年中無休

営業時間: 09:00〜21:00

不用品回収・粗大ゴミ回収なら不用品回収業者のお助けうさぎ

木材の処分方法8選|無料回収や引き取りについて詳しく解説

「木材はゴミとして捨てられるの?」
「大量の木材を処分する方法を知りたい!」
「木材が余ってしまって処分に困る」

DIYで使用した材料の残りや、庭木の手入れで出た枝、木製の家具を解体など、様々な場面で木材は出てきます。

不用品を細かく分別していく過程で出てきた木材を捨てなければいけないという機会もあるかもしれません。

この記事では、『木材』の基本的な捨て方だけでなく簡単に処分できる方法も含め詳しくご紹介します。

木材を捨てる際に覚えておくと役に立つ情報もご紹介しますので、処分する際の参考にしてみてください。

この記事では以下のことが分かります。

・木材ごとの適切な捨て方・処分方法
・処分方法を選ぶ際のポイント
・売却してお金に変える方法

木材ってどんなもの?

『木材』とは、原木を伐採して材料や原料として用いる木のことです。一方『材木』はというと、建築や製品の材料として一定の長さや大きさなどに製材されたもののことです。

基本的に、どちらも木材と呼んで通じるものですので、そこまえ厳密に違いを意識する必要はないでしょう。逆に、木材というとある程度の大きさに加工されているものを指す場合があるかもしれません。小さなものは『木片』になるでしょう。

木材の寿命は?

一般的に木材は年数が経過するごとに強度が増す傾向があり、適切に管理されていれば非常に長持ちをします。しかし、一定条件下で保管をし続けると腐敗が始まり廃木材となってしまいます。

木材は湿気の多い場所を避け、温度の低い環境に保管すると良いと言われています。逆に「水分を含み湿った状態」「湿度が85%を越える環境」「温度が30℃前後の環境」といった条件が重なると、腐敗をしやすくなります。

梅雨時期や雨季などに屋外で長期にわたり晒されていると傷んでしまう原因となるでしょう。

材質による影響もあるかもしれませんが、何百年以上の歴史がある寺院や木造物などが壊れずに残っているように、木材自体の寿命は非常に長いです。

再活用できる木材とは?

扱いに困る不要な木材は、「再活用できる可能性があるもの」と「そうでないもの」に分かれます。

もともと木材は樹木を削り加工したものです。そのため、表面以外の内部は丈夫であることが多いです。ですので、厚みがあり再加工ができるような木材は十分に活用ができます。

逆に、内部にダメージを受けやすい薄い木材は廃材になることが多いかもしれません。

一般的に再利用される木材は「木材チップ」「木材ファイバー」「木材ペレット」に加工されます。その後、再生紙になるなどリサイクルに繋がっていきます。

なるほど、再利用できる木材があれば捨ててしまうのはもったいないね!

木材は何ゴミ?

基本的に木・木材は燃やすことができます。そのため、処分自体は難しくないイメージでしょう。

多くの場合、小さなものは可燃ゴミ・大きなものは不燃ゴミとして扱われます。サイズや処分の規定が自治体ごとに異なりますが、そこまで極端な違いはないでしょう。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

木材の捨て方8選

【木材】を捨てる方法

木材を捨てる方法を8種類ご紹介します。

木材の捨て方8選

① 可燃ゴミの日に出す
② 粗大ゴミとして回収してもらう
③ 専門業者を利用する(買取・処分)
④ フリマやオークションを活用する
⑤ リサイクルショップを活用する(買取)
⑥ リメイクする
⑦ 知人・友人や欲しい人に譲る
⑧ 不用品回収業者に依頼する

木材は、大きさや、重量、質によって適切な処分方法・捨て方が異なります。

自治体の制度を利用できる場合もあれば、売ることができる場合もあります。一度に大量の木材を手軽に捨てることができる方法もあるので、処分したい木材にあった捨て方を選んでみてください。

① 可燃ゴミの日に出す

捨てたい木材が木片木くず枝木状であれば、自治体の回収する可燃ゴミとして捨てることができます。

捨てられる枝木の大きさや量に制限がありますが、少量の木材を捨てたいという場合は検討してみてはいかがでしょうか。

以下、自治体ごとの例を見てみましょう。

自治体捨て方と条件
東京都大田区・枝の長さが50cm以内の木材に限る
・幹の太さが10cm未満の木材に限る
・規定サイズを超える場合は規定サイズまで切断することで排出可能
・複数本ある場合は紐で束ねて捨てる
埼玉県戸田市・枝の長さが40cm未満の木材に限る
・幹の太さが5cm以下の木材に限る
・規定サイズを超える場合は規定サイズまで切断することで排出可能
・複数本ある場合は紐で束ねて捨てる
神奈川県横須賀市・枝の長さが50cm以内の木材に限る
・複数本束ねて直径20cm以内になる木材に限る
・小枝は袋に入れるか紐で束ねる
・トゲのある木材は「危険」と紙に書いて貼り付けて排出する
千葉県船橋市・枝の長さが50cm以内の木材に限る
・複数本束ねて直径10cm以内になる木材に限る
・板の場合は厚さが5cm以内かつ長さが50cm以内であれば排出可能

上記の通り、木材を可燃ゴミとして捨てる際は条件を満たしたうえで捨てなければなりません。条件は細かくありますが、条件に合うように切断することで大きな木材・枝木でも可燃ゴミとして捨てることが可能となります。

また、自治体によっては木材チップや剪定枝を資源ゴミとして回収している地域もあります。事前にお住まいの自治体のゴミ分別ルールと木材の取り扱いの定義について確認しておきましょう。

小さな角材も条件に合えば捨てることが可能ですが、クギ等の金属が刺さったままの状態では回収してもらえないため、注意が必要です。

条件に合う大きさに切り分けておけば可燃ごみとして捨てることができるんだね!

② 粗大ゴミとして回収してもらう

可燃ゴミの条件を超える大きさの木材は、粗大ゴミとして捨てることが一般的です。

粗大ゴミの回収は、申し込みをおこなって有料のゴミ処理券を購入し、対象品にシールを貼り付けて回収をしてもらいます。ゴミ処理券の料金は各自治体ごとに異なりますが、おおよそ200円〜500円程度が相場となっています。

事前に、自治体のホームページで粗大ゴミの申し込み先や処分費用・料金を確認をしておきましょう。

粗大ゴミとして木材を回収してもらうことは、費用を抑えて捨てることができるメリットがありますが、指定の回収予定日にスケジュールを合わせにくいのがデメリットです。

粗大ゴミサイズの大きな木材を回収指定場所まで自力で運ぶ必要もあるので、当日になって手間取らないように考慮しておくことも大切です。

③ 専門業者を利用する

1. 木材・樹木を買い取ってもらう

木材を買い取ってくれる業者がいることはご存じでしょうか。主に、建材取扱店や庭園業者、木材伐採事業を展開している業者、木材販売店などです。

このような専門業者は木材の取り扱いに慣れており知識も豊富にあり、個人宅に植えられている大型の木や木材板1枚からでも買い取り・回収をおこなってくれます。

植えられている樹木(立木・庭木)に関しては伐採から根の掘り起こし、伐採後の運搬まで対応してもらえるので、木を丸々1本処分したいという場合は積極的に利用した方がよいです。自宅内の木材でなくとも、所有している山にある伐採していない樹木などイレギュラーな木材に関しても買い取ってもらうことができます。

中には高額買い取りとなる木材もあり、杉(スギ)、欅(ケヤキ)、楓(カエデ)、楢(ナラ)、ブナなどの処分を検討されている場合は一度専門業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

近場に専門業者がいないという場合は自宅まで出張買取にきてもらえる業者がいるかどうかインターネットで探す必要があります。業者のホームページを確認し、どんな種類の木材の買い取りをおこなっているのか、買い取り対象となるエリアはどこなのかを調べてから買い取り依頼を検討しましょう。

しかし、木材を扱う業者の多くは回収した木材を加工・販売することが一般的な仕事の内容であるため、傷や汚れ、腐食などによって再利用できないほど状態が悪い木材は買取できないこともあります。

また、処分を踏まえた買い取りを依頼しても、必ずしも利益になるとは限りません。作業内容によっては作業・回収コストの方が多くかかってしまう場合も考えられるためです。

2. 引き取ってもらう・伐採してもらい処分する

処分を依頼できる業者にお金を払い引き取ってもらうことになります。場合によっては、伐採から対応してくれる業者もいるでしょう。

木材の処分費用のおおよその相場は「40~70円/1kg」となっています。木材の状態や樹木の種類によっては、扱う木材の重量も変化してきます。また、樹木の伐採費用の相場は5mの木で1.2〜1.5万円程度になるでしょう。

処分するものの量や大きさも大事なポイントですが、作業内容や運び出しなどの際の手間などによっても金額は異なります。「自力で伐採しておく」「根を掘り起こしておく」などできる限り事前の対応を行えれば回収費用も安く済むでしょう。

④ フリマアプリやオークションサイトに出品する

フリマアプリやオークションサイトを利用して自分で木材を出品することで買い手が付くこともあります。この場合、専門業者で買取してもらえなかった木材であっても、買い取ってもらえる可能性があるでしょう。

フリマアプリでは、自分で価格を設定して売却することができるのが大きなメリットです。オークションサイトの場合は自分で価格を設定することはできませんが、最低落札価格を決めて、その値段から落札競争をしてもらうことができます。

一方で、出品から配送・梱包など、多くの手間や時間がかかってしまいます。せっかく出品しても買い手が現れない可能性もあるので、急いで捨てたい・処分をしたいという場合には不向きです。

また、買い取り手がついたとしても買取価格よりも配送料金のほうが高くついてしまうことが考えられるため、郵送費・送料は落札者負担としておくか、赤字にならないように価格を設定しなければいけません。

個人間での売買となり手間こそかかりますが、購入希望者からするとリーズナブルな購入手段になるため需要も高いです。処分方法として検討してみるメリットは十分にあります。

⑤ リサイクルショップで買い取ってもらう

DIYなどの目的で購入した未使用品木材や天板などの扱いやすいものであれば、リサイクルショップで買い取ってもらえる可能性があります。キャンプで扱う薪なども同様です。

持ち帰りや運搬が比較的簡単な扱いやすいサイズの角材や板材であれば一定の需要があるかもしれません。基本的に綺麗でダメージが無ければ最適です。

単品の木材自体はそこまで価値があるものではないため、値は付かないものの無料であれば引き取ってもらえる場合もあるかもしれません。

⑥ リメイクする

木材をそのままゴミとして捨てるのではなくて、自分で小物などにリメイクして新しく再利用するという方法もあります。

スツールやサイドテーブル、飾り棚やラック、コースターなど木材を利用して作れる品物は数多くあります。

リメイクするためには道具をそろえる必要もありますが、「ゴミとして処分するのはもったいない」「DIYにチャレンジしてみたい」という方は、余った素材を利用してリメイクに挑戦してみてはいかがでしょうか。

木材を利用したDIYのアイディア投稿がされているWEBサイトもたくさんあるので、100均の材料だけでリメイクをする方法なども紹介されています。リメイクの参考として調べてみるのも面白いでしょう。

木材を廃材として処分するのではなく、新たな目的のために再利用することでサステナビリティな活動となり環境にも優しい処分方法となります。

⑦ 知人・友人や欲しい人に譲る

意外に木材を欲しいと思っている人はいます。DIYやキャンプなどの目的で活用することが多いでしょう。譲る相手を直ぐに見つけることができれば、費用や手間をかけずに無料で処分することになります。

ある程度は保存状態が良く、綺麗でそこそこ大きい板であれば、DIYをする人には喜んで貰っていただけるでしょう。また、キャンプで薪にするという目的で使用される分には、どんな木材でも引き取ってもらえるはずです。

木材の用途にもよりますが、状態の良し悪し関わらず何かしらの使い道はあるため、身近に欲しい人がいないか探してみると良いかもしれません。

⑧ 不用品回収業者に依頼する

最後にご紹介をするのは、木材を手っ取り早く簡単に処分できる不用品回収業者に依頼するという方法です。

不用品回収業者はその名の通り、不要な物を回収してくれる専門の業者となるので、不要な木材に関しても回収を依頼することができます。

不用品回収業者に依頼をすると、回収品の解体、分別、梱包、運搬まですべての作業をお任せできるのが最大のメリットです。処分をしたい木材が大量にあるという場合はぜひ利用したい処分方法です。

回収作業日時も依頼者側の都合で決められることが多いので、スケジュールを合わせるのが大変だというデメリットもありません。

ただし、回収費用がかかることは考慮しておきましょう。手間がかからないぶん、安価で処分ができる自治体のゴミ回収とは違い5,000円以上はかかることを想定しておく必要があります。回収する木材の量が多ければ多いほど費用は増額しますので予め把握しておきましょう。

しかしながら回収品が多いほどお得になる料金設定をしている業者も多いので、木材以外にも処分したい家具や家電があるという場合は一緒に処分を検討してみてはいかがでしょうか。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

木材の捨て方に関するお役立ち情報

【木材】の捨て方に関するお役立ち情報

ここからは木材を処分する際の注意点や買取の際のポイントなどのお役立ち情報を紹介します。

木材の処分方法を選ぶポイント

木材を捨てる方法はさまざまですが、どの方法にもメリット・デメリットがあります。自身のスケジュールや料金のかかり方も違うので、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

ここでは、木材を捨てる方法を選ぶポイントを紹介します。

対応方法処分買取手間時間費用感
可燃ゴミ可能無料
粗大ゴミ可能処理券代のみ
専門業者(処分)可能処分費用が掛かる
専門業者(買取)可能利益が出る場合あり
フリマ・オークション手数料が掛かる・利益が出る
リサイクルショップ可能無料・利益が出る場合あり
リメイク無料
譲渡無料
不用品回収業者可能処分費用が掛かる

時間の余裕がある時・手間をかけられる時

処分するのに時間や手間を割くことができるという方には、自治体で回収する可燃ゴミや粗大ゴミで木材を捨てるのがおすすめです。

可燃ゴミや粗大ゴミは、各自治体で決められた手順に沿ってゴミ出しをしたり、運搬は自力で行わなければいけないので手間や時間は多くかかってしまいます。

しかし、最終的には処分費用を大幅におさえることができる大きなメリットがあります。

ゴミとして捨てずに処分したい時

不要になった木材をできるだけ捨てずに処分したいと考えている方は、木材を買い取ってくれる専門業者や、オークションサイトやフリマアプリを利用してみてはいかがでしょうか。

木材を回収してくれる専門業者の多くはウッドチップなどに木材を再利用しているので、大切な資源を捨てずに有効活用してもらうことができます。DIYやSDGsが流行している現代では木材の需要も上がってきています。

専門業者に買い取りをしてもらえなかった場合でも、オークションサイトやフリマアプリに出品してみれば買い手が付くこともあります。どちらの方法も、処分費用がかからずに逆にお金が手元に入る可能性もあるのでメリットは非常に大きいといえるでしょう。

手軽に今すぐ木材を処分したい時

引っ越しの期限が迫っていたり、忙しくて木材の処分に時間も手間もかけられないという場合におすすめなのが、専門業者や不用品回収業者に費用を支払い処分をする方法です。

今すぐにでも木材を捨てたい場合、業者によっては申し込み当日に回収をおこなってくれる場合もあります。即日でなくとも、自分の都合のいいタイミングを選べるので、平日は仕事をしているという方でも安心です。祝日や年末年始でさえ回収に来てもらえます。

業者への依頼は電話1本であったり、申し込みフォームの入力さえ済ませてしまえば話が進むなど簡単で手軽なことが多いので、初めて専門業者や不用品回収業者を利用するという方でも気軽に申し込みができるのも嬉しいポイントです。

木材が大きかったり、量が多くて持ち運べないというときに、自宅内まで回収しにきてくれるサービスは非常にありがたいです。

やってはいけない木材の捨て方

「木材を処分したいけど、なるべくお金はかけたくない」「リサイクルショップやフリマアプリ・オークションでも値段が付かなさそう」という時に、自己流で木材を捨てる・処分することは非常に危険です。

誤った方法で木材を捨ててしてしまうと、近隣の方とのトラブルになったり、法律で罰せられる可能性もあります。

以下のような方法で木材を捨てることは絶対にしてはいけません。

自分で焼却処分する

可燃ゴミとして捨てることができる木材は、自分で燃やしてしまえばよいのではという考えが浮かぶかもしれません。

しかし、野焼きなどの野外焼却は法律で禁止されています。違反した場合は5年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金などの罰則が科せられてしまいます。

通報されなかったとしても、風で想像以上に燃え広がり煙の被害が出てしまうことがあります。火事の原因にもなりかねません。また、木材に釘や金属などが混じっていると、有毒ガスを発生させる危険性もあります。

野外焼却のなかには例外的に一部認められていることもありますが、臭いや煙の発生が原因による近隣とのトラブルや火事の危険性などもあるため、自己判断で木材を野外で焼却するのは絶対に止めましょう。

自治体により異なりますが、庭先のたき火やキャンプファイヤーなど日常生活を営む上で通常行われる行為は例外として認められるケースが多いです。火災と勘違いされないような状況にならないことが重要です。

不法投棄をする

木材を自宅外の土地に放置することは決しておこなってはいけません。こちらは不法投棄扱いとなり、罰則の対象となります。不法投棄をした場合には5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはその両方の刑に処するとされています。

また、業者を介して不法投棄をしたと見なされてしまう場合もあるので注意が必要です。木材の買い取り業者や不用品回収業者の中には、適切な木材の処分をおこなわずに不法投棄をする業者が残念ながら存在します。

この場合、間接的ではあるものの処分を依頼した側も罰則の対象となってしまう可能性があります。自分自身で不法投棄はしないことはもちろん、業者に依頼をする際も適切に処分をおこなってくれる業者か否かを見定める必要があります。

放置された木材からシロアリが発生し被害を広げる恐れもあります。放置されているだけではなくそこから問題が生じる可能性もあるため、十分に注意をしましょう。

産業廃棄物として出た木材の不当な処分

事業活動をしている中で出た木材は自治体のゴミとして処分することはできません。木材だけに限りませんが、事業活動に伴って出たゴミは産業廃棄物処理業者に処分を依頼しなければなりません。

産業廃棄物として木材を捨てる場合、自治体に問い合わせをして提携している許可業者を紹介してもらうか、産業廃棄物の処理専門業者を探すか、産業廃棄物処理運搬許可を得ている不用品回収業者に依頼をするか、いずれかで木材を捨てる必要があります。

家庭から出るゴミとは扱いが違うため、適切な処分方法を選ぶ必要があります。

ホームセンターでは木材の回収はしてもらえない

意外かもしれませんが、多くのホームセンターでは木材の処分や回収は受け付けていません。

販売をしているのに引き取ってもらえないの?』と思うかもしれませんが、お店側としても木材は扱っている商品の一つに過ぎず、そもそも製材店・材木店などではないためです。

昨今では、リサイクルや環境問題などの意識が高まってい来ているため、販売側にも回収する環境を求める動きは強くなっており、徐々に変化が生まれてきています。

ホームセンターで購入できるものの多くは回収されないものが非常に多く、ゴミとして処分しにくいものもとても多いです。購入をした後、将来的にどのように捨てられるか・処分できるかを購入者側も考えておく必要があります。

いらなくなった木材を捨てるなら『お助けうさぎ』におまかせ!

今回は木材の処分方法についてご紹介しました。

木材といっても捨て方もさまざまで、ゴミとして捨てることもできれば、買い取ってもらうこともできます。自分で再利用をすることも可能です。

木材を手軽に時間をかけずに捨てたいと思った時は『お助けうさぎ』の不用品回収サービスをご検討ください。

お助けうさぎは東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城を中心に不用品回収サービスをおこなっている会社です。

少量の木材でも、大量の木材でも回収可能です。回収に関わる作業はすべてお助けうさぎが対応いたしますので重たい木材を運搬しなければいけないという手間はかかりません。

木材の処分の他にも、粗大ゴミ回収・ゴミ屋敷清掃・遺品整理などあらゆるニーズにお応えいたします。

お助けうさぎの料金は分かりやすい定額パックをご用意しています。一番お得に処分できる金額でご提示いたしますので、余計な費用が掛かってしまうこともありません。

お問い合わせは24時間365日いつでも受け付けておりますので、まずはお見積もりだけという方もぜひお気軽にご相談ください。

お助けうさぎのサービスについて更に詳しく知りたい方はこちらの「マンガと動画でわかるお助けうさぎ」も併せてご覧ください。


見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

オオウチのプロフィール画像
オオウチ

1994年生まれ。不用品回収歴は5年で、これまでに30,000件以上の不用品回収・ゴミ屋敷の片付けを担当してきました。チームで協力して迅速かつ丁寧な作業を心掛け、お客様に見積もりの説明を行う際には、分かりやすさに重点をおいて説明をさせて頂いています。また、お助けうさぎのYoutubeチャンネルで撮影も行っていますので「お助けうさぎYoutube」で検索してみてください。

対応エリア

単品の回収でもOK!

回収可能な不用品一例

関連記事

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

見積り・相談はすべて無料です!

0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電話1本で

まずはお気軽にお問い合わせください!

見積り・相談はすべて無料です!

TOPページへ戻る