年中無休

営業時間: 09:00〜21:00

不用品回収・粗大ゴミ回収なら不用品回収業者のお助けうさぎ

ソファーの処分方法6選|無料回収や引き取りについて詳しく解説

「新しいソファーを購入したが古いソファーはどうすべきか」
「ソファーが大きくて処分方法に悩んでいる」
「ヘタって来たので処分したいがどうしたらよいの?」

不要になったソファーの処分に悩んでしまうという人は少なくありません。

ソファーは家具の中でも大型の部類になり、簡単には処分できないものになります。しかし、正しい処分方法さえ覚えてしまえば、処分に悩むことなく適切に捨てることが可能です。

購入や処分の流れをしっかりと把握しておくことで、戸惑うことなく対処できるようにもなるでしょう。

この記事では、ソファーの処分に悩んでいる方に向けて「ソファーを効率よく手軽に処分する方法」をお伝えします。

この記事を読むと以下のことが分かります

・ソファーについて
・正しい処分方法
・処分費用の相場
・自力で運べない時の処分方法

ソファーとは?

ソファーとは、人が座るための家具であり、椅子と似た形状をしています。しかし椅子とは異なり、大型で横長の形が特徴的で、2人以上が同時にゆったりと腰かけることができるものです。

利用用途も多く、一般家庭から公共施設、ビジネスシーンまで幅広い場で活躍をしています。

リビングルームに設置して一家だんらんを楽しむために、客間や応接室の接待用として使用するために、待合室や休憩室など多くの人が安心して座れるために、あらゆる場面で利用されています

近年では1人掛けのソファーも人気が出てきており、休息の場には欠かせない家具となっています。

種類と特徴

リラックスできる空間を演出するため、様々なタイプのソファーが発売されています。色や材質はもちろんのこと、形状にこだわりがあるという人が多いのではないでしょうか。

使用人数や部屋の広さ、用途によって適したソファーは異なります。複数人掛けのソファーともなるとある程度の大きさとスペースを必要とするでしょう。

ここでは、ソファーの形状に着目して種類と特徴をご紹介します。

種類特徴
アームソファー最もメジャーなソファーです。2人以上の人が横並びで座れるタイプであり、ソファーの中でもコンパクトな形状と言えます。2人掛けタイプと3人掛けタイプが主流であり、2人掛けタイプであれば一人暮らしの部屋にも置くことができるサイズ感であることが人気です。
カウチソファーアームソファーの左右の端どちらかの座面が長くなっており、足を延ばせるソファのことを指します。簡易的なベッドとしても使用が可能です。座面が長い分、サイズも大きくなるので設置場所には広さが必要です。
コーナーソファー部屋の角(コーナー)にぴったりと設置できるL字型の形状になっているソファです。L字ソファーとも呼ばれます。カウチソファとは違い、足を延ばすためではなく人が机を囲むようにして座れるタイプとなります。
ローソファーソファーの脚部分が短く、床に沿う形で設置できるソファーです。脚が短い分コンパクトな見た目となっており、部屋をスッキリと見せることができます。床に近いので小さな子どもも利用しやすい形状と言えます。
リクライニングソファー背もたれや足部分にリクライニング機能が付いており、よりリラックスして座ることができるタイプです。リクライニング機能は手で動かすものもあれば電動式のものもあり、高齢の方でも簡単にリクライニング機能が使えることで人気です。
ソファーベッドソファーとしてだけでなく、背もたれ部分を変形させてベッドとしても利用ができるソファーです。簡易的な客用ベッドとして利用できるほか、広々としたスペースで子どもやペットと遊ぶことも可能になっています。

価格と処分方法

ソファーの価格は大きさで決まることはもちろん、材質やブランドも大きく影響してきます。また、大型の家具であるため、新品で購入をしようと思うと決して安価では買えないのが現実です。

新品のソファーは、安いもので1.5万円程度、高いものであれば100万円を超えるものもあります。中古品であっても最低でも1万円程度はするでしょう。

それ故に、ソファーはある程度の価値があるものとなるため、処分したいという時は廃棄というかたちではなく、売却や譲渡というかたちで処分を検討すると良いといえるでしょう。ダメージが少なく機能面で問題のないソファーであれば中古品として良い価格で買い取ってもらえる可能性が十分にあります。

ソファーの売却や譲渡といった処分方法についてはこのあとご紹介させていただくので、ぜひ参考にしてください。

寿命と素材の関係性

先ほどご紹介した価格相場の通り、ソファーは高級な家具の部類になり、できるだけ長く使い続けたいと思う人も多いでしょう。

ソファーの寿命は、中のクッション材と包んでいる外側の生地によって大きく左右されます。ソファーのクッション材は約6~10年程度、高品質のものであれば20年近くもつといわれています。

ただし、ソファーは人がリラックスするための家具であり、何人もの体重を支えて続けています。思い切りソファに腰かけたり、ジャンプをしたりするなど強い衝撃を与えれば劣化も早まります。クッション材を劣化させずに長く保たせたいという場合は、丁寧な使用を心がける必要があります。

また、外側の生地はおもに3種類の材質からなります。それぞれの寿命と特徴を見てみましょう。

生地寿命と特徴
合皮最も早く寿命が訪れるのは「合皮」を使用したソファーです。寿命は早くて2年、長くて5年程度となります。ただし、品質が良いものであれば10年程度持つ場合もあるようです。合皮は本革に似せて作った人工的な革素材であり、ポリエステルや塩化ビニルが使用されています。この素材は表面がべた付きやすかったり、皮が固まってバリバリとめくれてしまうといった劣化が見られます。表面の使用感に直結するので触れて不快な状態となったら寿命がきたと言ってよいでしょう。
本革人工的ではなく天然の革が使用されたソファーで、寿命は10年程度となります。天然の革は高級品であり、専用のメンテナンス用品も数多く発売されているほどなので、定期的に手入れをおこなうことで寿命を延ばすことが可能です。逆に言えば、メンテナンスを怠ると寿命が早く来てしまう危険性があるということにもなります。長く使い続けたい場合は革の状態を気にしつつ丁寧にメンテナンスをおこないましょう。
布製の生地は約6年~8年程度で寿命がくると言われています。革とは違い取り外して洗濯ができたり、数枚のカバーを定期的に交換して使用することもできるので、10年以上使い続けることも可能です。ただし、ほつれや破れには気を付けましょう。少しの破れであれば修繕することも可能ですが、修繕せずに使用を続けていると破れがすぐに広がって見た目を損なうほどになってしまいます。そうなってしまうと買い替えるほかありません。

何ゴミに分別される?

ソファーは1人掛け用であったとしても、粗大ゴミの規定サイズを超過するものがほとんどでしょう。そのため、ソファーをゴミとして処分する際は「粗大ゴミ」として捨てることになります。

一般家庭から出るゴミが粗大ゴミとして判断される基準は、「30cm以上」であることが多いです。自治体により40cm以上である場合や50cm以上である場合もあるので、お住いの自治体の粗大ゴミ規定サイズをしっかり確認しておきましょう。

大型のゴミを無断で普通ゴミとして捨ててしまうと「不法投棄」扱いとなってしまう可能性もあるので、ソファーは粗大ゴミだと認識したうえで自治体の粗大ゴミ排出ルールを確認し、正しい手順で捨てるようにしましょう

処分作業の大変さを認識しておこう

ソファーを処分したいと考えた場合、まず初めに問題となることは『運び出しの大変さ』です。現在、利用中のソファーを購入した際と同様に、運び出しや移動にはある程度の人手・労力が必要となります。

捨てたいけど運べない!」「どうやって運び出せばよいの?」と頭を抱えてしまう場面もあるでしょう。

とりわけソファーの多くは2~3人向けの大きさの製品が多いです。この時点である程度の大きさがあるため、1人で運び出すことは難しいです。2~3人掛け用であれば最低でも2人での運び出し作業が必要になるでしょう。

どのような状況であれ捨てるためは、まずは家の外に運び出し排出する必要があることは頭に入れておきましょう。運べないという悩みも含めて解決策を見つけることが重要です。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

ソファーの処分方法6選

ソファーの処分方法は以下の6つがあります。

① 粗大ゴミで回収してもらう
② 家具店で回収・下取りしてもらう
③ リサイクルショップで売却する
④ フリマアプリで売却する
⑤ 欲しい人に譲る
⑥ 不用品回収業者に依頼する

それぞれの処分方法について詳しく解説します。

① 粗大ゴミで回収してもらう

ソファーは粗大ゴミとして自治体に回収してもらうことができます。自治体の決められたルールに則り、申し込むことで適切に処分をしてもらえるので安心です。

まずは、お住いの自治体の粗大ゴミ回収方法と回収費用を調べてみましょう。いずれも自治体のホームページもしくは自治体から発行されるゴミ分別ガイドブックなどに掲載されています。

粗大ゴミは有料での回収となるため、料金を自己負担で支払うことが必要です。ソファーのサイズにもよりますが、1人掛け用であれば800円~1,000円程度、3人掛け用やコーナーソファーなどになると2,000円程度の支払いが必要です。

粗大ゴミは基本的に「戸別回収」という方法で回収がおこなわれますが、収集指定場所まで運び出しておく必要があります。基本的にはお住いの住居の家先になるのでそこまで遠くはありませんが、搬出には人手が必要な場合が考えられるので注意しましょう。

1人掛け用であっても20kg以上、2人掛け用であれば50kg以上もの重さがあるので、運ぶ際は大人2人以上で運ぶようにしましょう。物によっては分解をすれば運び出しやすくなることもありますが、倒れて下敷きになってしまったりと危険な場合もあるので気を付けましょう。

ソファーを運搬できるほどの車両が準備できるという場合は、戸別回収ではなくゴミ最終処分場への「直接持込」をすることも可能です。直接持込の場合は、戸別回収の半額以下の料金で処分をすることができお得です。

ただし、こちらの場合も車両への積載や処分場での荷降ろしは自分自身でおこなう必要があるので人手については考慮しておきましょう。

粗大ゴミとして捨てる際は、申し込みをするのと同時に人手の準備も必要です。周囲の人に協力してもらえるよう早めに声をかけておきましょう。

② 家具店で回収・下取りしてもらう

ソファーを販売している家具店では、不要になったソファーの回収や買い替え・下取りサービスを展開している場合があります。購入と同時に、古いソファーを引き取ってくれるのは処分する手間も省けて便利です。

このサービスを利用することで、専門のスタッフが自宅までソファーを回収しにきてくれるので自分で運搬する手間が省けます。ただし、回収や下取りサービスを利用する際は「同等の商品を同数購入すること」が条件となっていることがほとんどです。

以下、一部店舗を例にして条件を確認してみましょう。

店舗名サービス名サービス内容
ニトリ家具引き取りサービス・同等数の商品を購入することで回収可能
・回収費用は4,400円
・一部地域ではサービスを利用できない場合がある
無印良品不用品の引き取り・同等数の商品を購入することで回収可能
・回収費用は4,000円
・ソファーとオットマンは別商品として扱う
IKEA引取りサービス・同等数の商品を購入することで回収可能
・回収費用は無料(購入商品の配送料は別途発生)
・利用可能店舗で購入した場合に限る

上記のように、新しいソファーの購入が必要となるので、ソファーを買い替えたいと思っているという場合は下取りサービスを利用するのが最適でしょう。店舗によっては、処分費用が掛かるかたちで回収してくれる形式となる場合もあるでしょう。

また、実店舗でなくともインターネットショッピングを主とする家具店でも、引き取りサービスを展開していることがあります。まずは店舗ホームページもしくはネットショッピングで買い替えたいソファーがあるかどうかを検索し、気に入ったソファーがあれば引き取りサービスの有無についても調べてみましょう。

その際は、配送できない地域や回収費用以外にかかる費用はあるのかも一緒に調べておくと安心です。新しいソファーを購入する際に「回収サービスを利用したい」ということを伝えておけば、後は回収を待つだけとなります。

新しいソファーの購入を前提に考えてしまうと、この方法で古いソファーを処分するのが最も効率が良い方法といえるでしょう。

③ リサイクルショップで売却する

ソファーの状態が比較的綺麗でクッション材もへたっていないソファーであれば、リサイクルショップに買い取ってもらうという方法もあるでしょう。買い取りしてもらえるのであれば、処分費用は無料で済み、お金を得られるメリットもあるので一石二鳥です。

ショップの取り扱う商品によっては買取査定額が大きく変わってくるので、ソファーの取り扱いに力を入れているショップに買取をお願いするのが良いでしょう。

正式に依頼をする前に、電話やホームページ上で簡易査定をおこなってくれる場合もあるので、いくつかの店舗で簡易査定をおこない値段を比較してみてもよいでしょう

また、ソファーを持ち運ぶことが困難だという場合は、出張買取を実施しているショップに依頼してみると良いでしょう。スタッフが自宅まで査定をしに来てくれて、査定後はそのまま商品を引き取ってくれるという買取方法になり、最後はお店側が運んでくれるので便利です。ソファーのような大型家具を買い取ってもらう際に助かるサービスです。

そのほか気を付けておきたい点として、査定前に簡易的に清掃をおこなっておきましょう。買い取り価格はソファーの見た目にも大きく左右されます。汚れが付いているだけで査定額が落ちてしまう可能性もあるので、簡単に拭き取れる汚れであれば事前に掃除をしておくことをおすすめします。

買取を依頼したい場合は、大型家具の買い取りを積極的におこなっている店舗にお願いするようにしましょう。売買が頻繁に行われるよな専門店の方が、流通量も多く安定した売買が期待できると考えらえるためです。

④ フリマアプリやオークションで売却する

フリマアプリやオークションサイトでソファーを売るという方法もあります。

一番のメリットは、売却額を自由に決めることができるところにあるでしょう。また、利用者の数だけ購入希望者が増える可能性があるため、より高値で売ることができる可能性も出てきます。

ただし、業者を介さずに個人間で売買がおこなわれるため、利用規約を必ず守り、節度をもった交渉を心がけましょう。予めしっかりと情報を提示していなければ、トラブルに見舞われる場合も考えられます。

ただし問題となるポイントとして、配送料が掛かる点があります

ソファーは大型家具となるため、専用の配送業者へ依頼することとなり、配送料金は5,000円~15,000円程度かかります。そこを見越して販売価格を設定するなど、多少の工夫も必要となるでしょう。

配送料を支払った結果、収益がマイナスとなってしまわないように気を付けましょう。そのため、基本的に送料は落札者負担となるように徹底しましょう。

⑤ 欲しい人に譲る

ソファーが欲しい人に活用してもらいたいと考えているのであれば、身の回りの知人・友人に譲ってしまうのも良いでしょう。

引っ越しをしたばかりの人や結婚や出産などライフイベントが起こった人など、生活シーンの移り変わりに合わせて、ソファーを欲しいと思っている可能性はあります。また、模様替えを検討している人も今までとは違うスタイルのソファーを探しているかもしれません。

ソファーは、インテリアの1つとしても大切な家具なので、こだわろうと思えば思うほど購入予算が膨らんでしまいます。そんな時に、無料でソファーを貰えるのであれば譲ってもらう側としても非常にありがたい話となるでしょう。

ただし、譲る前にサイズや使用年数・状態を正しく伝えて、相手にしっかりと納得してもらうことが大切です。譲ったあとに想像していたソファーと違ったといわれてしまうことがないよう写真を見せておくか、実物を見てもらっておきましょう。

こちらの場合も簡単に送り搬入することは難しいため、事前に運び出しや送料が掛かることは理解しておいてもらいましょう。場合によっては、送料を自己負担をすることも念頭に入れておきましょう

譲る前に綺麗に掃除をしておくことは非常に大切です。せっかく再利用してもらうのですから、相手に思いやりをもって譲りましょう。

⑥ 不用品回収業者に依頼する

ソファーを廃棄品として処分したいという場合や、ソファーを運ぶ手立てがないという場合は不用品回収業者への依頼がおすすめです。

不用品回収業者は、大型の家具や家電であっても屋内から回収してくれるので、作業の手間や負担は一切かかりません。

ソファー以外にも不要なものがある場合は、まとめて回収をしてもらうと手間が省けて非常に便利です。引っ越しの際や大掃除をした時、断捨離をした後などに依頼をすると、一気に不要なものを片付けることができるでしょう。

他にも処分してほしいものがあるという場合は、まとめて回収をしてもらうほうがお得に利用できることもあるので、まずは回収してほしいものを業者に伝え、料金を確認してみてください。

また、回収日時の相談に乗ってくれるところも嬉しいポイントです。自分の都合の良い日にちと時間を指定することで時間を無駄にすることなくソファーを処分することができます。回収の専門家なので回収作業も短時間で済みます

ただし、回収費用は他の処分方法よりもやや高めであるという点は認識しておきましょう。料金は業者により異なりますが、ソファー1つであれば5,000円~10,000円程度かかります。

「料金の確認=正式な依頼」というわけではなく、事前見積りというかたちとなるので料金をきくだけでも問題ありません。複数の業者に料金の提示を依頼して比較をしてみるのも良いでしょう。

手間も時間もかからないからこそ相応の費用はかかります。できるだけお得に利用ができるよう、複数業者の料金プランを調べて相場を知っておきましょう。

費用別の処分方法

ここまでソファーの処分方法を6種類ご紹介しましたが、掛かってくる費用はそれぞれ異なります。

可能な限り費用をかけずにソファーを処分したいという場合は、売却や譲渡という方向での処分を検討しましょう。ただし、その場合はまだ使えるソファーであることが前提となります。

処分方法費用
① 粗大ゴミで回収してもらう800円~2,000円程度
※ソファーの大きさや自治体により異なる
② 家具店で回収・下取りしてもらう無料~5,000円程度
※店舗により異なる
③ リサイクルショップで売却する無料
※買取金額が収入となる
④ フリマ・オークションで売却する無料
※売却額が収入となる、配送料がかかる場合がある
⑤ 欲しい人に譲る無料
※配送料がかかる場合がある
⑥ 不用品回収業者に依頼する5,000円~
※回収量や業者により異なる

壊れたしまったソファーを処分したいという場合は、どうしても費用がかかってしまいます。しかし、費用が掛かる分、負担が少なかったりとメリットもありますので、費用面とサービス面の両方を比較して処分方法を検討してみることをおすすめします。

重たくて運べない場合

ソファーが重たくて処分できないという悩みを抱えている人は多いです。先述の通り、ソファーは軽いものから重たいものまで様々なので、自力での運び出しができない場合も多いでしょう

ソファーを処分したいけれど運べずに困っているという場合は、次の処分方法を検討してみてください。

・家具店の回収サービスの利用
・リサイクル店の出張買取の利用
・不用品回収業者への依頼


上記3つ方法で処分を進める場合は、専門のスタッフが屋内までソファーを回収しに来てくれます。ソファーを移動させておく必要もなく、今設置してある場所から回収をしてくれるので、自分で動かす手間は掛かりません。

注意点として、屋内から回収する際に回収費用以外の費用が別途かかる可能性があることです。サービス内容によっては別途「出張費用」や「作業員追加費用」がかかる場合があるので、サービスの申し込みをする際には、費用面については詳しく確認しておくことをおすすめします。

出張買取や人員費など、あくまでもプラスで必要となるサービスには余分に費用が掛かってきますので、予め頭に入れておきましょう。

ソファーの処分を検討されているなら『お助けうさぎ』にお任せください!

今回は、ソファーが不要になった場合の処分方法をご紹介しました。

ソファーの状態が良ければ売却することも可能ですので、リサイクルショップやフリマアプリの利用を検討してみてはいかがでしょうか。譲渡というかたちで誰かに譲ってしまうことも良いでしょう。

自分でソファーを運び出すことが困難だという場合は、専門のスタッフが作業をおこなってくれる方法で処分することをおすすめします

引っ越しをする際や大掃除のタイミングでソファーを処分したいという時は、不用品回収業者の利用がおすすめです。

ソファー以外にも、他の不要な家具や家電も回収してくれるだけでなく、回収に関わる分別や運び出しといった作業もすべて業者側でおこなってくれます。手間なく時間をかけずに手軽にソファーを処分したいという時に便利な方法となっています。

不用品回収業者は、ご相談からお見積りまで無料で承っております。その他にも処分したいものがあればまとめて回収いたします。ご都合や日程も利用者様に合わせてお伺いいたします。

搬出作業費、階段料金、車両費・出張費などが 全て込みの明朗会計で処分も楽ちんです。お悩みの際は、ぜひご検討ください。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

オオウチのプロフィール画像
オオウチ

1994年生まれ。不用品回収歴は5年で、これまでに30,000件以上の不用品回収・ゴミ屋敷の片付けを担当してきました。チームで協力して迅速かつ丁寧な作業を心掛け、お客様に見積もりの説明を行う際には、分かりやすさに重点をおいて説明をさせて頂いています。また、お助けうさぎのYoutubeチャンネルで撮影も行っていますので「お助けうさぎYoutube」で検索してみてください。

対応エリア

単品の回収でもOK!

回収可能な不用品一例

関連記事

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

見積り・相談はすべて無料です!

0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電話1本で

まずはお気軽にお問い合わせください!

見積り・相談はすべて無料です!

TOPページへ戻る