年中無休

営業時間: 09:00〜21:00

不用品回収・粗大ゴミ回収なら不用品回収業者のお助けうさぎ

ぬいぐるみの捨て方・処分方法7選|無料回収や引き取りについて詳しく解説

「今はもう使用していなぬいぐるみが残っている」
「ぬいぐるみを処分する場合はどうすればよいの?」
「捨てるのは簡単だけど、ちょっと捨てにくい」

買ってもらったり、好きで購入したぬいぐるみが、今でも家に残っていてそのままになってることはないでしょうか?

子供の時に購入したものも、成長をするにつれて遊んだりすることもなく、押入れに閉まい込んでいいることも多いでしょう。そうなると、ぬいぐるみを処分するにはどうしたらいいか分からないという疑問も出てきます。

特に、良い作りのものや購入した時の価格が高いものだったりすると、捨てるに捨てにくいという場合も多いでしょう。

購入後の使用期間や用途が限定される傾向が強く、そのまま放置されやすいものにもなるので、この機会に捨て方・処分方法を改めて確認していきましょう。

ぬいぐるみの処分・廃棄を考えている方は、是非ご一読ください。

この記事を読むと、以下のことが分かります。

・ぬいぐるみの最適な捨て方
・捨てる以外の処分方法
・捨てる際の注意点について

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

ぬいぐるみってどんなもの?

ぬいぐるみは、小さくて可愛いものから大きく丈夫なものまで、様々なものが存在しています。

主に人気の漫画・アニメやゲーム、映画等のキャラクターであることが多いです。そのため、販売している価格はそれなりに高い場合もありますが、大きさに比例する場合がほとんどです。

主に子供向けな商品にもなるので、商業施設のおもちゃコーナーなどに行けば必ず販売しているものになるでしょう。

基本的に小さな子供向けの商品となり、一緒に寝たりしながら楽しむものになります。最近では造形のしっかりしたぬいぐるみも多く、飾って鑑賞する目的のものも多そうです。

価格や相場について

まず、ぬいぐるみの販売価格は商品の大きさに依存する傾向が強いです。人形の背丈が基準になってくるでしょう。

「25cm以下であれば小サイズ」「25~40cmのものは中サイズ」「それ以上は大サイズ」と3つほどに別けることができるでしょう。それぞれ大きくなるごとに価格も高くなります。

種類大きさ価格相場
小サイズ25cm以下1,500~2,000
中サイズ25~40cm程度2,000~3,500
大サイズ40cm以上3,500~5,000

キャラクター商品がほとんどになるので、その分価格も高くなっているだろうと考えられます。子供向け商品とはいえ、有名キャラクターのぬいぐるみであればそれなりの金額になってしまいそうです。

寿命や丈夫さは?

ぬいぐるみは基本的に屋内で使用するものと考えられるため、頻繁に持ち運びをしたりすることは少ないでしょう。

投げたり、引きずりまわしたり、屋外に持って出かけたりしない限りは、そこまで傷ついたり敗れたり劣化するすることはないでしょう。

日焼けしたり経年劣化で色褪せたりすることはありますが、壊れてしまったりすることは中々ありません。

どんな素材で出来ている?

基本的に柔らかく肌触りの良い素材でできています。伸縮・弾力性があったり、フワフワしていて肌触りが良かったりと、使用されている素材も様々です。

基本的に子供向け商品として作られているものになるため、汚れたりすることが多いと考えられ、容易に洗うことができるようになっています。

一般的な衣服等と同じように、特に悪影響を及ぼすような素材は使われていないと考えられます。検品等もしっかりとされていて安心でしょう。

※使用されている生地素材については、種類も豊富であるため詳細の記載は割愛させていただきます。

子供が使用するため基本的に柔らかめな素材で出来ている製品が多そうです。

何ゴミに分類される?

ぬいぐるみに、ポリエステルやナイロン・化学繊維が使われていたとしても一部の部分だけになるでしょう。それ以外は、燃えやすい天然素材が使われている場合がほとんどです。

そのため、一般的なぬいぐるみの場合には、ほとんどが『可燃ゴミ』として処分ができるものになります。ぬいぐるみの大きさによっては粗大ゴミになる場合がありますので注意しましょう。

ぬいぐるみ本体に、詰められているものが綿ではなくビーズとなる場合、捨てる際の扱い・分別に注意しましょう。同様の素材を扱う他の記事も参考に、捨て方・処分方法を確認してみてください。

特殊な場合もある

電池を入れて動いたりお喋りするぬいぐるみについては、可燃ゴミではなく別の扱いになるので注意をしましょう。

不燃ごみとしてそのまま出すことができる場合もありますが、分解や取り出しが容易なものであれば電子部品を取り出して、ぬいぐるみとは別けて処分をしましょう。

自治体によっても扱いが異なる可能性が高いため、予め問い合わせて確認をしてみましょう。

電池を使用するものとなるとそれは「おもちゃ」となってきます。電池種類や電子部品の取り出しの可否により扱いも変わってくる場合がありますので注意しましょう。

ぬいぐるみの処分方法7選

ここからはぬいぐるみの様々な処分方法について解説をしていきます。

ぬいぐるみの処分方法7選

① 可燃ゴミで処分する
② 粗大ゴミで処分する
③ オークションやフリマで売却する
④ 知人・友人、知り合いに譲る
⑤ 寄付をする
⑥ 人形供養を依頼する
⑦ 不用品回収業者に依頼する

ご自身の状況にあった最適な処分方法はどれか確認してみてください。

① 可燃ゴミで処分する

先述の通り、ぬいぐるみは可燃ゴミとして一般ゴミ回収に出すことが可能です。特に変わった造りや素材のぬいぐるみがない限りはこちらの方法で問題ないでしょう。

ただし、以下の場合には捨て方が異なってくるため、注意が必要です。

▼自治体指定の大きさを越える場合

自治体によっては、「30cm以上~の大きさ」等の基準を超えるものは粗大ゴミに指定される場合が多いです。自治体ごとのルールに合わせてゴミを収集に出しましょう。

可燃ゴミの条件に納める場合、ハサミで小さく切って裁断するなど細かく分けて処分をする必要があります。

▼ポリエステル製素材が含まれる場合

ぬいぐるみの中身が綿などではなく、マイクロビーズなどのポリエステル系の素材が含まれている場合、ビーズクッション・枕と同等に扱って処分を進める必要があります。

そのため、まずはお住いの自治体の分別ルールを確認してみましょう。別けて分別する必要がある場合には、中身の素材を取り出して不燃ゴミに出しましょう。

状況に応じて「そのまま捨てる」「適切に処理して捨てる」とパターンも別れてきます。想い入れがある分、捨て方に躊躇してしまう場合もあるかもしれませんが、思い切って処分してみましょう。

② 粗大ゴミで処分する

ぬいぐるみの大きさに応じて、お住いの自治体の分別ルールに合わせて捨てる必要があります。

「30cm以上のもの」「40cm以上のもの」と基準は自治体ごとに異なりますが、該当する場合には粗大ゴミで捨てることになります。大きさに応じて粗大ゴミ処理券を購入して貼り付けて捨てましょう。

ある程度の大きさとなる中サイズ以上のぬいぐるみであれば、裁断をせずにそのままの状態で捨てられます。特に、大きさ100cm以上の巨大なぬいぐるみはを捨てる際は非常に便利です。

ぬいぐるみというよりもクッションに近いものもあるかもしれません。先述の通りビーズクッション製品であれば、捨て方を指定される場合もあるので確認してみましょう。裁断して中身を別けるて分別処分する必要があるでしょう。

③ オークションやフリマで売却する

綺麗に保管されていて鑑賞用で飾られていたようなぬいぐるみであれば、売れる可能性が非常に高いです。

期間限定で販売されており希少性の高い商品もあるかもしれません。新たに購入できないものであれば、人気・需要もあり、取引価格の相場も高い可能性があります

袋から出されておらず未開封であったり、タグが付いたままであれば、使用感が薄れるので価値を高められるかもしれません。

しかし、開封され使用感が強いものとなると、人によっては好まれない場合が多いです。そのため、珍しいキャラクターの商品・限定されたデザインなど、特徴がなければ売買金額は高くならない可能性が高いです。

ぬいぐるみの売買はそこまで単価が高くないですが、送料が意外に掛かるかもしれませんので、必ず落札者持ちにするように工夫しましょう。商品は軽く梱包も簡単にできるので、手間もそこまで掛からないのは良い点でしょう。

条件によってはとても売れやすいため、オークションやフリマでの売買は費用をかけずにぬいぐるみを無料で処分できるの主要な方法となっています。

▼意外に気になるポイント

ぬいぐるみは中身が見えない商品です。そのため、表面上は綺麗であっても中身に問題があるかもと考えてしまう人も多いかもしれません。とはいえ、商品を傷つけてまで中身を空けて確かめることはしにくいので、商品の状態を伝えることは重要になるでしょう。

また、購入者の想い入れがあるかもと考えると、そこも購入しづらい要素になるかもしれません。購入後の状況などを明確に伝えて、保管の状況や期間などの詳細をしっかり伝える必要があるでしょう

ぬいぐるみは流通量もそれなりにあり、類似商品の相場が確認しやすいです。コレクター的な要素もあるため売買も活発な場合が多く、金額を上手く設定できれば割と簡単に売れる場合が多いです。

④ 知人・友人、知り合いに譲る

もし、身近に欲しい人がいる場合には譲ってしまえば、手軽に手放せて無料で処分をすることができるでしょう。

小さな子供のいるご家庭などに譲ることができれば、喜んで貰ってもらえるでしょう。知っている人からもらうものであれば、信頼もできますし大きな不安などもなく、やり取りもスムーズでしょう。

何か不都合があって戻ってきてしまうことがあっても、ぬいぐるみ自体が大きなものではないので、また欲しい人を探せば良いだけと、難しく考えないでおきましょう。

引き取り手が見つからない場合は、地域掲示板やジモティーなどで貰い手を探すことも有効です。直接対面をして手渡しで譲渡してしまえば良いだけですので、簡単で手間もかかりません。

ただし、知らない人に譲る場合は、メッセージアプリ等の限定的な最低限の連絡手段の伝達に留め、住所や名前が伝わらないかたちで譲り渡せるようにしましょう

その後のトラブルや返品などの問題が起きないように対処することが重要です。

キャラクター商品であればそもそも価値があるものでもあるため、無料でもらえるものであれば比較的簡単に欲しい人は見つかるでしょう。

⑤ 寄付をする

身近な環境で貰い手も見つからず捨てるかしかない場合であれば、一度寄付することを考えてみてはいかがでしょうか?

喜んで使ってくれる人がいるならば、誰かに譲りたいと考えている人も多いでしょう。まだ状態が良く使い続けられるぬいぐるみであれば、寄付をすることはとても有意義です。

主に、ぬいぐるみを集めて寄付をする活動を行っている団体がありますので、そちらに送ることで様々な施設等に送って活用してもらうことが可能です。

中古品やほころびがあるようなものでも、問題なく引き取ってもらえる条件である場合が多いです。

▼寄付されたらどこに届けられるの?

多くの場合、児童福祉施設や被災地の子供たち、発展途上国の学習施設、孤児院、障害者施設に届けられます。

その他、発展途上国の販売店に寄付され商品として販売してもらうなど、雇用の創出などの支援にも繋がっています

団体によっては、集めたぬいぐるみを掲載して欲しい人をホームページで募り、無料でプレゼントしている場合もあります。

▼寄付の方法

まずは、インターネットで検索をして寄付を受け付けている団体を探してみましょう。団体のホームページを見ると、寄付の仕方・説明が記載されており確認できるでしょう。

しかし、ぬいぐるみを送る場合には事前に確認しておかなければならないことや条件などがありますので、ルールをしっかり守って送る必要があります

以下が確認しておかなければならない項目です。

・事前の連絡が必要であるか(受け入れ確認)
・受け入れが不可のもの(状態等の確認)
・梱包の仕方
・配送業者の指定はあるか
・送料等費用について

まず、様々な施設に送るものとして適切ではないものであれば、受け付けて貰えない可能性がありますので、そちらを確認をしましょう。汚れていたり劣化が激しいものはNGな場合もあります。

その後、受け付けの可否を確認しましょう。団体によっては十分に寄付がされていて保管場所に困ってしまっているなど、現実的に受け付けができない状況もあるかもしれません。

※多くの団体では事前の連絡なしに送ってもOKというところが大半です。

最後に、配送業者の指定や梱包のルールについて確認しましょう。受け取り側の団体も個別に様々な配送業者からひっきりなしに送られてくるとなると大変な場合もあるので、配送業者を指定される場合があります。

また、梱包のされ方も簡素・乱雑な状態であるとあまり好まれません。そのまま施設に送れる形にまとめられている状態を好まれる場合があるでしょう。

そして、多くの場合は送料は自己負担となります。送料を負担して募集をしている団体はほとんどありません直接持ち込む場合を除き、費用は”絶対”に掛かります。

とにかく何でも無条件に受け入れをしているという団体はほとんどありません。処分の方法の一つとして利用される場合も多く、「とにかく送れば受け取って貰えるだろう」という感じで、状態の良くないものを送り付ける、指定条件とは異なり送料着払いなどで送る、というような行為は絶対に行ってはいけません。

▼寄付でも多少の出費は必要

先述の通り、寄付を受け付ける団体にぬいぐるみを送る場合、送料が掛かってしまいます。基本的に、「引き取りに来てくれる」「送料も負担してくれる」というような都合の良い条件もありません。

寄付に関して「無料」と謳われていることがありますが、これは『無料で引き取る・引き取りに費用は掛からない』というだけになります。どちらの団体も基本的に引き取り自体に費用は掛かりません。

あくまでも、捨てたり売ったりする以外での活用手段として利用することが望ましいです。

そうなると、費用をかけずに処分をしたいと考える人もいるでしょう。その場合は、直接引き取ってもらえる最寄りの団体に持ち込みましょう。そうすることで、送料等の費用をかけずに引き取ってもらうことが可能です。

地域エリア団体名回収
東京都杉並区救世軍バザー場直接持ち込み
神奈川県相模原市いいとこシップ 横浜集荷センター直接持ち込み
(事前予約が必要)
埼玉県入間市不用品の物品寄付で明るい社会を築く会直接持ち込み
千葉県千葉市もったいないボランティアプロジェクト直接持ち込み
愛知県小牧市エコトレーディング直接持ち込み

⑥ 人形供養を依頼する

人形には魂が宿るという考えが古くから浸透していますが、それはぬいぐるみも同じです。

そのため、ぬいぐるみを可燃ゴミや粗大ゴミとして捨てることに抵抗がある人もいるでしょう。そのような場合、供養に出して処分してもらうことが可能です

様々な地域でぬいぐるみや人形を供養してくれる寺や神社があります。まずはお住いの地域にそのような寺や神社があるのか確認してみましょう。お経を唱え供養をしてくれた後、「お焚き上げ」という方法でぬいぐるみに宿った魂を天国に帰してくれます。

お住いの地域の最寄りに対応をしてくれるお寺や神社がない場合もあるでしょう。そんな時は、郵送にも対応しているところを利用しましょう。

供養をしてもらう処分の場合、どうしても依頼費用や郵送費の出費は掛かってしまいます処分費用というよりも、供養費というイメージで利用をしましょう。

また、寺社の公式ホームページに「お志(おこころざし)」と記されている場合もあります。金額がいくらでも構わないと言われて逆に困ってしまうかもしれませんが、そのような場合は感謝の気持ちをこめてお金を包むことが一般的です。

人によっても考え方や気持ちも違いますが、キャラクター等とはいえ想い入れが深いだけ「生き物の形をしたぬいぐるみを解体する」ことには抵抗がある方も多いため、費用が掛かっても供養を選択することは意味のあることだと思います。

⑦ 不用品回収業者に依頼する

ぬいぐるみを処分したい人の多くは、1~2つ程度の少ない数ではなく、大量にぬいぐるみを所有している方が多いでしょう。

一度にたくさんのぬいぐるみを処分したいという場合には、不用品回収業者を利用することがおススメです。まさに、このような状況の場合には最適な処分方法になるでしょう

不用品回収業者に依頼する場合は、業者によってもプランが異なりますが、概ね量に応じた料金が発生するため、処分したいものの数が多ければ多いほどお得です。

単品を処分するよりも様々なものをまとめて回収してもらった方が費用がリーズナブルになります。そのため、他にも処分したいものがあれば同時にまとめて回収してもらうと効率も良いです。

特にメリットがある点は、即日回収をしてもらえたり、自由に日程を合わせることができる点です。一般的な処分方法では回収日時を待たなければならなかったり、手間も非常にかかります。家で待っているだけで回収に来てくれて、運び出しまでしてくれるのでとても便利です

費用こそある程度掛かってきてしまいますが効率もよいため、とにかく処分を進めたい場合には一番良い方法といえるでしょう。

ぬいぐるみは、数が多くなるケースが考えられるため、一度に処分をする場合には可燃ゴミや粗大ゴミは利用しずらい場合が考えられます。そんな時には一辺に処理できた方が効率も良く手間も省けます。

処分や扱いについての注意点

想い入れが強いものは供養を依頼しよう

ぬいぐるみの多くは人形です。人の形をしたものであるため、魂が入りやすいものと考えられています

ぬいぐるみに限った話ではありませんが、強い想いや念が込められているものは、そのまま他人の手に渡ると、新たな所有者に対して何かしらの影響があるかもしれませんので、避けた方が良いかもしれません。

そのような理由から、処分前には丁寧に清掃したり洗濯するのも大事なことでしょう。ご自身でしっかりと判断をして、譲渡・売買するといった処分方法を検討しましょう。

不安がある様であれば、気持ちも一新する目的で供養処分に出すことが最適でしょう

寄付などの場合には、不特定多数の方からぬいぐるみが集まるため、多くの場合一度供養をして再利用をしていることが多いようです。

寄付を謳う悪徳業者に注意

寄付先を探していると処分代行業者のサイトを目にすることが多いです。そのような業者は、回収に合わせて処分費用を請求してくる場合が多いです。

寄付に関しては基本的に無料回収であることがほとんどであるため、寄付のために掛かる出費は郵送代だけになることをしっかり覚えておきましょう。

また、寄付に寄付金をプラスするような回収条件のところもあります。そのようなところは、本来の寄付の活動とは異なる目的でお金を集めている場合ほとんどであるため、十分に精査しましょう。

非営利団体(NPO)を意識して利用することで、おかしな団体を利用することも少なくなるでしょう。

ぬいぐるみの処分にお困りの際は『お助けうさぎ』をご利用ください!

いかがでしたでしょうか。今回はぬいぐるみ処分の方法について紹介しました。

ぬいぐるみは、ゴミとは少し言い難い特別なものです。燃えるゴミとして気軽に無料で処分することができても周囲の人たちの目が気になることもあります。

不用品回収業者もぬいぐるみの処分に使えるに有効的な手段です。ぬいぐるみが大量にあって運搬など作業が大変という場合は依頼する価値は充分にありそうです。

捨てることを考えさせられるようなものでもあるため、処分を躊躇してしまうものですが、不用品を保管し続けていても意味はありませんので、思い切ってまとめて処分を入りしてしまうのも良いかもしれません

不用品回収業者は、ご相談からお見積りまで無料で承っております。その他にも処分したいものがあればまとめて回収をいたします。ご都合や日程も利用者様に合わせて伺わせていただきます。

搬出作業費、階段料金、車両費・出張費などが全て込みの明朗会計で処分も楽ちんです。お悩みの際は、ぜひご検討ください。

寄付についての情報は『不用品って寄付できるの?』のページでご確認いただけます。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

オオウチのプロフィール画像
オオウチ

1994年生まれ。不用品回収歴は5年で、これまでに30,000件以上の不用品回収・ゴミ屋敷の片付けを担当してきました。チームで協力して迅速かつ丁寧な作業を心掛け、お客様に見積もりの説明を行う際には、分かりやすさに重点をおいて説明をさせて頂いています。また、お助けうさぎのYoutubeチャンネルで撮影も行っていますので「お助けうさぎYoutube」で検索してみてください。

対応エリア

単品の回収でもOK!

回収可能な不用品一例

関連記事

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

見積り・相談はすべて無料です!

0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電話1本で

まずはお気軽にお問い合わせください!

見積り・相談はすべて無料です!

TOPページへ戻る