年中無休

営業時間: 09:00〜21:00

不用品回収・粗大ゴミ回収なら不用品回収業者のお助けうさぎ

蛍光灯の捨て方は?|無料回収や引き取りについて詳しく解説

普段の生活の中で使われることの多い蛍光灯ですが、捨て方にはいくつかの方法があります。まず、家庭での捨て方としては、粗大ごみとして収集される場合が多いです。

役所や産業廃棄物処理施設でも引き取りが可能な場合もあり、資源リサイクル法に基づく事業者回収制度があるため、家電量販店や電球取り扱い店舗でも無料回収されることがあります。

ただし、回収場所や方法は自治体によって異なるため、各自治体のホームページや窓口で一度確認をしてみてください。有効期限が切れた蛍光灯は、破損を防ぐために専用のボックスや購入時の段ボール、丈夫な箱に入れてから処分に持ち込みましょう。

蛍光灯ってどんなもの?

蛍光灯は、エネルギー効率が良く長寿命であることが特徴の一つです。

ガラス管の内部に水銀を含んだ気体が充填されており、電気が通ることで中の気体が励起されて光を放出します。リサイクルが可能な部品も多く、環境に配慮されていますが、水銀を含むことから、適切な処理が必要です。

近年では、より省エネルギーで長寿命のLED電球が普及しており、蛍光灯の使用が徐々に減少しています。蛍光灯に変わるLED電球は、無駄な熱を放出せずに発光するため、消費電力が少なく済みます。そのため、環境に優しく、温暖化対策にも繋がっています。

蛍光灯は何ゴミ?

蛍光灯は、家庭で発生する一般的なごみとは異なり、資源リサイクルが可能な部分が多いため、適正な処理が重要です。また、水銀を含んでいるため、環境に対する影響も考慮する必要があります。

自治体によっては、不燃ごみや粗大ごみとして収集されることがありますが、資源ごみとして取り扱う場合もあります。そのため、蛍光灯の捨て方は自治体ごとに異なることが多いです。

役所や産業廃棄物処理施設、家電量販店の回収箱など、回収場所もさまざまです。まずは、各自治体のホームページや窓口にて確認し、適切な分別方法や処分場所を知りましょう。

また、廃棄する際には、ガラス管が割れることを避けるため、裸の状態では扱わず専用のボックスや丈夫な箱に入れることが重要となり、注意が必要です。

蛍光灯には有害物質が含まれている

蛍光灯は、私たちの生活に欠かせない照明器具の一つですが、その中には有害物質が含まれています。特に注目すべきものは「水銀」です。

水銀は環境や人体に悪影響をもたらすことが知られており、蛍光灯の適切な処理が求められる理由の一つとなっています。また、蛍光灯にはガラスも使用されており、処分時には扱いに気を付ける必要があります。そのよう理由から、適切に処理することが大切です。

このような理由から、現在では蛍光灯を家庭ごみとして捨てることは避けた方が良いかもしれません。そのため、各自治体では、資源リサイクルの一環として蛍光灯の回収や処理を行っています。また、電球やLEDなどの他の照明器具も、同様に適切な処分が求められています。

もし蛍光灯の処分に迷った場合は、役所や産業廃棄物処理施設、あるいは家電製品のリサイクルセンターなど、適切な場所での回収を行っている施設へ問い合わせてみましょう。ホームページやマップを検索することで、お住まいの地域での回収場所や方法を調べることができるでしょう。

蛍光灯は分別の種類が変わる場合がある

蛍光灯の分別方法は、自治体や回収業者によって異なる場合があります。そのため、正確な分別方法を把握し、適切な処理を行うことが大切です。例えば、自治体や業者によっては、蛍光灯を粗大ごみや有害ごみとして扱っているところもあります。一部の自治体では家庭ごみとして収集している場合もあります。

こうした情報は、自治体のホームページやリーフレットに記載されています。また、電話での問い合わせも可能です。確認することで、正しい分別方法や収集日、料金などがわかります。さらに、家電量販店やリサイクルショップなど、一部の店舗では蛍光灯回収ボックスを設置していることもありますので利用してみましょう。

このように、蛍光灯の適切な捨て方は、地域や事業者によって異なります。そのため、事前に確認を行い、適正な処理をすることが大切です。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

蛍光灯の捨て方について

蛍光灯の捨て方については、上記で述べた通り、地域や業者によって異なる場合があります。そのため、適切な方法で捨てるためには、まずはご自身の住む自治体の指示に従うことが重要です。ここでは、一般的な蛍光灯の捨て方について簡単に説明します。

まず、蛍光灯が割れないように新聞紙などで包み、注意書きをしておくことが望ましいです。また、回収場所に持ち運ぶ際には、適切な箱や袋を用意しましょう。そして、自治体や業者が指定する回収場所に持ち込みます。もし、回収場所が遠い場合は、専門業者に依頼することも検討してください。

蛍光灯の適切な処分は、環境保護や資源の有効活用に貢献します。ぜひ、正しい捨て方を身につけて、地球環境にやさしい生活を心がけましょう。

不燃ゴミとして回収

不燃ゴミは、主に家庭で発生するガラスや陶磁器、金属など、燃えない素材からなる廃棄物を指します。これらのゴミは、適切な方法で処理されることが環境保護に重要であり、資源のリサイクルにも寄与しています。

そのため、不燃ゴミは特定の日にリサイクル施設やゴミ収集場所に出すことが求められます。通常、自治体のホームページ上で、不燃ゴミの回収日や収集場所の一覧が掲載されています。また、適切な不燃ゴミの分別方法や、分別が困難な場合の相談窓口も市役所や産業廃棄物処理施設で確認することができます。

この方法は無料で蛍光灯を処分することができるので積極的に利用したい捨て方です。

また、廃棄物の中には、水銀やリチウム電池など危険な物質を含むものもあります。このようなゴミは、専門の業者が適切に処理することが求められます。例えば、蛍光灯やLED電球、乾電池、体温計などは、一般的な不燃ゴミとは異なり、専門のリサイクル施設で回収されることが多いです。

これらの品目に関しては、購入した店舗やリサイクルセンター、自治体の指定施設に持ち込むことが求められます。迷った場合に購入店に相談してみるのも良いでしょう。

粗大ゴミとして処分する

粗大ゴミとは、家庭で使用される家電製品や家具など、通常のゴミとは比べ物にならないほど大きなサイズの廃棄物を指します。これらの廃棄物は、一般的なゴミ収集車では回収できないため、自治体が別途で回収日や収集場所を設定しています。また、地域ごとに粗大ゴミの処理手数料が設定されており、申込みから収集、処分までの手続きが必要です。

粗大ゴミの回収手続きは、市町村や自治体のホームページ上で確認することができます。また、電話で受付窓口に問い合わせることも可能です。申し込みは、指定された日にちまでに行い、回収場所や時間を確認しましょう。粗大ゴミの処分ルールが分からない場合は、遠慮なく相談してみてください。

粗大ゴミの廃棄物は、リサイクルされる場合もありますが、そのまま廃棄される場合もあります。リサイクルが可能な物品は、適切なリサイクル業者に依頼することが望ましいです。

最後に、粗大ゴミを持ち出す際には、適切な梱包方法を使用しましょう。また、運搬用の車両は、積載量に注意して適切なサイズを選ぶことが必要です。

蛍光灯は地域によっては粗大ゴミとして扱われることもありますので、予め調べておき正しい捨て方ができるように善処しましょう。

回収施設に持っていく

蛍光灯や電球のような家庭で使用される照明器具は、廃棄する際に適切な方法が必要です。

これらの製品には、環境や健康に有害な物質が含まれています。そのため、適切な処理が求められます。家庭での廃棄物処理として最も一般的な方法は、回収施設に持っていくことです。ここでは、回収施設に持っていく方法について説明します。

まず、お住まいの自治体のホームページをチェックし、回収施設の一覧やマップを確認しましょう。リサイクル施設や資源ゴミの収集場所が記載されていることが多いです。また、市役所や産業廃棄物センターなどの窓口でも、回収場所や利用方法に関する案内があります。

次に、持ち込みを予定している回収施設に電話やメールで問い合わせ、事前に使用済みの蛍光灯や電球の受け取りを確認しましょう。その際、持ち込み可能な品目や注意事項、営業時間や休業日(祝日等)も必ず確認しておくことが重要です。また、無料回収の場合が多いですが、料金が発生する可能性もありますので費用面も確認をしておきましょう。

回収施設に持っていく前に、廃棄する蛍光灯や電球を適切に梱包して保護しましょう。ガラスが割れると危険ですので、新聞紙や段ボールでしっかりと包んでから、運搬用の箱に入れて持っていくのがおすすめです。

回収施設に到着したら、係員の指示に従って、分別されたエリアに廃棄物を置いてください。

無料回収ボックスに持っていく

一般的な家庭で使用される蛍光電球やLED電球は、定期的な交換が必要です。これらの電球を適切に処分するために、身近な店舗などに設置されている回収ボックスを活用する方法があります。

電球の交換が必要になったら、まず最寄りの家電量販店や雑貨店などの店舗で、無料回収ボックスが設置されているかどうかを確認しましょう。また、役所のホームページで、設置場所の一覧やマップを検索することもできます。

無料回収ボックスが設置されている場所を確認できたら、使用済みの電球を適切に梱包して、割れたり破損したりしないように注意しましょう。新聞紙や段ボールで包んだ後、運搬用の手提げ袋などに入れて持ち運び、分別表示や注意書きに従って、梱包した電球を適切なボックスに入れましょう。また、他の収集品と混ぜないようにするため、ボックスの表示をよく確認することが大切です。

無料回収ボックスを利用することで、手軽に廃棄物処理に貢献できます。家庭でのゴミ分別やリサイクルへの意識が高まることによって、持続可能な社会づくりにつながります。

最後に、無料回収ボックスの利用方法や設置場所を、家族や友人にも教えてあげましょう。地域全体で環境保護に取り組むことができるようになり、資源の有効活用や環境負荷の軽減につながります。

家電量販店で回収してもらう

蛍光灯の回収や廃棄について、家電量販店を利用する方法があります。蛍光灯や電球を購入できる店舗、購入した店舗へ問い合わせることは最も手っ取り早い方法でしょう。

家電量販店での蛍光灯の回収は、手間もかからずに利用しやすい方法です。事前に電話で確認することで、対象となる店舗の場所や回収時間を把握することが可能です。

リサイクル施設へのアクセスが難しい方や、複数の蛍光灯をまとめて処分したい場合には、便利な方法です。ただし、一部の家電量販店では回収蛍光灯のサイズに制限があるため、事前に確認してから持ち込むことが望ましいです。

家電量販店ではLED電球も販売されており、回収時に新しい製品を購入することもできます。買い替えのタイミングで環境に優しい製品を選ぶことで、家庭でのエコ活動に貢献できます。また、この方法も無料で引き取りに応じてくれる場合があります。

家電量販店のホームページや一覧ページ、マップなどの機能を利用し、取扱いのある店舗を検索することができます。購入時には、製品の廃棄方法やリサイクルに関する情報も合わせて確認してください。

専門業者に依頼する

蛍光灯の回収や処分に関しては、専門の業者に依頼する方法があります。この場合、無料回収とはいきませんが業者は家庭や事業所から回収し、適切な処理を行ってくれるため、安心して任せることができます。

多くの場合、電話やインターネットから申し込みが可能です。適切な業者を選ぶためには、役所や産業廃棄物の分別に関する情報が記載されたページを参考にしましょう。

業者によっては、蛍光灯以外にも乾電池や家電製品などの回収も行っているため、まとめて処分することができます。ただし、収集にかかる費用や日程は業者によって異なるため、事前に確認が必要です。

個人や法人など、利用状況に応じたサービスが提供されている業者もあります。また、健康に配慮して体温計の回収も行っている業者も存在します。

こういった業者を利用することで、家庭での分別や処理が難しい蛍光灯を適正に処分することができます。協力をお願いすることで、環境保護に役立てることができます。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

蛍光灯を捨てる際の注意点

蛍光灯を捨てる際は、いくつかの注意点があります。繰り返しにはなりますが、蛍光灯には水銀が含まれているため、不燃ゴミとしては処分しないようにしましょう。また、ガラスが割れてしまう危険があるため、十分注意して処分してください。

蛍光灯の回収や廃棄に関する詳しい情報は、役所のホームページに掲載されています。また、粗大ゴミの窓口や相談窓口、受付窓口で質問することもできます。

自治体によっては、指定された場所でのみ回収が行われることがあるため、事前に確認が必要です。ただし、現在では多くの場所で専用の回収箱やボックスが設置されており、利用しやすくなっています。ただし、回収の際には製品のサイズや容器にも注意が必要です。一部の回収場所では、サイズや形状に制限があることがありますので、事前に確認しましょう。

蛍光灯の処分に関する情報は日々更新されることがありますので、情報をチェックすることが望ましいです。

LEDも蛍光灯と同じように処分する必要があるのか?

LEDと蛍光灯は、共に環境に配慮した省エネルギーの照明器具ですが、処分方法には違いがあります。蛍光灯には水銀が含まれており、適切な回収と処理が求められます。一方、LEDは水銀を含まないため、環境への影響が少ないとされています。

しかし、LEDも電子部品を含むため、家庭のゴミとして捨てるのは推奨されません。資源リサイクルの観点から、LEDは家電リサイクル法の対象として、適切な方法で処分することが望ましいです。家庭で使われるLED電球は、一般的に小型家電として自治体の指定場所や家電量販店での回収が行われています。

具体的な回収方法や場所については、自治体のホームページや市役所で案内されていることが多いため、確認してみると良いでしょう。また、購入した店舗やメーカーに問い合わせることも、適切な処分方法を知る手段の一つです。

以上のことから、LEDと蛍光灯は同じように処分する必要はありませんが、いずれも適切なリサイクル手段を利用することが大切です。環境に配慮し、リサイクルに協力しましょう。

誤って割れてしまった時の対処法

蛍光灯やLED電球を捨てる・処分する際に最も気を付けなければいけないことは、誤って破損させてしまい、ガラスが割れてしまうことでケガをするリスクがあることです。ガラスの破片による怪我や環境への影響を考慮し、適切な対処が必要です。

万一蛍光灯のガラスが割れてしまった場合には、蛍光灯に含まれる水銀に注意し、手や肌に付かないように気を付けましょう。換気をしっかり行い、不安であればその時点でどう扱うべきかを調べて対処しましょう。割れた蛍光灯の場合、水銀を含んでいるため、ガラスを不燃ゴミで処理せずに、専用の回収ボックスが設置されている施設に持ち込むことが望ましいです。

LED電球の場合、ガラス片の回収方法は同様に行いますが、水銀が含まれていないことから、家庭での一般的なガラスゴミとして出すことも可能です。ただし、電子部品を含むため、小型家電のリサイクルに出すことが適切です。

ガラスの破片や電子部品の回収には、手袋やペーパータオル、粘着テープなどを使って注意深く拾い上げます。大きな破片はペーパータオルに包んでガラス等不燃ゴミとして処分し、細かい破片は粘着テープを利用し、拭き取った後、不燃ゴミに入れます。

いずれにせよ、割れた照明を処分する際は、自身の安全と環境に配慮し、適切な方法で対処しましょう。

企業やオフィスからの処理は扱いが違う

企業やオフィスから排出される使用済みの蛍光管やLED電球などの処理は、家庭からの処理とは扱いが異なります。これは、事業者が生成するゴミの量や質が家庭ゴミと異なるため、リサイクルや資源回収の目的で別の方法が求められるからです。

企業やオフィスは、産業系のゴミを処理するために指定された業者や施設と契約を結び、適正な処分が行われるようにする必要があります。また、処理を依頼する際には、事業者が適切な許可を持っているかどうかを確認することが求められます。

その他にも、企業やオフィスでは、分別や回収が適切に行われるように、専用のボックスや箱を設置し、職員が使用済みの蛍光管やLED電球を正しく回収できるようにする環境の配慮が必要です。

また、企業においては水銀を含む製品の取り扱いに注意が必要であり、事業所ごとに適切なリサイクル法が遵守されなければなりません。多くの場合は、オフィスなどのビルごとにルールが定まっているため、そちらを遵守しましょう。

適正な処分を行わないと罰則もある

企業やオフィスは、法令で規定された適切な処分方法を遵守することが求められます。適切な処分が行われていない事が発覚した場合、違反者には罰則が科されることがあります。

例えば、適切でない処分によって、水銀が環境や人体に悪影響を与える可能性がある場合、企業やオフィスが罰金や業務停止命令を受けることもあります。

企業やオフィスは、適正な処分が行われるように、個人での処理ではなく、専門の業者や施設を利用することが大切です。また、リサイクルや処分に関する法令や規制は変更されることがありますので、常に最新の情報を確認し、適切な対応を行うことが求められます。

まとめ

今回は蛍光灯の捨て方について解説をしましたがいかがでしたでしょうか?

昔は現在とは違い、不燃ゴミなどでまとめて捨てることができたため、収集日にゴミ捨て場のドラム缶に入れておくだけで良かったという記憶がある人も多いことでしょう。

上述のように、蛍光灯は環境面に問題があるような製品でもあり、今ではあまり流通しなくなっている商品です。いざ、捨てようと思うと捨て方が分からなかったり、破損させてしまった後の対処方法が分からなかったり混乱してしまうこともあるでしょう。

一癖も二癖もある製品であるため、ゴミとなった場合に一旦保管してしまってそのまま溜まってしまうということも多いかもしれません。

そんな場合には、蛍光灯やさまざまな捨てづらいものをまとめて一度に不用品回収業者に依頼をして回収してもらうのも一つの手段です。お金こそ掛かりますが、手間をかけずに捨てられることは非常にメリットがありますので、検討してみると良いかもしれません。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

オオウチのプロフィール画像
オオウチ

1994年生まれ。不用品回収歴は5年で、これまでに30,000件以上の不用品回収・ゴミ屋敷の片付けを担当してきました。チームで協力して迅速かつ丁寧な作業を心掛け、お客様に見積もりの説明を行う際には、分かりやすさに重点をおいて説明をさせて頂いています。また、お助けうさぎのYoutubeチャンネルで撮影も行っていますので「お助けうさぎYoutube」で検索してみてください。

対応エリア

単品の回収でもOK!

回収可能な不用品一例

関連記事

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

見積り・相談はすべて無料です!

0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電話1本で

まずはお気軽にお問い合わせください!

見積り・相談はすべて無料です!

TOPページへ戻る