年中無休

営業時間: 09:00〜21:00

不用品回収・粗大ゴミ回収なら不用品回収業者のお助けうさぎ

電動自転車の処分方法8選|無料回収や引き取りについて詳しく解説

「電動自転車って何ゴミで捨てたらいいの?」
「手軽に簡単に電動自転車を処分する方法が知りたい!」

電動自転車はペダルをこぐ力をアシストしてくれる大変便利な自転車です。

お子さんがいるご家庭の味方として、高齢者が身体に負担をかけずに移動できる乗り物として、多くの人に利用されています。

安全に利用できるよう丈夫な設計になっているため長年使用することができますが、寿命が来ないというわけではありません。劣化を免れることはできず、電動自転車を処分しなければいけない時はいつかやってきます。

そんな時に、正しい電動自転車の処分方法を知っていると悩むことなくスムーズに処分することができます。

本記事では、電動自転車の処分方法について詳しく解説します。

ただ廃棄処分するだけでなく、コストをかけずに無料で電動自転車を処分する方法も含め紹介しますのでぜひ参考にしてください。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電動自転車のおすすめの処分方法3選

電動自転車のおすすめの捨て方3選

まずは電動自転車を廃棄処分する方法をご紹介します。

電動自転車が壊れてしまったなどでもう使えない状態である場合におすすめの方法です。

・粗大ゴミとして処分する
・自転車販売店で処分する
・不用品回収サービスを利用する

粗大ゴミとして処分する

まずは自治体の運営するゴミ収集を利用する方法をご紹介します。

電動自転車は「粗大ゴミ」として捨てることができます。可燃ゴミや不燃ゴミといった普通ゴミで捨てることはできませんので間違いないように注意しましょう。

粗大ゴミとして電動自転車を捨てる場合、まずは申し込みをする必要があります。

自治体ごとに専用の粗大ゴミ受付窓口が用意されているので、電話やインターネット上の申し込みフォームを利用して申し込みをおこないます。

その際、電動自転車を捨てる際の規約をしっかりと確認しておきましょう。

自治体によっては電動自転車についているバッテリーを取り外してから捨てなければいけないと決められている場合があります。逆に、バッテリーは外さずに取り付けたまま捨てなければいけない場合もあるので、規約の確認は大切です。

申し込みが終わったら、電動自転車を粗大ゴミとして捨てるのに必要な料金を支払います。

料金は自治体ごとに異なりますが、500円~1000円程度が相場だと認識しておくとよいでしょう。

この料金は、粗大ゴミ処理シールを購入することで支払うことが一般的です。粗大ゴミ処理シールは郵便局やコンビニ、スーパーなどで販売されていることが多いので、最寄りの販売店舗を調べて購入をしましょう。

粗大ゴミ処理シールを購入したらシールを電動自転車に貼り、粗大ゴミ回収日当日に指定場所に電動自転車を置いておきます。

あとは粗大ゴミの回収作業員が電動自転車を回収してくれれば処分完了です。

また、自治体によっては回収を申し込むのではなく、自分でゴミ処理場に直接持ち込みができる場合もあります。

ゴミ処理場への直接持込は、回収を依頼するよりも料金が安くすむ場合がほとんどなので、極力処分費用をかけたくないという場合は電動自転車をゴミ処理場へ持ち込むことを検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、持ち込みを受け付けていない場合もあるので事前に自治体に確認をしておきましょう。

また、直接持込をする場合でも、電動自転車についているバッテリーは取り外すべきなのか否かは確認をしておく必要があります。

取り外したバッテリーの処分方法については本記事の後半でご紹介いたします。

自転車販売店で処分する

電動自転車の処分方法として、自転車販売店に持っていくという方法もあります。

お近くの自転車販売店で廃棄自転車の引き取りサービスをおこなっているかどうか確認をしてみましょう。

回収は基本的に有料ですが、500円~1000円程度で処分を引き受けてくれます。

また、店舗によっては新しい電動自転車を購入することで古い電動自転車は無料で廃棄してくれるというサービスをおこなっている場合もあります。

電動自転車についているバッテリーも取り外す必要がない場合が多く、電動自転車を自転車販売店に運ぶだけで簡単に処分をすることができます。

ご自宅の近くに自転車販売店があるという方は積極的に利用したい処分方法です。

不用品回収業者に依頼する

電動自転車を処分したいけど粗大ゴミ回収の手続きをするのが面倒だという方や、近場に自転車販売店がないという方は、不用品回収業者に依頼をして電動自転車を処分する方法がおすすめです。

不用品回収業者に電動自転車の処分を依頼すると、自宅まで取りに来てくれるので運搬する手間がかかりません。ペダルやタイヤが壊れている場合は非常に助かるサービスです。

また、バッテリーを取り外す必要もありません。

どんな状態の電動自転車でも1台丸ごと回収してくれるので、何も気にする必要なく回収を待っているだけで大丈夫です。

電動自転車のほかにも処分したい家具や家電や日用品があればまとめて回収をしてもらうことでプチ断捨離をすることもできます。

回収費用は他の処分方法と比べると高くなってしまいますが、簡単に電動自転車を処分できる方法として覚えておいて損はないでしょう。

『お助けうさぎ』の不用品回収サービスを利用する

不用品回収業者へのご依頼を検討している場合は、ぜひ『お助けうさぎ』へのご依頼もご検討ください。

お助けうさぎは不用品専門の回収業者としてあらゆる不用品の回収をおこなっています。電動自転車ももちろん回収可能です。

お助けうさぎの利用するメリットはたくさんあります。

・回収日時を自由に決めていただけます。
・年中無休で回収をおこなっております。
・最短で申し込み当日に回収可能です。
・回収に関わる作業は全てお助けうさぎのスタッフが対応いたします。

そのほかにも、まだ使用できる電動自転車の場合、買い取りをさせていただける可能性もあります。

できるだけお得に処分したいという方にもぴったりの方法です。

お申し込みはLINEとメールで24時間365日受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。ご相談やお見積もりは無料でおこなっておりますので、まずは金額だけでも知りたいというお問い合わせも歓迎しております。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電動自転車を無料で処分する方法5選

電気自転車を無料で処分する方法5選

電動自転車を廃棄処分するには少なからず料金がかかってしまいます。

そこで、できるかぎりコストをかけずに無料で電動自転車を処分したいという場合に利用できる方法をご紹介します。

ここからご説明する処分方法に関しては、「まだ使用できる電動自転車」であることが条件となります。

壊れていない電動自転車を手放す際にぜひ以下方法をご検討ください。

・リサイクルショップで買い取ってもらう
・フリマアプリで売却する
・ネットオークションで売却する
・周囲の人に譲渡する

リサイクルショップで買い取ってもらう

電動自転車をリサイクルショップで買い取ってもらうことによって、処分費用をかけずに手放すことが可能です。費用が無料で済むばかりか、逆にお金を得ることができます。

自転車の買い取りをおこなっているショップは多数あるので、インターネットで検索をして気になるショップを探してみましょう。

ショップを探す際に注目したいのが買い取り方法です。

リサイクルショップの買い取り方法としてメジャーな方法は「店頭買取」「出張買取」「宅配買取」です。

店頭買取は、リサイクルショップの店頭まで電動自転車を持っていき、その場で査定と買い取りをおこなってくれるものとなります。持ち込み当日に買い取ってもらえるので時間がかからないメリットがあります。

出張買取は、リサイクルショップの店員さんが自宅まで査定をしに来てくれて、そのまま電動自転車を持って行ってくれるものです。電動自転車を自分で運ぶ必要がないというメリットがありますが、事前に予約をする必要があります。

宅配買取は、リサイクルショップ宛てに品物を郵送して査定をしてもらう方法ですが、電動自転車のような大型の品物は宅配買取を断られてしまう可能性があります。

したがって、店頭買取か出張買取を実施しているリサイクルショップを探して電動自転車を買い取ってもらうよう行動したほうがよいでしょう。

ただし、リサイクルショップによって買取価格が大きく異なるほか、電動自転車の状態によっては買い取りを断られてしまう可能性もあることは理解しておきましょう。

フリマアプリで売却する

フリマアプリを利用して電動自転車を売ることも可能です。

リサイクルショップとは違い自分で売却額を決めることができるので、納得のいく額で電動自転車を手放すことができるメリットがあります。処分費用も無料です。

メルカリ、PayPayフリマ、ラクマなど人気のフリマアプリはサービスも充実しておりユーザー数も多いので、使いやすく買ってもらいやすいでしょう。

フリマプリを利用する際に気を付けておきたいポイントは2つあります。

1つ目は出品時に掲載する情報についてです。

電動自転車のメーカーや型番などの基本情報はもちろんですが、使用した年数や損傷状況、付属品の有無など、嘘偽りなく掲載することが大切です。

誤った情報を掲載してしまうと、せっかく買い取ってもらったあとに情報と違うことが原因でトラブルに発展しかねません。

スムーズな売買をおこなうためにも利用規約を守って正確な出品情報を登録しましょう。

2つ目のポイントは売却後の配送手配についてです。

電動自転車は大型のため、専用の配送業者を手配しなければなりません。自転車を配送してくれる業者はいくつかあるためインターネットで検索してみましょう。

また、大型配送の配送料金は決して安くはありません。

配送料金を視野に入れたうえで出品時の売却希望額を決定しないと損益がマイナスとなってしまう可能性もあるので注意してください。

ネットオークションで売却する

フリマアプリと同様に、アプリやインターネットを利用してオークション形式で電動自転車を売却することもできます。

ヤフオクやモバオクは人気のネットオークションとなっており、日々大勢の方がオークションを利用しています。

ネットオークションとフリマアプリの相違点は売却額にあります。

フリマアプリとは異なり購入者側が購入価格を決定するかたちとなりますが、電動自転車の購入を希望する人が複数現れた場合は希望者同士で落札競争をするので競争次第では売却額が跳ね上がる可能性もあります。

フリマアプリと同様に、出品情報の正しい記載と売却後の配送手配については考慮しておくべきポイントです。

電動自転車を中古で購入したいと考えている人は少なくありません。フリマアプリやネットオークションでは電動自転車を出品している人、購入を検討している人がたくさんいます。

フリマアプリやネットオークションに抵抗がないという方はぜひ電動自転車の売却にチャレンジしてみてください。

周囲の人に譲渡する

電動自転車を譲ってほしいという人が周囲にいないか一度声をかけてみてはいかがでしょうか。

お子さんが幼稚園や保育園に通い始めたというご家庭の方や、足腰に不安があり移動が大変だという方にとっては電動自転車を譲ってもらえるというのは非常にありがたい話です。無料で譲ってもらえるとなれば喜んで受け取ってくれるでしょう。

近場に住んでいる人であれば配送手配をせずとも渡すことができるので手間がかかりません。

ただし、電動自転車を譲渡する際も売却時と同じように使用年数や損傷状況については事前に共有をしておきましょう。

次に利用する人が安心して利用するためにも大切なことです。

もし損傷が多くて利用に不安がある場合は、売却や譲渡ではなく廃棄をする方向で処分を検討したほうがよいでしょう。

電動自転車を処分する際の事前準備

電気自転車の処分に関するお役立ち情報

電動自転車を処分したいと思ったときに、事前に準備をしておくべきことがあります。

次の2点については処分前に必ず対応しておきましょう

・防犯登録の削除申請
・バッテリーの廃棄

迷わずスムーズに電動自転車を処分するためにも、ぜひご確認ください。

防犯登録の削除申請

自転車には盗難防止対策のひとつとして防犯登録が義務付けられています。電動自転車も同様です。

防犯登録の有効期限は10年となっており、有効期限内に電動自転車を処分するとなった場合は防犯登録の削除申請をして利用者として登録されている情報を削除しなければいけません。

防犯登録の削除申請は各都道府県により異なりますが、基本的にはお住いの最寄りの警察署か交番、もしくは防犯登録手続きをおこなっている自転車販売店でおこなうことができます。

削除申請の際は身分証明書が必要となりますので忘れずに持参しましょう。

売却や譲渡をする際も、再利用する相手側があらためて電動自転車の所有者として防犯登録をすることとなりますので、スムーズに防犯登録ができるよう自身の防犯登録情報は削除しておく必要があります。

バッテリーの廃棄

自治体の粗大ゴミ回収を利用して電動自転車を処分する際にはバッテリーの取り扱いに留意しましょう。

自治体によってバッテリーの処分は受け付けていないという場合もあり、その際バッテリーについては別途処分しなければいけません。

まずバッテリーを取り外さなければいけませんが、メイン電源が入っていないことを確認してから作業を始めましょう。

電源が入っていないことを確認したら、バッテリーのロックを専用の鍵で外します。ロックが外れたらグリップを握って引き上げることで簡単にバッテリーを外すことができます。

取り外したバッテリーは電動自転車を購入した店舗やリサイクル協力店、家電量販店などで引き取ってもらいましょう。

バッテリーの取り外しが億劫だという場合は、自転車販売店での廃棄や不用品回収業者を利用した処分を検討してみてください。

いらなくなった電動自転車の処分は『お助けうさぎ』におまかせ!

ここまで、電動自転車の処分方法について紹介してきました。

電動自転車は普通の自転車と比べてパーツも多く大型ではあるものの、安価で廃棄処分できる方法もあれば手軽に回収をしてもらえる方法もあります。

まだ使用できる電動自転車であれば再利用を目的として処分を検討することも可能です。

壊れた電動自転車を手間をかけずに処分したいという時や、バッテリーの取り外しや自転車の運搬をしない方法で処分をしたいという時は『お助けうさぎ』の不用品回収サービスの利用をぜひご検討ください。

お助けうさぎは東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城を中心に不用品回収サービスをおこなっている会社です。

電動自転車の回収も承っております。

まだ壊れていない状態の良い電動自転車に関しては買い取りさせていただくことも可能です。

不用品回収の他にも、粗大ゴミ回収・ゴミ屋敷清掃・遺品整理などあらゆるニーズにお応えいたします。

お助けうさぎの料金は分かりやすい定額パックをご用意しています。一番お得に処分できる金額でご提示いたしますので、余計な費用が掛かってしまうこともありません。

お問い合わせは24時間365日いつでも受け付けておりますので、まずはお見積もりだけという方もぜひお気軽にご相談ください。ご相談とお見積もりは無料でおこなっております。

お助けうさぎのサービスについて更に詳しく知りたい方はこちらの「マンガと動画でわかるお助けうさぎ」も併せてご覧ください!

こちらの関連記事もご覧ください

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

オオウチのプロフィール画像
オオウチ

1994年生まれ。不用品回収歴は5年で、これまでに30,000件以上の不用品回収・ゴミ屋敷の片付けを担当してきました。チームで協力して迅速かつ丁寧な作業を心掛け、お客様に見積もりの説明を行う際には、分かりやすさに重点をおいて説明をさせて頂いています。また、お助けうさぎのYoutubeチャンネルで撮影も行っていますので「お助けうさぎYoutube」で検索してみてください。

対応エリア

単品の回収でもOK!

回収可能な不用品一例

関連記事

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

見積り・相談はすべて無料です!

0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電話1本で

まずはお気軽にお問い合わせください!

見積り・相談はすべて無料です!

TOPページへ戻る