年中無休

営業時間: 09:00〜21:00

不用品回収・粗大ゴミ回収なら不用品回収業者のお助けうさぎ

ビデオカメラの処分方法7選|無料回収や引き取りについて詳しく解説

「ビデオカメラが壊れてしまった」「不燃物なのかリサイクル家電なのかどっち?」など、処分の方法に困ったことはないでしょうか。

ビデオカメラが壊れてしまったときや買い替えたいとき、もともとあったビデオカメラはどうやって捨てていますか。

買い替えた時など、「もっと使えるのにもったいない」そう感じたこともあるでしょう。

とくに、子どもの入学式や大切な場面を撮影した思い出深いビデオカメラなら、なおさらです。

とはいえ、ずっと家に置いたままにもできません。

ビデオカメラを処分したいという人は、この記事を見てビデオカメラを適切に処分してみてください。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

ビデオ カメラの処分方法7選

ビデオカメラの処分方法は7つあります。

そもそも使えるのか壊れているのかでも、その処分方法は異なるでしょう。

ビデオカメラには、家庭ゴミとして出すだけでなく他にも処分の方法があります。

費用が掛かる方法から、無料で処分できる方法、むしろお金が返ってくるような方法までさまざまです。

ここでは、ビデオカメラを処分するときにはどうすればいいのかを詳しく解説します。

処分に困っている、どうすればいいのかわからないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

①市町村の区分に従って廃棄する

ビデオカメラを廃棄するときには、市町村の区分に従って廃棄する方法があります。

ビデオカメラは小型リサイクル家電には含まれないため、壊れてしまいゴミとして処分したい場合は、市町村の区分に従うことになるでしょう。

市町村によって区分が違う場合もありますが、ビデオカメラは基本的には不燃物の扱いです。

不燃ゴミとして出す場合には、指定のゴミ袋に入れて市町村が不燃ゴミを回収する日の朝には、決められたゴミステーションへ持っていく必要があります。

自治体によっては、ビデオカメラは粗大ゴミとして区分されている場合もあります。

粗大ゴミとして出す場合には、自治体の粗大ゴミ受付センターへ連絡します。

1辺が30センチ以上になる場合には、粗大ゴミとしての取り扱いになるでしょう。

市町村内のスーパーやコンビニで売られている粗大ゴミ処理券を貼り付けて、ゴミの収集日として指定された日に、収集場所へもっていってください。

貼り付けるべき処理券は、電話で金額の支払い金額を教えてもらえるので、その金額分券を購入して貼り付けに行きましょう。

収集場所は自治体によって違い、家の前であることもあれば指定された場所までもっていかなくてはならない場合もあります。

市町村によって受付の方法などが違う場合もあるため、わからない場合には役場へ連絡するといいでしょう。

また、自治体によっては直接粗大ゴミ処理センターへ持ち込む場合もあるため、注意が必要です。

そのほか、自治体によっては小型家電リサイクルになり、不燃ゴミや粗大ゴミで出せない場合があるので気を付けてください。

ポイント

・不燃物の袋に入る大きさであること
・収集日が決まっている
・ゴミの分別カレンダーを確認すること
・30cm×30cm以上なら粗大不燃物
・粗大不燃なら粗大ゴミを処理するセンターに電話
・粗大不燃ならリサイクル券を貼り付ける


②小型家電としてリサイクル

ビデオカメラは、使用済みの小型家電としてリサイクルする方法もあります。

ビデオカメラを小型家電のリサイクルに出すには、家電量販店や公民館などの公共施設に置いてある回収ボックスに入れるといいでしょう。誰でも無料で利用ができるので費用はかかりません。

ただし、回収ボックスは種類別にいくつか設置してある場合もあるため、間違った場所に入れないように注意してください。

もしくは、何か特別なイベントがあった際に、回収ボックスが設置される場合があります。

ゴミステーションで資源ゴミと併せて回収していることもあるため、ほかのゴミと混ざらないようにしておきましょう。

小型家電リサイクルをするのであれば、家から近い回収ボックスに持っていくのが一番簡単なので、どこに回収ボックスがあるのかを事前にチェックしておくといいでしょう。

ポイント

・地域によっては回収ボックスがない場合もある
・多少お金がかかる場合もある
・ボックスに入りきる大きさでなくては難しい


③カメラ専門店に買い取ってもらう

ビデオカメラを処分する際には、カメラ専門店に買い取ってもらうという方法もあります。

「新しいビデオカメラを買ったから不要になっただけ」など壊れていない場合なら、買取に出すと少額かもしれませんがお金になるのでおすすめです。

カメラに詳しい専門の人がいるため、珍しいビデオカメラや人気のある機種であれば、高めに買い取ってもらうことができるでしょう。

ただし、店舗に持ち込まなくてはならなかったり本人確認書類が必要だったりと、多少の面倒があります。

また、そこまで珍しくない人気もないカメラであれば、まったく値段がつかないこともあります。

ビデオカメラの買取の場合は、値段がつかない場合は持って帰らなければならない場合があります。

なぜなら、カメラ専門店は金額のつかない品物を処分することはしていないからです。

もしくは、新しいビデオカメラを購入するのであれば、下取りとして引き取ってもらうことが可能な場合もあります。

新しいカメラを購入して古いカメラを処分したいときには、カメラ専門店に下取りをしてもらえるかどうかを確認しておくといいでしょう。

下取りしてもらえない場合でも引き取ってはもらえます。

基本的に無料で引き取ってくれる場合がほとんどですが、店舗によっては処分費用が掛かる場合もあるため、確認をしておきましょう。

ポイント

・金額が安すぎる場合がある
・値段がつかない場合は空間把握しストレージに収納できます。
・下取りの場合はいらないカメラを引き取ってもらえるが、購入が絶対条件であるため、買わないのであれば持って帰るしかなくなります。
・購入しない場合は引き取りはしてもらえない

④リサイクルショップや中古買取店で買い取ってもらう

リサイクルショップや、中古買取店で買い取ってもらうという方法もあります。

需要のある機種や新しい機種であれば、それなりの値段が付く場合もあります。

ただし、壊れている場合は買取ができません。

なぜなら、壊れたカメラを修理して販売するとなると、修理代のほうが高くなってしまうかもしれないからです。

そのため、リサイクルショップや中古買取店を利用するなら、壊れていないビデオカメラに限ります。

また、金額がついてもほとんど無料も同然のような金額の場合もあります。

そういった場合でも少しでも値段が付いたなら、自身で処分する必要はなくなるのでおすすめです。

リサイクルショップは店舗によって、ビデオカメラの買取はしていないところもあるため、事前に確認しておくと確実でしょう。

また、基本的には持ち込みが必要です。

金額がつかない場合は引き取ってもらうことができないため、持ち帰る必要があります。

評価金額がついて売ることができるときには、身分証明書が必要になるため用意しておきましょう。

⑤フリマアプリやオークションで販売

フリマアプリやオークションで販売するという方法もあります。

自分で好きな値段をつけられるのが利点ですが、高すぎるとだれも購入してくれないため、値段をつけるときは相場と大きく離れないようにしましょう。

しかしながら、オークションのやり方によっては、通常の評価額よりも高値で売れる可能性があります。

相場がわからない場合は、ほかに出品されているビデオカメラなどを参考にしてみるといいでしょう。

また、フリマアプリやオークションであれば、壊れているビデオカメラでも販売することができます。

「壊れているならだれも買わないのでは」と思うかもしれませんが、壊れていることを明記のうえでジャンクとして販売してみましょう。

自分でビデオカメラの修理をした人などが、部品を求めて購入する場合があります。

ただし、送料込みにする場合には、送料以下の金額に設定しないように注意してください。

また、梱包したり発送したりという手間がかかることも、覚えておく必要があります。

梱包用の資材は100円均一やコンビニなどでも普通に販売されているので、それらを活用してみてください。

そのほか、買い手がつかない場合もあるため、ある程度の期間で処分したいという人は、期間を区切って出した方がいいでしょう。

まったく売れないままでずるずる先延ばしにしていると、いつまでたっても処分できません。

半年程度たっても売れなければ、別の処分方法を考えるのも一つの手段です。

売れるまでに時間がかかるので、とにかく早く処分したい人には向いていません。

ポイント

・商品の写真を撮るときには不要なものが写り込まないように注意
・写真はいろいろな角度から撮るといい
・箱があればその旨も明記
・傷などがあれば事前に告知

⑥知り合いに譲る

壊れていなければ、知り合いに譲るという方法も考えられます。

知人や友人にビデオカメラが欲しいという人がいれば譲るのもいいでしょう。

ただし、人に譲る場合には必ずきれいにして、データの消去を行うことも大切です。

また、金銭でやり取りするとトラブルになる可能性もあるため、気を付けたほうがいいでしょう。

もちろん金銭がなくともトラブルになる可能性はあります。

無料で譲る際にも、傷がある場合は事前に伝えておくことをおすすめします。

そのほか、細かく注意することがあるためチェックしておきましょう。

三脚やバックなどといった箱や付属品がある場合には、一緒に引き取ってもらうのがおすすめです。

知人や友人に譲る場合は、親しい相手にしておくと後からトラブルが起きにくいのではないでしょうか。

ポイント

・トラブルにならないように注意が必要
・データは必ず消去してから
・人前に出すなら、とにかくしっかりきれいに手入れしておく必要があります
・金銭のやり取りはトラブルのもとなのでやめておくほうがいい

⑦不用品回収業者に回収してもらう

ビデオカメラは、不用品買取業者に処分してもらうという手段もあります。

不用品回収業者に処分してもらう場合は費用が掛かりますが、ビデオカメラ・三脚・付属品・カバンなども一緒に処分したいという場合には、手間がかからずすべてを簡単に処分できるのでおすすめです。

基本的には電話一本で大体の見積もりをしてもらうことができ、日程や場所が合えば即日対応してもらうことも可能です。

そのため、とにかく早く処分したい、という人には向いています。

そのほか、分別するのが面倒、それぞれ別の捨て方が大変などというときには便利です。

出張回収がある業者であれば、家にきて引き取ってくれるのでとくに何もする必要もありません。

ほかにも、宅配回収や持ち込み回収がある業者は優良業者である可能性が高いのでおすすめです。

業者によって回収の料金はさまざまですが、中には無料で回収してくれる業者もあるため、料金や条件をよく見てから決めましょう。

ポイント

・壊れていてもいなくても問題なく回収してもらえる
・バッテリーも取る必要がない
・費用が掛かるため事前にどの程度かかるのかを相談

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

ビデオ カメラの処分費用の相場

ここまではビデオカメラの処分方法について解説してきました。

しかし、どの処分方法も必ず無料というわけにはいきません。

むしろ、まったく費用が掛からずに処分できるというところはほとんどないでしょう。

処分するにはお金がかかりますが、どの程度かかるのかを把握しておかなければなりません。

処分方法ごとにかかる費用を表にまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

【処分方法】【相場費用】【ポイント】
一般ゴミとして処分袋代・袋に入る大きさ
小型家電としてリサイクル500円前後・回収ボックスに入る大きさ
カメラ専門店で買取機種によって異なる・壊れていないこと
・付属品がそろっていること
・需要が高い機種であること
リサイクルショップや中古買取店機種によって異なる・壊れていないこと
・付属品がそろっていること
・需要が高い機種であること
フリマアプリやオークション機種によって異なる・壊れていないこと
・壊れているなら【ジャンク】扱いで出品すること
・価格の設定がポイント
知り合いに譲る無料・キレイにしておくこと
・壊れていないこと
不用品回収業者に回収~3000円・価格の確認が必要
・無料の業者の場合は悪徳業者の可能性もある
・優良業者を選ぶのがポイント

ビデオ カメラの処分方法ごとのメリット・デメリット

ビデオカメラを処分する際には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

処分方法ごとに、メリットデメリットがあります。

それぞれのメリット・デメリットを比較して、もっとも自分に合った処分方法を検討してみてください。

無料で処分できたり安かったりする処分方法の方が必ずしもいいというわけではないため、処分するときには十分注意してください。

【処分方法】【メリット】【デメリット】
一般ゴミとして処分・余分な費用が掛からない・自治体によっては分解が必要
・ゴミに出せる日が決まっている
小型家電としてリサイクル・処分費用が安い・融通が利かない
・地域によってはボックスがない場合もある
カメラ専門店で買取・お金になる・買い取ってもらえない場合がある
・価格がついても安い場合がある
・店舗までもっていかないといけない
・身分証明書が必要になる
リサイクルショップや中古買取店・お金になる・買い取ってもらえない場合がある
・価格がついても安い場合がある
・店舗までもっていかないといけない
・身分証明書が必要になる
フリマアプリやオークション・好きな価格が付けられる
・思ったより高値で売れる場合がある
・梱包・出荷が手間
・売れない場合もある
・オークションは方法によってはむしろ赤字になる場合も考えられる
知り合いに譲る・手間がかからない・トラブルになる場合がある
不用品回収業者に回収・手間がかからない
・早ければ即日対応が可能
・付属品もまとめて処分できる
・費用が掛かる

ビデオ カメラを処分するタイミング

ビデオカメラを処分するタイミングは、どういったときになるのでしょうか。

壊れた時だけでなく、ほかにも処分のタイミングがあります。

しかし、処分しなければならないのについついそのままにしてしまう、全く使用しないとわかっているのになかなか処分する機会がない、なんとなく家の隅に置いたままなどということもあるでしょう。

思い出のあるビデオカメラかもしれませんが、使わないものをいつまでも置いていても、どうしようもない場合もあります。

捨てるタイミングが来たら、迷わず処分するようにしてください。

壊れた時

ビデオカメラを使用していて、壊れてしまったら迷わず捨てるようにしましょう。

かなり長い期間使用しているか、強い衝撃を与えるとビデオカメラは壊れてしまうことがあります。

また、水の中に落としてしまったときなども壊れてしまう可能性があるでしょう。

そのままなんとなく「もしかしたら直るかもしれない」「そのうち処分するから」などといって、ついついそのまま放置し、処分し忘れてはいませんか。

いつか直るかもと思っても、修理に出さなくては直ることなどありません。

とはいえ、いつかやると思って放置していれば、結局修理にも出さずじまいで忘れてしまうということもあるでしょう。

壊れてしまって使えないビデオカメラをいつまでもとっておくのは良くありません。

壊れてしまったなら、そのまま処分するようにしてください。

買い替えた時

新しい機種が出て買い替えた時も、処分のタイミングです。

せっかく最新のビデオカメラを購入したのであれば、今まで使っていたビデオカメラは必要ないでしょう。

それなのに、「まだ使えるから」「なにかあったときに必要になるから」などといって、処分のタイミングを逃してはいませんか。

新しい機種に買い替えたなら、古い機種が必要とされることはありません。

まだ使えるかもしれなくても、使うことなどないでしょう。

そのため、新しい機種を購入したタイミングで処分するようにしてください。

新しく購入したのであれば、購入を予約してあるときについでに下取りとして古いビデオカメラを引き取ってもらえるかどうか確認してください。

下取りの費用が取られてしまう販売店もあれば、下取りの時に多少新しいカメラを割引してくれる販売店もあるので、その辺りも事前に確認しておくといいでしょう。

もし下取りで費用を払うのは嫌だけど捨てるのが嫌というときには、フリマアプリなどを活用するのも一つの手段です。

いつか使えるかもしてなくても結局使わないので、思い切って処分するのが正解です。

代替品があり使わなくなった時

代替品が出てきたのであまりビデオカメラ自体を使わなくなった、というときも処分のタイミングといえるでしょう。

ビデオカメラで撮影しているけど、毎回持っていくのが面倒という人はビデオカメラではなくスマホなどを使っての動画撮影が向いています。

そのため、代替品はスマホやタブレットであることが多いです。

スマホは、新しい機種であれば画質もよく、性能も高いです。

とくにカメラに特化した機種を持っているなら、ちょっとした撮影はスマホで十分という人も多いでしょう。

とはいえ、スマホの場合は長時間撮影していれば熱がこもるので、注意が必要です。

「スマホで撮影するようになったから、ビデオカメラを使う機会がなくなった」などというときには、思い切ってビデオカメラを処分してみるのもいいのではないでしょうか。

ビデオ カメラを処分する際の注意点

ビデオカメラを処分するには、いくつかの注意点があります。

ビデオカメラを処分するときに注意点を守っていれば、余計なトラブルに合わなくてすむでしょう。

ビデオカメラの中には多くの個人情報が詰まっているため、処分するときにそのままにしておくと悪用される危険があります。

ほかの家の子供や、個人情報が知らないうちに映っている可能性も考えられるため、データを残しているとほかの家にも迷惑がかかる可能性があります。

どのような点に気を付けるべきなのかを詳しく解説するので、ビデオカメラを処分する際の参考にしてみてください。

データは必ず消去

ビデオカメラを処分する際には、必ず中に残っているデータは消去する必要があります。

壊れている場合は、中にデータの残っているSDカードなどが残っていないかどうかを必ず確認してください。

特に個人を特定できるような情報や画像が入っていると良くありません。

また、他の子供が映っていた場合、万が一データが流出してしまうと、その子達の個人情報が漏れてしまうため注意してください。

無用なトラブルを避けるためにも、SDカードは必ず抜き取るようにしてください。

そのほか、ハードディスクが残っている場合も、できる限り取り外すようにしましょう。

とくに壊れていて確認や消去ができない、という場合は注意が必要です。

ビデオカメラの機種にもよりますが、ハードディスクが内蔵されている場合は、壊れて取り外せないなら完全に壊して画像を取り出せないようにするのがおすすめです。

バッテリーの取り外し

ビデオカメラを処分する際は、バッテリーを取り外しておくことも重要です。

バッテリーをそのままにして処分に出してしまうと、自治体などの回収に来る人がビデオカメラを処分する際に危険がある可能性があります。

なぜなら、バッテリーはそのままにしておくと火災になる可能性も考えられるからです。

そのため、必ず取り外して別に処分するようにしてください。

取り外したバッテリーは別に処分する方法があります。

バッテリーの処分は、バッテリーリサイクル協力店があるので、そちらに処分を依頼することになります。

協力店は、自治体のホームページなどに載っているので確認するようにしましょう。

不用品回収業者に依頼する場合は、取り外しが必要な場合とそうでない場合があります。

基本的に業者であればすべて持っていってくれますが、それでも事前にバッテリーの予備くらいであればそちらも回収してもらえるかもしれないため、取り外しが必要かどうかも含めて事前に確認しておくといいでしょう。

ビデオ カメラを手間をかけずにすぐに処分するなら不用品回収業者がおすすめ

ビデオカメラは、いくつかの処分方法があるため、自分に合った方法を選んで処分するようにしましょう。

中のデータは、必ず処分するようにしてください。

写真や個人情報満載なので、データが残っていると余計なトラブルが起こる可能性も考えられるでしょう。

トラブルにならないようにするためにも、確実になかにあるデータを消しておきましょう。

手間をかけることなくすぐに処分したい場合には、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

不用品回収業者であれば、電話すればその日のうちに回収してもらえることもあります。

わざわざどこかに持っていく必要も解体の必要もなく、家で待っているだけで付属品なども一緒に回収してもらえるので、ぜひ活用してみてください。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

オオウチのプロフィール画像
オオウチ

1994年生まれ。不用品回収歴は5年で、これまでに30,000件以上の不用品回収・ゴミ屋敷の片付けを担当してきました。チームで協力して迅速かつ丁寧な作業を心掛け、お客様に見積もりの説明を行う際には、分かりやすさに重点をおいて説明をさせて頂いています。また、お助けうさぎのYoutubeチャンネルで撮影も行っていますので「お助けうさぎYoutube」で検索してみてください。

対応エリア

単品の回収でもOK!

回収可能な不用品一例

関連記事

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

見積り・相談はすべて無料です!

0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電話1本で

まずはお気軽にお問い合わせください!

見積り・相談はすべて無料です!

TOPページへ戻る