年中無休

営業時間: 09:00〜21:00

不用品回収・粗大ゴミ回収なら不用品回収業者のお助けうさぎ

電子レンジの処分方法8選|無料回収や引き取りについて詳しく解説

「電子レンジってゴミとして捨てられるの?」
「簡単に電子レンジを処分できる方法を知りたい!」
「壊れていないので処分をするのはもったいないな…」

電子レンジはキッチン用品の必需品ともいえる存在であり、誰しもが使用したことのある電化製品です。

しかし、壊れたりしない限り処分をするという機会はあまりないものでもあるため、いざ処分をしようと思った際には処分方法に悩んでしまうアイテムといえるでしょう。

電子レンジ自体もそこそこの大きさと重さがあるため、簡単には処分できず中々行動に移せない方も多いでしょう。

この記事では、電子レンジの処分方法や費用、注意点について解説していきます。

手間をかけずに簡単に処分できる方法もご紹介しますので、電子レンジの処分方法に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

この記事を読むと以下のことが分かります。

・電子レンジについて
・処分方法について
・費用やメリット・デメリットについて

電子レンジについて

電子レンジは、食料品を温めるための専用の電化製品としてキッチンになくてはならないアイテムとなっています。

時間を設定する、もしくはボタンを1回押すだけで、あらゆる料理が美味しく出来上がる画期的な調理器具といえるでしょう。電子レンジで温めるために開発された食品も数多く売りに出されています。

食品を温めたり、熱を加えるなどの調理方法が可能であるため、調理の時短にも役立つものとなっています。

仕組みと基本構造

電子レンジはマイクロ波と呼ばれる電波を利用して加熱する仕組みとなっています。食品にマイクロ波をあて、食品内の水分子を振動させることにより熱が発生し食品が温まります

電子レンジの中を覗いてみると、どの製品も同じような作りになっていることが分かります。これはステンレスや金属で内部を覆い、電波が漏れ出すことを防止しているためです。

電波が発生するなんて危険ではないのかと心配の声が上がることもありますが、電子レンジの構造上、一般的な用途であれば安全に使用するが可能なので安心です。

しっかりとした安全対策が施され、食品に悪影響を及ぼさない仕組みとなっているので、取り扱い説明書に記載されている正式な使用方法さえ守れば危険なことはありません。

やってはいけない使用方法

安全に利用できる製品だとお伝えしましたが、使用方法は必ず守る必要があります。

どのメーカーの製品でも取扱説明書に注意点が記載されているのでよく読み、理解をしたうえで使用することが大切です。

電子レンジを使用するうえで、やってはいけない使用方法の例を一部ご紹介します。

・卵を加熱してはいけない
・耐熱性のない食器を加熱してはいけない
・金属製の素材が使われているものを加熱してはいけない
・加熱しすぎない

上記のように、電子レンジでは使用してはいけない食品食器(容器)が存在します。誤って加熱をしてしまうと破裂したり、発火したりと非常に危険なので絶対にやめましょう。

また、電子レンジの置き場所にも注意が必要です。落下を防ぐために水平で安定している場所に置くこと、排気口を塞がないように壁に密接した状態で置かないこと、などがあげられます。

便利な電化製品ではありますが一歩間違えると大事故に繋がりかねないので、使用前に必ず取扱説明書を熟読しておきましょう。

種類と機能

電子レンジは用途別に種類を選ぶことが可能です。どのような調理をしたいのかが重要なポイントとなってきます。

単機能レンジ

食品を温めることのみに利用できる電子レンジです。調理の時短が目的であったり、温める以外のことに使用する予定がなければこちらのレンジで十分事足ります。

ワット数の設定ができるつまみと、温め時間の設定ができるつまみ、もしくはボタンのみが付いているシンプルな見た目の製品が多いです。

オーブンレンジ

レンジとオーブンの機能が一体になり、温める機能だけでなく食品を焼くグリル機能が付いた電子レンジです。

グリル機能を使用することで食品に焼け目をつけることが可能であり、肉やグラタン、ピザなどを焼くときに重宝します。

加えてオーブン機能も付いているので、洋菓子やパン作りなど生地を発行させるための温度調整にも役立ちます。

スチームオーブンレンジ

上記のオーブンレンジの機能だけでなく、さらにスチーム機能も搭載された電子レンジです。水蒸気を利用して調理ができるので、蒸し料理に使用することが可能です。

スチームとオーブンが組み合わさったことにより、洋菓子やパンの生地がしっとりふっくらした仕上がりになることが期待できます。

様々な機能が存在している電子レンジですが、基本的に多機能なものになるほど販売価格も高くなり高価なものとなってきます。

寿命と処分時期

電子レンジの平均的な寿命は10年とされています。使用頻度にも左右されるので一概には言えませんが、あまり使用していないのであれば10年以上使い続けることも可能です。

ただし、まだ10年経っていなくとも寿命が近づいているかどうかは常に気にしておく必要があります。

前述の通り電子レンジは使用方法に細かくルールが定められており、安心とはいえない状態で使用を続けると大事故に繋がりかねない危険なものでもあるのです。

以下のような異常が出た場合は速やかに使用を中止し、故障や寿命を疑ってください。

・購入時よりも温まりづらい
・異音 / 騒音がする
・異臭がする
・操作通りの動作をしない
・使用中に火花が散る

少しでも異変を感じた場合は取扱説明書を確認し、必要であればメーカーに問い合わせをしましょう。保証期間内であれば無料で修理をしてもらえる場合があります。

保証期間外であっても修理が可能な場合はありますが、高額な費用が掛かってしまうことがあるので買い替えたほうが良いというケースもあります

また、電子レンジの部品のメーカー保有期間は製造から8年となっているので、製造日が8年前の電子レンジはそもそも修理が不可能となります。

修理ができるのかどうか、買い替えた方がコストパフォーマンス的に良いのかどうかを確認して、処分すべきかどうか検討しましょう。

何ゴミに該当するのか?

電子レンジを処分するとなった場合に「自治体の回収するゴミとして捨てられるのかどうか」という疑問が生まれるかと思います。

基本的に「粗大ゴミ」として分類され自治体の回収するゴミとして捨てることが可能です。ごく稀に「不燃ゴミ」として分類している自治体もあるため、まずは自治体の設定しているゴミの分別方法を確認しておくことが大切です。

電子レンジという名称で捨てられ方が決められていたり、30cmを超えるゴミはすべて粗大ゴミであると定められていたりと自治体ごとにルールが異なります。

粗大ゴミとして処分する方法、不燃ゴミとして処分する方法、いずれも次項でご紹介いたしますので参考にしてみてください。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電子レンジの処分方法8選

電子レンジを処分するには、以下の8つの方法があります。

① 粗大ゴミとして処分
② 不燃ゴミとして処分
③ 家電量販店に処分を依頼する
④ ホームセンターに処分を依頼する
⑤ リサイクルショップで売却する
⑥ フリマアプリで売却する
⑦ 知人・友人に譲る
⑧ 不用品回収業者に処分を依頼する

ここでは、それぞれの処分方法について詳しく解説していきます。電子レンジの処分に悩んでいる方は、8つの処分方法の中から自分に一番合った方法を探してみましょう。

① 粗大ゴミとして処分

前述の通り、電子レンジは基本的に粗大ゴミとして捨てることが可能です。

粗大ゴミとは家庭から排出される大型のゴミのことを指します。ゴミのサイズが30~50cmを超える場合に大型と判断されることが多いです。大型ゴミ、連絡ゴミなどと呼称されることもあります。

粗大ゴミはゴミ集積所に出しておけば自動で回収してもらえるものではなく、事前に申し込みが必要となります。

申し込みは電話、インターネット、役所窓口などで行われていますが、自治体により方法が異なるので、まずは自治体のホームページを確認して申し込み方法を調べましょう。

また、粗大ゴミの回収は有料です。申し込みの際、もしくは申し込み後に料金を支払うこととなるので電子レンジの回収に費用がいくら掛かるのかを確認しておくことも大切です。

以下は一例です。

自治体回収費用
宮城県仙台市800円
東京都世田谷区800円
東京都三鷹市400円
東京都西東京市500円
愛知県名古屋市1,000円
福岡県北九州市300円

申し込みと支払いが完了したら後は回収してもらうのを待つだけですが、回収は屋外で行われます。

自宅玄関先、集合住宅の場合は1階入り口周辺の道路脇、もしくはゴミ集積所など排出場所を指定されますので、回収日当日の朝(指定時間)に出しておきましょう。

出す際に電源コードが邪魔になってしまわないよう束ねて電子レンジの側面にテープなどで貼り付けておくと安心です。

電子レンジは10~15kgもの重さがあります。サイズが大きいものだと25kgを超えることもあるので、屋外に運び出す際は無理に1人で運ばず、家族や友人に協力してもらうことをおすすめします。

② 不燃ゴミとして処分

数としては少ないものですが、自治体の回収する不燃ゴミとして捨てても良いとされている場合もあります。

不燃ゴミであれば、粗大ゴミのような申し込みが不要であり回収費用も掛かりません。

以下は不燃ゴミとして電子レンジの回収をおこなっている自治体の一例です。

自治体分別区分
東京都町田市燃えないごみ
※指定ゴミ袋に入らない場合は粗大ゴミ
神奈川県茅ケ崎市燃やせないごみ
※50cmを超える場合は大型ゴミ
埼玉県さいたま市もえないごみ
※90cmを超える場合は粗大ゴミ
富山県富山市燃やせないごみ

上記のように、「不燃ゴミとして出せるが大きすぎる場合は粗大ゴミとなる」といった特別なルールが定めてある可能性があるので、そもそも不燃ゴミとして捨てても良い地域なのかを確認するとともに、別途ルールがあるのかどうかも確認しておきましょう。

また、粗大ゴミで処分する時と同様に、電源コードが邪魔にならないよう束ねて固定をしておくことをおすすめします。ゴミ集積所に出した際に、他の方がコードにつまずいて怪我をしてしまうという危険性もありますので注意しましょう。

自治体によっては不燃ゴミとして回収してもらえることもありますが、多くの自治体では粗大ゴミの対象とされているため、間違った方法で処分を進めないように注意しましょう。

③ 家電量販店に処分を依頼する

新しい電子レンジの購入を検討しているという方は、家電量販店の不要家電回収サービスを利用することをおすすめします。

すべての店舗で行われているわけではありませんが、大手家電量販店であれば回収を実施している可能性が高いので、新しい電子レンジを購入する際に確認をしてみましょう。

回収方法については郵送または店頭直接回収が基本的です。また、回収は基本的に有料となります。

以下は一部店舗の例です。

店舗名回収費用
エディオン550円
ヤマダデンキ1,100円
ビックカメラ1,958円
ケーズデンキ2,200円
ヨドバシカメラ2,200円
ノジマ無料(会員クーポン利用の場合)

多少費用は掛かりますが、新しい電子レンジを購入するのと同時に古い電子レンジを処分できるので非常に助かります。

店舗スタッフに自宅まで受け取りにきてもらうよう希望を出せる場合もありますが、その場合は回収費用とは別に出張費用が掛かる可能性があるので注意しましょう。

買い替えについて

電子レンジの場合、基本的に新たな製品を購入すれば古い製品を無料で回収してもらえるということはありません。一般的な「買い替え」とは異なり、処分には必ず費用が掛かる場合が多いため注意しましょう。

しかし、家電量販店等ではキャンペーンを打ち出していることがあり、場合によっては新たな電子レンジの購入に合わせて古い電子レンジを無料で回収してくれる場合もあります

また、古い電子レンジの下取りを行っている場合もあります。この場合には、下取り対象となる電子レンジの製造年数によって可否が別れたり、下取り金額が変化しますので注意しましょう。

④ ホームセンターに処分を依頼する

家電量販店と同様の流れとなりますが、ホームセンターでも電子レンジの購入と同時に古い電子レンジの回収を行っている場合があります。

ホームセンターで処分が可能な場合の多くは買い替えとなるため、結果的に無料での回収となることがほとんどです。

回収を実施している店舗数は家電量販店よりも少ない傾向ですが、回収費用をおさえたいという場合は検討してみてはいかがでしょうか。

以下は回収をおこなっているホームセンターの一例です。

店舗名
カインズコメリ
島忠ホームズビバホーム

電子レンジをホームセンターで購入する機会は少ないかもしれませんが、特にメーカーにこだわりがなく最低限の機能さえ使用できれば問題ないという場合は、お近くのホームセンターで買い替えを検討してみると良いでしょう。

ただし、回収方法は基本的に店頭での受け渡しとなるので、店舗まで電子レンジを持っていける人に限り利用ができるかたちとなっています。

回収を実施している店舗数が限られているので、購入したい製品を選ぶよりも先に古い電子レンジの回収が可能なのかどうかを確認しておきましょう。

⑤ リサイクルショップで売却する

まだ使える電子レンジの場合はリサイクルショップで売却することができます。売却であれば処分費用は掛かりません。また、売却したお金は臨時収入になります。

電子レンジを売却する場合は、売却前に綺麗に掃除をしておく、付属品や取扱説明書、外箱などもすべてセットで売りに出すと高く売れますので覚えておきましょう。

また、製造されてから日が浅い電子レンジや、有名なメーカーの電子レンジの場合は高額で買い取ってもらえる可能性が高いです。オーブンレンジやスチームオーブンレンジなど多機能電子レンジも買取価格に期待ができます。

逆に、使い古した電子レンジの場合は買取を断られる可能性があります。製造されてから10年以上経過しているものは機能的にも需要が少なく、部品保有期間が過ぎていることから修理することなどもできないため買取には向いていません。

不安な場合はリサイクルショップのホームページにあるインターネット上の簡易査定を利用しましょう。メーカーや型番などを入力して買取価格の目安を調べることが可能です。

製造年数が古すぎるもや、壊れている箇所がある電子レンジは買い取ってもらえないため、予め頭に入れておきましょう。

⑥ フリマアプリやネットオークションで売却する

フリマアプリやネットオークションを活用して売却することもできます。

代表的なアプリやサイトには以下のようなものが挙げられます。

・メルカリ
・ラクマ
・PayPayフリマ
・ヤフオク

こちらの売却方法であれば製造年数に関係なく売りに出すことが可能です。リサイクルショップで買い取りを断られてしまった場合でも、フリマアプリやネットオークションであれば売れたというケースは多数あります。

ただし、見た目の綺麗さはとても重要です。少しの汚れであれば目を瞑ってくれる可能性はありますが、明らかに汚れている、衛生的に良くない状態だと見受けられる場合は落札してもらえないでしょう。

また、故障しておらず正常に動作することも重要なポイントです。売りに出す前に、まずは動作に問題がないかどうか自分自身の目で確認をしておきましょう。

見た目や動作に関して少しでも懸念点があるようであれば、出品情報を記載する欄に正直にその旨を記載しておく必要があります

フリマアプリやネットオークションでの売買は個人間でおこなわれます。誠実で配慮ある対応を心掛けなければトラブルに発展する可能性があるので注意しましょう

出品をする前に規約をしっかりと確認しておくことと、売れた後の郵送方法についても考えておきましょう。いざ買い手が現れた際に交渉に手間取らないために準備しておくことが大切です。

⑦ 知人・友人に譲る

身近な人に電子レンジを欲しい人がいる場合には譲るという方法も選択できます。

一人暮らしを始めようと思っている方や始めたばかりの方であれば、家具や家電を探している可能性があるので声をかけてみてはいかがでしょうか。

この場合、電子レンジが正常に使える状態であることが大前提となるので、譲る前に動作確認は行っておきましょう。衛生面も考慮して綺麗に掃除しておくことも大切です。

そこまで可能性が高いとはいえない方法ですが、自分にとっても相手にとってもメリットのある嬉しい方法なので行動してみる価値はあります。

電子レンジは新品で買おうと思うとそれなりの価格となるので、それを無料で譲ってもらえるというのであれば喜んで手を挙げてくれる人がいるかもしれません。

⑧ 不用品回収業者に処分を依頼する

今すぐ電子レンジを処分したいという場合や、電子レンジの他にも合わせて処分したいものがあるという場合は、不用品回収業者に依頼して回収してもらう方法を検討してみましょう。

不用品回収業者は家電や家具など不要になったものを何でも一括で回収してくれる便利な業者です。申し込みも簡単であり、早ければ申し込み当日中に回収を実施してくれることもあります。

また、電子レンジがまだ使用できる状態なのであれば買取サービスを実施している業者へ依頼をしてみましょう。買い取り金額は回収費用から差し引いてくれるので、電子レンジのほかにも買取できるものがあれば回収費用を安くおさえることが可能です

そもそも回収費用が掛かってしまうことが気になるという場合は、複数の業者に見積もりを出してもらい自分が納得のいくかかくで回収してくれる業者を探してみてください。

他社の見積もり書を見せることで値引き交渉ができる場合もあります。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

処分費用の比較

物を処分するという場合には、やはり気になるのが出費・費用面かと思います。

今回ご紹介した電子レンジの処分方法ごとに掛かる費用について表でまとめましたので参考にしてみてください。

処分方法無料処分費用
粗大ゴミ300~1,500円
不燃ゴミ無料
家電量販店550~2,200円
※買替時は無料
リサイクルショップ無料
※売却できた場合
フリマアプリ
ネットオークション
無料
※売却できた場合
人に譲る無料
不用品回収業者3,000円~

電子レンジは条件さえあえば無料で処分することが可能です。

お住いの地域のゴミ出しルールや、電子レンジの状態によっても条件が左右されるので、費用面と条件を照らし合わせて処分方法を検討してみてください。

メリット・デメリットの比較

続いて、各処分方法のメリットとデメリットを比較してみましょう。

処分方法メリットデメリット
粗大ゴミ・低価格で処分可能
・申し込み手順が確立されており安心
・屋外に運ぶ必要がある
・手続きに手間がかかる
不燃ゴミ・処分費用がかからない・屋外に運ぶ必要がある
・処分可能な自治体が限られる
家電量販店・無料回収可能な店舗もある
・郵送回収可能な店舗もある
・買い替える必要がある
・店舗によっては費用がかかる
リサイクルショップ・処分費用がかからない
・高値で売却できる可能性あり
・売却できないこともある
フリマアプリ
ネットオークション
・処分費用がかからない
・古い電子レンジでも売却可能
・買い手がつかないこともある
・トラブルが起きる可能性がある
人に譲る・処分費用がかからない
・喜んでもらえる
・相手が見つかる可能性は低い
不用品回収業者・即日回収可能な場合もある
・買取してもらえる可能性がある
・回収費用がかかる

それぞれの処分方法を比較すると、手間や時間、費用がどのくらい掛かるかという部分が大きく異なることが分かります。

時間に余裕がある、多少であれば手間が掛かっても良いという場合は、粗大ゴミ回収や売却といった方向で検討してみましょう。

費用がある程度掛かったとしても少しでも早く手軽に処分したい場合は、不用品回収業者のサービスを活用して処分することをおすすめします。

小型家電リサイクル法との関係性

電子レンジは小型家電リサイクル法の対象品目とされています。

「小型家電リサイクル法」とは、電化製品に使用されている金属の再資源化を目的として定められた法律です。この法律上で対象とされている製品はゴミとしてではなくリサイクルをすることが推奨されています

家庭で使用している小型の電化製品のほとんどが対象とされており、自治体側でリサイクル専用の回収をおこなっています。よくあるケースは小型家電回収ボックスを利用した回収です。

しかし、電子レンジは対象品目といえど小型にはならないサイズであり、小型家電回収ボックスに入らない大きさとなってしまいます。それゆえに、粗大ゴミ回収を利用してほしいというルールが定められています。

ゴミとして捨てるのはもったいない、リサイクルをして欲しいという場合は、家電量販店の回収を利用するか不用品回収業者への依頼を検討しましょう。

小型家電リサイクル法に該当する中規模のサイズの家電は、販売店側で処分回収の努力義務が課せられています。そのため、基本的に該当製品を販売している店舗では、処分を有料で受け付けています。

電子レンジをすぐ処分したいなら不用品回収業者がおすすめ

今回は電子レンジの処分方法に関する情報をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

電子レンジは状態さえ良ければ売ったり譲ったりすることが可能です。費用を掛けずに手放すこともできるため、メリットの大きい処分方法を検討してみてください。

壊れた電子レンジの処分には粗大ゴミ回収や各種店舗回収、不用品回収業者の利用などが向いています。特に電子レンジをすぐに処分したいという時は、自分の都合の良いタイミングで回収してもらえる不用品回収業者を利用しましょう。

電子レンジをはじめとする電化製品の回収、そのほか家具や大型家電、日用品、普通ゴミにいたるまで何でも回収をすることが可能です。壊れていない電子レンジに関しては買取をさせていただくことも可能です

お助けうさぎは東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城を中心に不用品回収サービスをおこなっている会社です。家具・生活雑貨等だけでなく、様々なものが回収可能でございます。

不用品回収の他にも、粗大ゴミ回収・ゴミ屋敷清掃・遺品整理などあらゆるニーズにお応えいたします。ハウスクリーニングにも対応しておりますので、回収のついでに清掃をしてほしいというご要望にもお応えできます。

お助けうさぎの料金は分かりやすい定額パックをご用意しています。一番お得に処分できる金額でご提示いたしますので、余計な費用が掛かってしまうこともありません。

お問い合わせは24時間365日いつでも受け付けておりますので、まずはお見積もりだけという方もぜひお気軽にご相談ください。ご相談やお見積もりは無料でおこなわせていただいております。

お助けうさぎのサービスについて更に詳しく知りたい方はこちらの「マンガと動画でわかるお助けうさぎ」も併せてご覧ください!

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

オオウチのプロフィール画像
オオウチ

1994年生まれ。不用品回収歴は5年で、これまでに30,000件以上の不用品回収・ゴミ屋敷の片付けを担当してきました。チームで協力して迅速かつ丁寧な作業を心掛け、お客様に見積もりの説明を行う際には、分かりやすさに重点をおいて説明をさせて頂いています。また、お助けうさぎのYoutubeチャンネルで撮影も行っていますので「お助けうさぎYoutube」で検索してみてください。

関連記事

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

見積り・相談はすべて無料です!

0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電話1本で

まずはお気軽にお問い合わせください!

見積り・相談はすべて無料です!

TOPページへ戻る