れるまではDVDを綺麗に保管し続けておかなければいけない点は考慮しておきましょう。

また、個人間での売買となるので、商品情報を正確に記載し、購入者と誠実なやりとりをしないとトラブルに発展する可能性もあります。出品前に傷や破損の有無はもちろん、念のためしっかりと再生できて問題ない状態であるかを確認しておいた方が良いでしょう。

売買が完了して処分ができるまでの期間がどの程度掛かるかは分かりませんが、できるだけ高値で売却をしたという時におすすめの方法となっています。

④ 友人・知人に譲る

友人・知人や身の回りで、処分予定のDVDに興味を持っている人がいれば、譲ってしまうのも良いでしょう。DVD数枚であれば手渡しで譲ることが可能なので手間もかかりません。

映像データの入っているDVDはもちろん、中身が空のDVDであっても記録用に欲しいといってくれる人がいるかもしれないので、周囲に声をかけてみてはいかがでしょうか。

友人や知人でなくとも、SNSなどで自分と共通の趣味を持つ人に呼びかけてみるという手もあります。無料で貰えるのであれば喜んで貰ってくれる人も多いでしょう。

売却という手段ではないので収入にはなりませんが、DVDをゴミとして捨てるのではなく「誰かに喜んでもらいたい」「再利用してほしい」と思っている方にはおすすめの方法です。

売却する際と同様に、壊れておらず使用できるDVDであることが前提条件です。譲る前には動作確認を必ず行っておきましょう。

⑤ 不用品回収業者に回収を依頼する

「手間をかけず大量のDVDを処分したい」「DVD以外にも捨てたいものがある」という方は不用品回収業者に回収を依頼することをおすすめします。

不用品回収サービスとは、小さな雑貨から家具・家電にいたるまで様々な不用品を一気に回収してくれるサービスです。特に、自宅まで回収に来てくれて、運び出し作業も全ておこなってくれるので、どれだけ量があっても手軽に処分ができます。

また、自分の都合に合わせて回収日時を決めることができ、即日対応してくれる業者も多いので便利です。

業者によってはDVDの買い取りサービスがあったり、個人情報が記録されたDVDでも外部漏洩させることなく適切に処分してくれるオプションサービスがあったりします。

上記のようにたくさんのメリットがある一方で、処分費用がかかるというデメリットがあることは理解しておきましょう。それだけ便利なサービスでもあります。

回収する量が多ければ多いほど、お得なプランを利用できるということもあるので、DVD数枚だけを回収してもらうというのは費用面から見てあまり現実的ではありません。

単品の回収では逆に割高になってしまう可能性もあるので、DVD以外の不用品も一緒に回収をお願いして、トータルコストを抑えられると良いでしょう。ご自身の状況に合わせて検討してみてください。

山積みになっているDVDを処分したいという場合に利用したり、大掃除や断捨離などで出た不用品のついでにDVDも回収してもらいたいという場合に利用すると効果的です。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

重要データの入ったDVDを処分する場合

不要になったデータタイプのDVDを処分する際、何が記録されているか十分に注意してください。

何も処理をせずうっかり処分に出してしまうと情報漏洩の危険性があり、悪用されてしまうことに繋がりかねません。DVDの中身によっては、きちんと処理をしてから手放す必要があります。

ここからは、重要データの入ったDVDを処分する前におこなうべき作業内容を紹介します。

ハサミで切断する

直接、物理的にDVDを壊してデータを読み取れなくすることが目的で、DVDをハサミで切断するだけで対処が可能となります。どこか一辺だけでもいいので、DVDの真ん中部分まで切れ込みをいれてください。

小さなハサミや強度の弱いハサミだと、逆にDVD側の強度にハサミが負けてしまうかもしれませんので、万能ハサミなどの大きく強度のあるハサミを使用することをおすすめします。CDやDVDを切断する専用のハサミも500円~1,000円程度で発売されているので、この機会に1つ購入してみてはいかがでしょうか。

ただし、切断をする際は無理に力を入れて怪我をしてしまわないように気を付けましょう。また、切断した際に破片が飛び散ってしまう危険性もありますので、切断作業は慎重におこなってください。

物理的に破壊をする場合は、ほぼ復元ができない状態になります。そのため、個人情報の処理に不安がある場合は、そのまま処分に出さず必ず対応しておきましょう。

シュレッダーで破砕する

DVDをシュレッダーで粉砕する方法もあります。ハサミよりもより細かく確実に切断できるため、重要データ漏洩の心配はまずありません。

ただし、どんなシュレッダーでも対応可能というわけではありません。一般的なシュレッダーは紙ゴミ用のものがほとんどです。そのため、DVDの破砕に適したシュレッダーでないとシュレッダー側が壊れてしまう可能性があるので気を付けましょう。

DVDの裁断に対応しているシュレッダーは手動タイプのものが1,000〜2,000円程度、自動タイプのものが1~2万円程度で購入できます。

重要なデータが入っているDVDを安心して廃棄したい時は、こちらの方法も検討してみると良いでしょう。

昨今、このような悩みで不要となったCD・DVD等の記録媒体を破砕したいという需要も増えています。使用機会も多い場合があるため、シュレッダーを購入しておくと便利かもしれません。

大量のDVDを処分・廃棄する場合

最後に、一度に大量のDVDを処分する場合におすすめな処分方法を紹介します。

自宅でいらなくなった大量のDVDが場所を取って困っている方は、ぜひ参考にしてください。

リサイクルショップの出張買取・宅配買取を利用する

大量にある映像作品のDVDを処分したい場合は、リサイクルショップの出張買取宅配買取を利用すると手軽に売却が可能です。

出張買取」は、お店側が自宅まで査定・回収しに来てくれる買取方法です。自宅で待っているだけで良いので、スタッフを自宅にあげることに抵抗がないという方におすすめです。

「宅配買取」は、郵送でお店側に品物を送る買取方法です。段ボールに不要なDVDを詰め込み、配送業者に集荷を依頼して送ってもらいます。配送中にDVDが破損しないように慎重に梱包をする必要がありますが、配送さえしてしまえばあとは査定結果を待つだけで済みます。

店頭査定とは違い、訪問日時を決めたり、査定までの時間が掛かったりと、どちらもやや日数を要する方法となるため、スケジュールには余裕をもって依頼を進めましょう。

また、出張費用や配送費用などが別途発生する場合もあるので、依頼前に費用面についても確認しておくことをおすすめします。

出張・宅配の買取は手軽な方法にはなるものの、対面しない分だけ査定の詳細が見えづらい面があります。買取価格が思いのほか安かったので「コレは売らないでおく」など細かい対応ができません。基本的に全て売却処分することを前提に依頼をお願いしましょう。

不用品回収業者に回収に来てもらう

不用品回収業者は自宅内まで回収に来てくれて梱包から運び出しまで全て対応してくれます。どんな不用品がどれだけあっても、分別や運び出しを自分でする必要はありません。

大量に積まれたDVDでも、押し入れで埃を被って眠っているDVDでも、破損してしまっているDVDでも、どんな状態のものでも業者スタッフが回収作業をおこなってくれます

自分への負担は一切かからないおまかせ的な方法とはなりますが、そのぶん費用はかかります。費用がかかってもいいので手間や時間をかけたくないという方におすすめの方法となります。

お金が掛かってもたくさんのものを短時間にスムーズに処分したいという場合に最適な方法といえるでしょう。特に、量と重さがあるものでは効果的な方法です。

手間をかけずにDVDを処分するなら不用品回収業者がおすすめ!

今回は、DVDの処分方法について解説をしました。

DVDはゴミとして捨てることもできますが、売却や譲渡などDVDの種類によって、様々な処分方法を選ぶことができます。

ただし、個人情報など重要なデータが記録されているものの処分には注意が必要です。DVDのデータの中身や、ご自身の状況にあった適切な方でDVDを処分してください。

また、断捨離中や大掃除中に不要なDVDを見つけたという場合は、他の不用品と一緒に処分するチャンスです。

不用品やDVDをその都度1つずつ処分するのは非常に手間であり、適当に処分をしてしまうと情報漏洩にも繋がりかねません。そんな時に利用をおすすめするのが不用品回収業者への依頼です。

「少しでも安く済ませたい」「お小遣い程度で良いからお金に換えたい」という場合は別ですが、「面倒な手間はかけずに一気に処分をしたい!」という方は、不用品回収業者を利用して他の不用品とまとめて一回で処分することをおすすめします。

不用品回収業者への相談や見積もり依頼は無料でおこなえる場合が多いので、DVDの処分方法に悩んでいるという方は、一度相談をしてみてはいかがでしょうか。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

オオウチのプロフィール画像
オオウチ

1994年生まれ。不用品回収歴は5年で、これまでに30,000件以上の不用品回収・ゴミ屋敷の片付けを担当してきました。チームで協力して迅速かつ丁寧な作業を心掛け、お客様に見積もりの説明を行う際には、分かりやすさに重点をおいて説明をさせて頂いています。また、お助けうさぎのYoutubeチャンネルで撮影も行っていますので「お助けうさぎYoutube」で検索してみてください。

対応エリア

単品の回収でもOK!

回収可能な不用品一例

関連記事

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

見積り・相談はすべて無料です!

0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電話1本で

まずはお気軽にお問い合わせください!

見積り・相談はすべて無料です!

TOPページへ戻る