年中無休

営業時間: 09:00〜21:00

不用品回収・粗大ゴミ回収なら不用品回収業者のお助けうさぎ

テントの処分方法7選|無料回収や引き取りについて詳しく解説

古いテントや壊れて使えなくなったテントを処分するのにお悩みではありませんか?

キャンプブームテントやタープなど、アウトドアグッズの人気が高まる中、テントの買い替えなどで古いテントを処分したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

テントは一人用のものからファミリーサイズの大型タイプまでさまざまなサイズのものがありますが、そのほとんどが、ナイロンと金属で構成されているため、燃えるゴミとして処分することはできません

アウトドアレジャーには欠かすことのできないテントですが、いざ処分するとなると、どのように廃棄していいのか悩んでしまうかもしれません。そこで今回は、テントを正しく処分するための7つの方法と処分の際の注意点、メリット・デメリットについて詳しく解説しています。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

テントの処分方法7選

テントを正しく処分するには、いろいろな処分方法があることを理解しておく必要があります。

ここでは、使わなくなったテントを正しく処分するための6つの方法を集めました。無料で処分できる方法もあれば、有料になるけれど手間がかからない方法もあります。処分したいテントはどの方法で廃棄するのが良いのか、ぜひ参考にしてください。

テントの正しい処分方法

1.自治体で回収してもらう
2.粗大ゴミに出す
3.ゴミ処理場へ持ち込む
4.リサイクルショップで買い取ってもらう
5.フリマアプリで売る
6.欲しい人に譲る
7.不用品回収業者に依頼する

1.自治体で回収してもらう

使わなくなったテントを処分するには、自治体のゴミの日に回収してもらうのが一番簡単です。

自治体では、家庭から出るゴミを「燃えるゴミ」と「燃えないゴミ(不燃ゴミ)」や「資源ゴミ」、「金属ゴミ」などに分別することで無料で回収を行ってくれます。それぞれのゴミは、指定された日に指定されたゴミ袋を使用してルールを守り正しく処分しなければなりません。

テントを自治体のゴミとして回収してもらうには、シート部分のナイロン・ポリエステルは燃えないゴミ、テントを支えるポールの金属部分は燃えないゴミ、または金属語ゴミに分けてゴミに出さなければなりません。この場合、自治体によっては金属ゴミを燃えないゴミに分類している地域もあるので、分別のルールをしっかり確認してからゴミに出すことが大切です。

ゴミの分別は、自治体が発行しているゴミの分別ガイドラインや役所のホームページなどをみて分別のルールを確認することができます。

2.粗大ゴミに出す

テントをもっとも簡単に処分するなら、「粗大ゴミ」として自治体に回収してもらう方法があります。

テントは、ナイロンとテントを支える金属製のポールで構成されていますが、それぞれに分別して廃棄するよりも粗大ゴミとしてまとめて回収してもらう方が手間をかけずにすみます。

自治体に問い合わせても、テントの処分方法は「粗大ゴミ」として回収を推進しているところが多いようです。どうしても通常のゴミとして回収してもらいたい場合は、自治体の窓口で詳細な分別方法を確認してみることをおすすめします。

テントを粗大ゴミとして処分する場合は、大きさによって処分費用が異なるので、自治体の窓口や公式ホームページなどっで処分にかかる金額を確認しておきましょう。ちなみに、費用の支払いは自治体が発行しているゴミ処理券を購入してゴミに貼付しておきます。

テントを粗大ゴミとして回収してもらうまでの具体的な手順は、以下の通りです。

  • 1.処分にかかる金額を確認する
    自治体が発行しているゴミのガイドラインや公式ホームページで粗大ゴミの処分金額を確認します。直接役所の窓口に電話して問い合わせることもできますが、営業時間中のみの受付となりますので注意しましょう。
  • 2.申し込みをする
    金額を確認したら、そのまま粗大ゴミ回収の申し込みをしましょう。公式ホームページには粗大ゴミ回収の申し込みフォームが用意されているので、いつでも申し込みが可能です。電話の場合は、受付窓口で申し込みすることができるので、予約番号をもらって控えておきましょう。
  • 3.ゴミ処理券(シール)を購入する
    申し込みが済んだら、回収日当日までにゴミ処理券を購入します。ゴミ処理券は、地域のコンビニや郵便局の窓口で販売しています。購入後の返金にはいっさい受け付けていないので、金額を間違えないようにしましょう。
  • 4.搬出する
    回収日当日になったら、ゴミ処理券をテントの目立つところに貼付して指定場所までテントを運びます。処理券はシールになっているので、どこでも貼り付けることができますが、途中で剥がれてしまうことのないよう注意しましょう。

3.ゴミ処理場へ持ち込む

古くて使わなくなったテントは、各自治体ごとに設置・管理されている最終ゴミ処理施設へ持ち込んで処分することができます。

それぞれの自治体では、ゴミの最終処分場施設が設けられています。ゴミの日に回収されたゴミをまとめて処分するのが主な目的ですが、直接施設にゴミを持ち込んで処分することもできます。テント以外のものもまとめて処分することができるので、引っ越しや断捨離などでたくさんの荷物を処分したい時には、特におすすめです。

処理場でテントを処分する場合は、車で持ち込んでテントの重さを算出し、その重さによって処分費用が決められることになります。安価でテントを処分することができるので、お金をかけずにテントを処分したいという人にはおすすめです。

ゴミ処理場にテントを持ち込んで処分する場合の具体的な手順は以下の通りです。

  • 1.ゴミ処理場に問い合わせをする
    最終ゴミ処理施設は、その自治体によってさまざまな場所に建てられています。どの施設がどんなゴミを受け入れているのか、場所や営業時間の確認なども合わせて問い合わせをしてみましょう。
    施設への問い合わせは、役所の窓口や公式ホームページなどで確認することができます。
  • 2.テントを搬入する
    ゴミ処理場の場所が確認できたら、施設の営業時間内にスケージュールを合わせてテントを持ち込みます。ゴミ処理場では、その地域に住んでいる人たちのゴミだけを受け付けてくれるので、住所は明確に記載しておきましょう。
  • 3.ゴミ処理場で受付をする
    ゴミ処理場についたら、施設の受付窓口で必要事項を記入し、受付を済ませます。その後、テントを積んだ車両の重さを測定します。
  • 4.テントを廃棄する
    指定された場所まで車で移動し、テントを廃棄します。テントの積み下ろしから廃棄までの作業は、自分たちで行うのが原則なので、近くにいる係の従業員の指示に従って安全に処分しましょう。
  • 5.処分費用を支払う
    廃棄が終わったら、再び受付に戻って車両の重さを測定します。テントを積んだままの車両の重さから差し引いた数字がテントの重さとして費用の対象になります。
    算出された処分費用を支払ってテントの処分が完了になります。

4.リサイクルショップで買い取ってもらう

まだ使用可能な状態のテントなら、リサイクルショップで買い取ってもらうという方法もキャンプアイテムを安くすませたいという人たちが、リサイクルショップで中古のアウトドアアイテムを安く調達することも増えているようです。

リサイクルショップは、全国展開している大手のお店や地域に根ざした小規模な個人経営のお店などがあります。どのショップもそれぞれに買取に力を入れている商品が異なる場合があるので、アウトドア用品を取り扱っているお店を探して持ち込むようにしましょう。

リサイクルショップでテントをできるだけ高く買い取ってもらうためには、

  • 設営時の写真を撮っておく
  • 破損や汚れはできるだけ取り除いておく
  • 部品の破損や劣化がないか確認しておく
  • 部品はすべて綺麗な状態で揃えておく
  • 購入時の箱があれば、それに入れて持ち込む

ことが重要です。

ただし、テントの状態によっては買取の対象にならないということも考えられます。その場合は、無料で廃棄処分をお願いできることもありますが、そのままテントを持ち帰らなければならないこともあるので注意しておきましょう。

5.フリマアプリで売る

フリマアプリを利用してテントを売る方法で処分することもできます。

フリマアプリの他にも、インターネット上で行うオークションアプリや、地元の掲示板のように不用品の譲渡についての情報が掲載されたアプリなどもあります。スマホやパソコンがあれば誰でも利用できるので、安くキャンプ用品を揃えたいという人も多く、中古のテントもすぐに売れるという可能性はあります。

フリマアプリですぐに売れるテントの傾向としては「使用年数が浅いこと」や「使用頻度が少ない」こと、「人気メーカー」、「人気モデル」であることなどが挙げられます。

また、より高くテントを売りたいなら、リサイクルショップ同様

  • 設営時の写真を色々な角度から撮影しておくこと
  • 必要な部品はすべて揃えておくこと
  • 破損や汚れがあれば、可能な限り補修しておくこと
  • 破損や汚れの目立つ箇所の写真を撮っておくこと
  • きれいにたたんで収納すること
  • 購入時の箱があれば、それに入れた状態の写真も撮っておくこと

などがポイントになります。

また、フリマアプリやネットオークションを利用してテントを出品する際の手順は以下の通りです。

  • 1.利用したいアプリをスマホにインストール
    まずは、使いたいアプリを使用する端末にインストールしておきましょう。
  • 2.アカウントを取得する
    インストールが終わったら、アプリを利用するためのアカウントを取得します。必要事項を入力して登録を済ませておきましょう。また、この時に表示される利用規約は、アプリ上でのトラブルを防ぐためにも非常に重要です。必ずよく確認しておきましょう。
  • 3.テントを出品する
    上記で撮影した画像を複数枚掲載します。また、商品説明には「メーカー名」、「購入年」、「使用年数」、「使用回数」、「サイズ」、「部品の有無」、「破損やキズ・汚れ・においの有無」などのテントの情報をできるだけ詳しく記載するようにしましょう。
  • 4.発送する
    フリマアプリに掲載したテントは、相手とのやりとりを行ってお互いが納得できたら取引成立になります。買い手がついた後は、テントを丁寧に梱包して、速やかに発送しましょう。

6.欲しい人に譲る

不要になったテントは、欲しいという人に譲ってあげるという方法もあります。上述の通り、近年ではキャンプの人気が非常に高まっています。高級なアウトドア用品を一気に揃えるのは金額も大きくなってしまうので、中古でもいいから無料でもらえるのであれば欲しいという人は多いはず。

友人や知人、周りの人でテントが欲しいという人がいたら、そのまま譲ってあげるのも良いでしょう。もし、なかなか見つからない場合は、自治体が発行している地域の冊子やフリーペーパーの掲示板などに依頼して、譲りたいテントの情報を掲載してもらうとより多くの問い合わせも期待できそうです。

ただし、その場合もテントをきれいに拭き取り、補修できるキズや汚れは補修しておくことで、譲ってもらった相手も気持ちよくテントを使ってもらうことができます。可能なら一度設営した状態で欲しいという人に見てもらうのが良いでしょう。後々のトラブルを回避するためにも、お互いが納得できた上で気持ちよく譲渡するのが最適です。
相手が初心者なら、設営の仕方やテントのたたみ方なども一緒に伝えてあげると、喜ばれるかもしれません。

7.不用品回収業者に依頼する

テントを処分するなら、不用品回収業者に依頼するという方法もあります。

不用品回収業者とは、テントなどのアウトドアグッズをはじめ、家具や家電、生活用品など、なんでも回収してくれる便利なサービスを提供している会社のことです。

たくさんあるアウトドア用品を一気に処分したい場合や、テント以外のものもまとめて処分したいなどの場合は、搬出作業を一手に引き受けてくれる不用品回収業者が最適です。

不用品回収業者にテントの処分を依頼する場合の具体的な手順は以下の通りです。

  • 1.不用品回収業者に問い合わせをする
    まずは、インターネットなどをりようして不用品回収業者を探してみましょう。いろいろなサービスを提供している業者が数多く表示されるので、内容を比較してみるのも良いでしょう。
  • 2.見積もりの依頼をする
    多くの不用品回収業者では、無料で見積もりを出してくれます。テントの処分にかかる費用を見積もってもらい、サービス内容と合わせて検討してみるのも良いでしょう。
  • 3.回収日を決める
    テントの処分費用に納得できたら、いよいよ回収してもらう日取りを決めます。不用品回収業者は、自分の都合に合わせて回収してもらうことができるので、無理のない範囲でスケジュールを決めましょう。
  • 4.回収してもらう
    テントを回収してもらう当日は、立ち合いをするだけです。もし、テント以外のものも合わせて処分してもらう場合も全ての搬出作業は業者がやってくれるので、余計な手間ひまをかける必要はありません。
見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

テントを処分する際の注意点

テントを処分する場合に気をつけておきたい注意点もあります。ここでは、それぞれの処分方法ごとの注意点や処分費用について詳しく確認しておきましょう。

テントの処分方法別にみる注意点

一人用からファミリーサイズまでさまざまなサイズがあるテントですが、いざ処分するとなると、注意しなければならない点も数多くあるようです。ここでは、テントの処分方法別による注意点を確認してみましょう。

処分方法注意点
自治体で回収してもらう自治体のゴミ収集には、地域によってルールが異なることもあります。間違ったゴミ出しをしてご近所とトラブルになったりすることのないよう、必ず事前に役所に問い合わせをして、正しい分別の仕方を確認しておきましょう。
粗大ゴミに出す自治体で回収してもらうことができる粗大ゴミですが、テントを搬出する場合は、当日の朝指定場所まで運び出さなければなりません。大型のテントの場合は、搬出時にケガなどしないよう、慎重に運び出しましょう。
ゴミ処理場へ持ち込む廃棄したいテントをゴミ処理場に直接持ち込む場合は、車での搬入が必須です。そのため、事前に車の手配をしておく必要があります。
また、持ち込む時間帯は、施設の営業時間内と決められているので、問い合わせをした際には、必ず営業時間も合わせて確認しておきましょう。
多くのゴミ処理場は、平日の9時〜17時と指定されている場合が多いようです。
リサイクルショップで買い取ってもらうキャンプブームであるからといっても、必ずテントを買い取ってもらえるとは限りません。破損や臭い・汚れなどがひどいものは値がつけられず、買い取ってもらえない場合もあることを理解しておきましょう。
またその場合は、テントを持ち帰らなければならないことも確認しておきましょう。
フリマアプリで売るフリマアプリに出品したとしても、テントが必ず売れるとは限りません。また、破損箇所や汚れなどを隠したまま販売した場合、相手からのクレームなどを受けてトラブルに発展してしまう可能性もあるので、十分な注意が必要です。
欲しい人に譲る処分しようと思っていたテントを「欲しい」と言っている人に譲るのは良いのですが、交渉時には決して押し付けにならないように注意しましょう。無料で譲ることを前提に話を進めることをおすすめします。
いらないからといって、無理に譲り渡してしまい、トラブルに発展してしまう可能性も考えられます。
不用品回収業者に依頼する不用品回収業者にテントの回収を依頼する場合は、どの会社を選ぶかが大きなポイントになります。不用品回収業者の中には、不法投棄や高額請求などでトラブルを抱えた悪質な会社もごく一部ですが存在しているようです。
安心してテントの回収を依頼できる業者を選ぶためには
・古物商許可証などの資格を取得していること
・しっかりしたホームページを解説していること
・料金プランが明確でオプション料金などもわかりやすいこと
・豊富な実績を持っていること
・口コミの評判が良いこと
などがあります。

テントの処分費用

ソロキャンプ用のコンパクトなものから2ドームなど大型のタイプまでさまざまな大きさがあるテントは、その大きさや重さによって処分費用が異なる可能性があります。

ここでは、参考程度にテントの処分費用について確認してみましょう。

処分方法処分費用
自治体で回収してもらうゴミ袋代(回収自体は無料でおこなわれる)
粗大ゴミに出す1辺が30cm以上の立方体を超えるもの:200円〜
テントの場合は500円〜が目安
ゴミ処理場へ持ち込む10kg単位での計算:テントのみの場合、数百円程度が目安
リサイクルショップで買い取ってもらう買い取ってもらえた金額がそのまま収入になる
フリマアプリで売る買い取ってもらえた金額がそのまま収入になる
(ただし、出品料・配送料・各種手数料は別途必要)
欲しい人に譲る無料
不用品回収業者に依頼する業者による(テントの大きさや量にもよる)

テントの処分別のメリット・デメリット

テントを処分するための方法についてご紹介してきましたが、それぞれの処分方法には、メリットとデメリットも存在します。どの処分方法が廃棄したいと考えているテントに最適なのか、ここで検討してみましょう。

処分方法メリットデメリット
自治体で回収してもらう・処分費用を安く抑えることができる
・確実に処分してもらえる
・分別ルールをしっかり守らなくてはならない
・ごみ収集日までに日数がかかる
・自分たちで搬出しなければならない
粗大ゴミに出す・処分費用を安く抑えることができる
・分別することなく処分することができる
・テントの状態関係なく処分してもらえる
・確実に処分してもらえる
・粗大ゴミの回収日が決められるため、処分までに日数がかかる
・自分たちで搬出しなければならない
・処分までの準備が必要(申し込みや処理圏の購入など)
ゴミ処理場へ持ち込む・処分費用を安く抑えることができる
・分別することなく処分することができる
・テントの状態関係なく処分してもらえる
・確実に処分してもらえる
・営業時間が限られているため、場合によっては仕事を休まなければならない
・自分たちで搬出しなければならない
・車で持ち込まなければならない
リサイクルショップで買い取ってもらう・臨時収入が期待できる
・リサイクルに役立てられる
・必ず買い取ってもらえるとは限らない
・買い取ってもらえない場合は持ち帰り
・直接お店に持ち込まなければならない
・アウトドア用品を扱っているお店を探さなければならない
フリマアプリで売る・臨時収入が期待できる
・リサイクルに役立てられる
・手軽に利用できる
・買い手がつかない可能性もある
・売れるまでに時間がかかることもある
・出品までの手間ひまと労力がかかる
・発送などの手間がかかる
欲しい人に譲る・無料で処分できる
・リサイクルに役立てられる
・相手に喜んでもらえる
・もらい手が見つからないこともある
・譲渡するまでの手間がかかる
・必ず喜んでもらえるとは限らない
不用品回収業者に依頼する・自分たちの手間がかからない
・すぐに処分してもらえる
・確実に処分してもらえる
・テント以外のものでも回収してもらえる
・処分のためのお金がかかる

テントを処分する時のメリット・デメリットは、テントの使用年数や使用回数、メーカーやサイズによって大きく異なるようです。

できるだけお金をかけずにテントを確実に処分するなら、自治体に回収してもらうことや粗大ゴミとして回収、直接ゴミ処理場に持ち込むのがよいでしょう。まだ使えるテントをリサイクルするなら、欲しいという人に譲ってあげるのも一つの方法です。

お小遣い程度の臨時収入を期待したいという場合は、リサイクルショップやフリマアプリで買取・売却するのが良いでしょう。フリマアプリは、ある程度自分の希望に合わせて価格を設定することができるので、リサイクルショップよりも高い収入を期待することができます。

もっとも手間をかけることなく、確実かつスピーディーにテントを処分するなら不用品回収業者がおすすめです。テントがどんな状態でもすぐに回収してもらえるので、準備の手間はいっさいかける必要がありません。

テントを処分するなら不用品回収業者がおすすめ

この記事では、テントを処分するための6つの方法と、処分の際の注意点やメリット・デメリットについて詳しくご紹介してきました。

アウトドアで欠かすことのできないテントは、ソロキャンプ用のコンパクトなものからファミリー向けの大型のタイプまでさまざまなサイズがあり、処分する方法についてもいろいろな手段があるということがわかりました。

手間や労力をかけずにテントを処分するなら、電話一本で無料見積もりをしてくれる不用品回収業者が最適です。搬出に伴う作業や分別を行う必要もないので、仕事や家事・育児などで忙しい人にとってはぜひおすすめです。

メールフォームからの問い合わせは24時間365日受付をしているので、時間に余裕のある時に利用してみるのも良いでしょう。

まずは、気軽にテントの処分についての相談を問い合わせてみてはいかがでしょう。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

オオウチのプロフィール画像
オオウチ

1994年生まれ。不用品回収歴は5年で、これまでに30,000件以上の不用品回収・ゴミ屋敷の片付けを担当してきました。チームで協力して迅速かつ丁寧な作業を心掛け、お客様に見積もりの説明を行う際には、分かりやすさに重点をおいて説明をさせて頂いています。また、お助けうさぎのYoutubeチャンネルで撮影も行っていますので「お助けうさぎYoutube」で検索してみてください。

対応エリア

単品の回収でもOK!

回収可能な不用品一例

関連記事

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

見積り・相談はすべて無料です!

0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電話1本で

まずはお気軽にお問い合わせください!

見積り・相談はすべて無料です!

TOPページへ戻る