年中無休

営業時間: 09:00〜21:00

不用品回収・粗大ゴミ回収なら不用品回収業者のお助けうさぎ

たこ焼き器の処分方法7選|無料回収や引き取りについて詳しく解説

家電量販店やバラエティショップなどでも安いものであれば1000円以下の安価で購入できる為、家にあるという人も多いたこ焼き器。コロナ渦のおうち時間を過ごす時のささやかな楽しみなどにも活躍したのではないでしょうか?

そんなたこ焼き器もいずれは消耗し、壊れたり焦げ付きがひどくなり使えなくなる時がやってきます。
大小さまざまで形状も異なるたこやき器の処分方法は悩む人も多いはずです。
今回はそんなたこ焼き器のおすすめの処分方法と、メリット、デメリット、注意点などについてご紹介していきたいと思います。

たこ焼き器の種類

たこ焼き器というとホットプレート式の物をイメージする方が多いかもしれませんが、実はたこ焼き器にはさまざまな種類があります。処分方法にも大きくかかわって来ますので、まずはたこ焼き器の大まかな種類について確認していきましょう。

電熱式

一般的に一番イメージしやすい家庭でよく使われるコンセント式のタイプです。たこ焼き器単体の物もあれば、ホットプレート式で鉄板だけを入れ替えるタイプなど色々な種類があります。
家電量販店や、バラエティショップなどで安価で売られているたこやき器もこの電熱式タイプに分類されます。
火力は低いですが、テーブル上で使えるのでホームパーティーなどで大活躍します。
電源コードや蓋など付属品が多いため、処分する時には分別を気にする必要があります。また、サイズも小さいものから大きいものまで様々なのでお手持ちの物によって向いている処分方法も変わってきます。

鉄板式

ガスコンロやIHの上にのせて使う鉄板のみのタイプのものです。電熱式と違い、キッチンでしか使えず、火力もずっと同じ状態が続くわけではないので使いこなすのに多少経験とコツが必要になります。
鉄板のみなので処分する時も分別などの必要もなく、一番処分しやすいタイプです。

ガス式

お店などで使用される事の多い、ガス管を繋げて使用するタイプの本格的なたこ焼き器。値段もそこそこ高価なので自宅で使用しているという人は少ないかもしれませんが一般販売もされています。
直接ガス管をつなぐため非常に火力が強く、短時間で本格的なたこ焼きを焼き上げる事が出来ます。
他のたこ焼き器に比べると非常に大型になるので一般ゴミとして処分するのは難しくなります。

カセットコンロ式

こちらもテーブルの上などで使えるのでホームパーティーなど家でも使用しやすいタイプのたこ焼き器です。カセットコンロ式なのでガスボンベが必要になります。電熱式と違い、火力は強いですがガスが切れそうになると弱まってくるなど必ずしも一定の温度で焼き上げる事ができないことと、火を使うので小さなお子様がいる場合は注意しないと危険です。
処分する時は必ずガスボンベを外す事を忘れないようにしましょう。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

たこ焼き器のおすすめの処分方法7選

種類や大きさによっておすすめの処分方法も異なってはきますが、まずはざっくりとたこやき器のおすすめの処分方法から一緒にチェックしていきましょう。

自治体のゴミ回収の日に出す

一番私達の生活に密接していてなじみの方法といえば、自治体のゴミ回収ですよね。もちろん、たこ焼き器もサイズが小さければゴミの回収に出す事は可能です。

ただし、お住まいの自治体により分別が異なったり、サイズによっては粗大ゴミになってしまうもの、使われてる素材やパーツを分別しなくてはならないなど、細かいルールが多いのも自治体のゴミ回収の特徴でもあります。
まずはお住まいの自治体でのたこ焼き器の分別や捨て方をホームページやお問い合わせから確認してみましょう。

一部の地域でのたこ焼き器の捨て方を表にしてみました。

地域分別
大阪府大阪市普通ゴミ (電気式以外のたこ焼き器)
※ただし最大の辺が30cmを超えたものに関しては粗大ゴミ。
神奈川県横浜市30㎝未満のものは小さな金属類
ガラス製の蓋は燃えないごみ
※ただし一番長い辺が金属製は30センチ、それ以外のものは50cmを超えた場合は粗大ゴミ。
高知県高知市たこ焼きの鉄板は金属ごみ
千葉県船橋市不燃ごみの指定袋に入るものは不燃ごみ
※袋からはみ出してしまうものは粗大ごみ
群馬県高崎市不燃ごみの指定袋に入るものは不燃ごみ
※袋からはみ出してしまうものは粗大ごみ

たこ焼き器の種類によっては、ガラス製など、本体とは違う蓋がついている場合がありますが蓋がガラスの場合は本体とは別の方法で処分しなくてはならないなど、自治体によりルールも分別方法も変わってきます。
きちんとした分別方法を知りたい場合は、やはりお住まいの地域の自治体へ聞いてみましょう。

粗大ゴミとして処分する

自治体によって条件は異なりますが、1辺の長さが大体30~50cmを超えたたこやき器は粗大ゴミとしての扱いになります。粗大ゴミの場合は、自治体のゴミの日のように毎週決まった曜日に回収があるわけではないので、自分で粗大ゴミ収集センターへ電話をするか、インターネット上から申し込む必要があります。

まずは粗大ゴミ回収までの流れを確認してみましょう。

粗大ゴミの回収申し込み方法

・自治体のホームページ、またはお住まいの地域の粗大ゴミ収集センターへ電話をし粗大ゴミの回収を申し込みましょう。粗大ゴミの収集には2種類の方法があり、戸別回収として自宅前まで回収しに来てもらえる方法と、粗大ゴミ収集センターへ直接車などで搬入する方法があります。
どちらもまずは申し込みが必要になりますので問い合わせをし、たこ焼き器を粗大ゴミとして収集してもらうための【日にち、粗大ゴミ収集に必要な番号、処分費用の金額】を確認しましょう。
基本的には有料での引き取りになるので、ここで聞いた3点は必ず忘れないようにメモしておきましょう。

・回収日もしくは持ち込みの日が決まったら、前日までに指定販売店にて粗大ゴミ収集券を購入しましょう。コンビニや地元の商店などでも取り扱っている場所が多く、自治体のホームページなどでも販売店の確認は出来るのでチェックしてみましょう。
粗大ゴミ収集券を購入したら、番号を記入し回収日当日を待ちましょう。

・粗大ゴミ収集当日になったら、粗大ゴミとして処分したいたこ焼き器にあらかじめ番号を記入しておいた粗大ゴミ収集券を貼り付け、朝8時半までに指定場所へ出しておく、もしくは回収日当日指定時間までに粗大ゴミ収集センターへ直接搬入をすればたこ焼き器の処分の完了です。

自治体でのゴミ回収と違い、粗大ゴミとして処分する時は分別をする必要がなくそのままの形で処分する事ができます。回収までの日数はおおよそ1週間~2週間程度かかることもありますが、分別を気にしなくていいという点では気軽に処分する事が可能です。

回収依頼方法の部分でも少し触れましたが、たこ焼き器にかぎらず粗大ゴミの収集は基本的に有料になります。
一概にこの値段というのは言う事ができず、かかってくる費用は自治体によってさまざまです。
例として一部の地域での粗大ゴミの回収にかかる費用をご紹介します。

地域粗大ゴミ収集の料金
東京都足立区400円
東京都渋谷区400円
神奈川県川崎市最長辺が30cm以上50cm未満で全部または一部が金属のもの…200円
最長辺が50cm以上180cm未満のもの…500円
宮城県仙台市400円
大阪府大阪市200円

大きく処分費用が異なる事はありませんが、地域で見ると相場は200円~500円程度が多いようです。
とはいえ、地域によって値段は必ず異なりますので回収申し込み時にきちんと確認しておきましょう。

小型家電リサイクルボックスで回収してもらう

平成25年4月~小型家電リサイクル法という法律が施行されました。お住まいの市町村や、たこ焼き器の種類によってはこの「小型家電リサイクル法」の対象品目に該当します。
お住まいの自治体によっては使用済み小型家電リサイクル用の回収ボックスが設置されている場合がありますので、是非積極的に活用する事で環境も守られます。その地域に住んでいる人であれば無料で利用することができるので経済的負担もありません。

小型家電リサイクル法とは

平成25年4月1日に施行され、使用済みの小型家電に使用されているベースメタル(鉄や銅など)貴金属(金や銀など)「レアメタル(希少な金属)などのさまざまな有効資源を適切な処理をして再利用するための法律になります。
自治体や家電量販店に設置されたリサイクルボックスに不要になった対象の小型家電を入れる事で、専門の業者が家電に使われている有害な物質の適切な処理や、まだ使える資源を有効活用できるように再利用し、廃棄物の量を大幅に減らすために各所で協力を呼び掛けています。
ただし、設置されているリサイクルボックスに入れられるサイズには限りがあります。小型のものでないとボックスの口に投入する事ができませんのでお近くのリサイクルボックスの口の大きさを確認しておきましょう。

フリーマーケットで販売する

未使用であったり、綺麗な状態のものであればフリーマーケットなどで販売する手もあります。地元のフリーマーケットや、幼稚園や小学校などで行われるものなどさまざまありますが小さなたこ焼き器だとしても、お子様が居る家庭からの需要はかなり高いので販売できる可能性は十分にあります。
コロナ渦でなかなか行われなかったフリーマーケットも最近では徐々に開催され始めています。安ければ1区画500円程度で気軽に参加する事も出来るので、是非検討してみてはいかがでしょうか。

フリマアプリで販売する

不用品処分の定番となっているフリマアプリでの販売もたこやき器の処分方法には外せません。こちらも未使用であったり美品の場合であれば販売できる可能性は一気に高まります。
是非活用してみましょう。
ただし、実際に行われるフリーマーケットでの対面販売とは異なりインターネット上での画像だけでの販売になるので、詳細を詳しく記入したり傷などがある場合はきちんと記載しておかないと後々トラブルに繋がりかねませんので注意しましょう。

地域の掲示板を利用する

地域の掲示板で無料でもらってくれる人を探してみるという方法もあります。特に夏祭りや文化祭、バザーなどのシーズンはたこ焼き器は大変需要が高まります。子供会などのイベントでも活用できる為、季節によってはすぐに譲り先が決まる事もあります。逆にオフシーズンの場合は掲示板で募集をかけてからしばらく譲り先が決まらないという可能性も考えられますので、急ぎの場合は他の方法を探すか需要の高まる夏~秋にかけてのシーズンを狙うなど工夫する事も必要です。

不用品回収業者に依頼する

最後にご紹介するのは、近年人気が高まっている不用品処分方法である、不用品回収業者への依頼です。
不用品回収業者というだけあってプロへの依頼なのでお任せで全て完結するのが最大の強み。最短で、問い合わせ当日中には処分可能なスピーディーさも人気のポイントです。
分別など面倒な手間もなく、お店や業者で使用していたたこ焼き器でも問題無く引き取ってもらう事ができます。
たこ焼き器だけでなく、まったく関係の無い不用品を複数引き取ってもらいたい時に便利なパック料金なども設定されています。まとめて家をすっきりさせたい時や、分別がむずかしい場合は不用品回収業者がおすすめです。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

たこ焼き器の処分方法別のメリット、デメリット、向いている種類

7種類のたこ焼き器のおすすめの処分方法をご紹介してきましたが、方法別のメリットやデメリット、向いている種類を表で一覧にしてみたので見比べて、お手持ちのたこ焼き器に向いている処分方法を探してみましょう。

処分方法メリットデメリットおすすめの種類
自治体のゴミ回収の日に出す。・回収日が決まっている。
・タイミングがあえば一週間以内には処分できる。
・地域によっては専用のゴミ袋を用意する必要がある。
・分別が必要。
・自分の住んでいる地域の分別を調べなくては行けない。
・捨てられるサイズに限りがある。
電熱式
鉄板式
カセットコンロ式
粗大ゴミとして処分する。・分別の必要が無い。
・そのままの状態で処分する事が可能。
・どんな種類でも捨てる事が出来る。
・自分で申し込みをしなくてはいけない。
・タイミングによっては2週間ほど回収まで時間がかかる。
・有料での処分になる。
全種類
小型家電リサイクルボックスで回収してもらう。・地球環境を考えた処分方法である。
・無料で処分する事が出来る。
・回収ボックスまで持ち込まなくてはいけない。
・回収できる大きさが決まっている。
・回収できる種類が決まっている。
電熱式
フリーマーケットで販売する。・他の不用品も一緒に処分する事が出来る。
・出店する為の費用は必要だが、販売点数によっては十分に元を取る事が出来る。
・自分で搬入、販売する必要があるのであまり大型の物はむかない。
・当日販売できなければ持ちかえって来なくてはならない。
電熱式
カセットコンロ式
フリマアプリで販売する。・スマホ一つで出品から販売まで全て完結する事が出来る。
・自宅で全てできるので隙間時間を利用して販売する事が出来る。
・利用ユーザーが多いので、購入してもらえるチャンスが段違い。
・ある程度手間がかかるので初心者にはハードルが高い。
・希望価格を値切られる可能性もある。
・ネット上でのみのやりとりになるのでトラブルも少なくはない。
電熱式
カセットコンロ式
地域の掲示板を利用する。・時期によっては需要がとても高い。
・無料で譲るか、有料で販売するかは自分で選ぶ事ができる。
・直接の取引になるのでトラブルに巻き込まれないように細心の注意が必要。
・サイズによっては持ち運ぶ時に車が必要。
全種類
不用品回収業者に依頼する。・24時間いつでも依頼できる。
・急ぎの時でも当日中に回収してもらえる。
・事前準備が何もいらない。
・他の不用品も一気にまとめて引き取ってもらう事ができる。
・事務所や店舗で利用していた物でも回収が可能。
・パック料金がある。
・たこ焼き器単品での処分を検討している時はかかる費用が高い。
・信頼できる業者を見極める必要性がある。
全種類

処分費用相場

処分方法を決定するのには、費用も大変大事な項目になってくると思います。それぞれの費用もまとめてみました。
先ほどのメリット、デメリットと合わせて納得いく方法を選択しましょう。

処分方法処分にかかる費用の相場
自治体のゴミ回収の日に出す。無料
粗大ゴミとして処分する。200円~500円程度
※自治体によって異なる。
小型家電リサイクルボックスで回収してもらう。無料
フリーマーケットで販売する。安ければ出展料の500円程度
※販売できれば逆にプラスになる可能性もあり
フリマアプリで販売する。出品は無料だが販売手数料、送料などがかかる。
※販売できれば+300円~好きな値段。
地域の掲示板を利用する。無料
※販売を選択した場合は好きな値段
不用品回収業者に依頼する。パック料金8,800円~
※回収品に買取可能品があった場合は相殺あり。

表だけ見ると無料~8,800円で、不用品回収業者が高額に感じますがこちらはまとめて引き取りのパック料金の為、不用品の点数があればあるほど1点に対するコストは下がります。また、中に買取可能品があった場合は作業費用との相殺も可能なのでお得にたくさんの不用品を処分する事が可能になります。
その点もふまえ、検討してみる事をおすすめ致します。

たこ焼き器を処分するタイミング

家にあるとさまざまなシーンで使用できて便利なたこ焼き器ですが、便利すぎるあまりに処分するタイミングを見失ってませんか?
たこ焼き器は消耗品でもあるので、異変を感じたり使い勝手が悪くなった時は間違いなく処分のタイミングです。
一度処分のタイミングを確認してみましょう。

調子が悪いなと感じた時

主にたこ焼き器のメインの部分は鉄板で出来ているので、どんなたこ焼き器であっても使用しているうちに劣化し、いずれ寿命は訪れます。たこ焼きをひっくり返す時に使うたこ焼き返しで何度も繰り返し使ううちに傷がつき焦げ付きやすくなったり、電熱式の場合はコンセント部分の経年劣化、ガス式の場合は火のまわりが悪くなるなどいつまでも新品と同じ状態を保てるわけではありません。
均等に焼けなかったり、焼き上がりも遅くなったりとたこ焼きを焼いていておかしいなと思ったら買い替えのタイミングです。処分や買い替えを検討しましょう。

サイズが小さいなと感じた時

安価で気軽に手に入りやすいたこ焼き器ですが、その分サイズの小さな物もたくさん販売されています。しかし、たこ焼きパーティーなどを頻繁にしたり、家族が増えた場合などは小さな物ではだんだんと満足できなくなってくるのではないでしょうか。
たこ焼き器に対して、使用人数が上回った場合は潔く買い替えを検討してみましょう。小さな物を無理やりつかっても、焼き上がりまでに時間もかかり、テンポよく食事を楽しむ事が出来ません。人数に合ったサイズのたこ焼き器を使用するのが理想的です。

たこ焼き器を処分する時の注意点

お店で使っているたこ焼き器は処分方法に注意

たこ焼き器だけに限らず、一般的に業務用として使用していた物は通常のゴミと一緒に処分する事が出来ません。
事務所や店舗で使用していた物に関しては「産業廃棄物」というくくりになり、産業廃棄物処理業者に依頼するか、一般の不用品とともに業務用の不用品もまとめて回収する事のできる不用品回収業者への依頼が必須となります。
産業廃棄物処理業者の場合、処分を依頼してすぐに捨てる事が出来るわけではないため、お急ぎの方は不用品回収業者への処分がおすすめです。

分別が必要な場合がある

一般のゴミとして処分する場合で、電熱式の場合は分別が必要な場合があります。取り外しのできる電源コードや材質の違う蓋、鉄板、本体など、自治体のルールに従ってきちんと分別をしてそれぞれ処分しましょう。
自治体のゴミの日に一般のゴミとして処分する方法が一番簡単ではありますが、分別を間違えると大きなトラブルの原因にもなりますのできちんとお住まいの地域の分別方法をチェックする事が大切です。

未使用の場合は販売出来る可能性も

1000円以下の簡易たこ焼き器や、バラエティショップなどで販売している大きなサイズのたこ焼きを作る機会など、プレゼントにもぴったりなので何かの機会に人からもらったけど使用した事が無く眠っているという場合もあるのではないでしょうか。未使用の場合は販売できる可能性が高いので、急いで処分する必要がなければ販売する方法を検討してみる事をおすすめします。
ずっと眠らせたままで、使用していないのに捨ててしまうのであれば少しでもお小遣いになれば嬉しいですよね。
是非検討してみてください。

たこ焼き器は正しい方法で適切に処分しましょう

マンションやアパートの自宅でも開催できて、尚且つ少人数~大人数までみんなで一緒にワイワイ楽しめるたこ焼きパーティーの必須アイテム、たこ焼き器。処分方法に困っている方には今回ご紹介した処分方法やそれに関わる情報は参考になりましたか?
さまざまな方法はありますが各処分方法、それぞれにルールがありそれをきちんと確認しなくてはいけません。

その点を考えると一番簡単で何も考える事無く処分できるのは、不用品回収業者だと言えるでしょう。

・急いで処分したい。
・引越しなどで大量に処分したい不用品がある。
・店舗や事業所の移転。
・とにかく部屋をすっきりさせたい。
・分別や手間をかけるのがめんどくさい。

上記に当てはまる方には、不用品回収業者への依頼がおすすめです。たこ焼き器のみで考えるとコストは高くなりますが、他にも不要になったものがある場合や、分別がめんどくさいので手間をかけたくない場合は不用品回収業者でまとめて引き取りをしてもらいましょう。

相談や見積もりは無料で対応している業者が多いので、まずは回収費用だけでも確認をしてみてはいかがでしょうか。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

オオウチのプロフィール画像
オオウチ

1994年生まれ。不用品回収歴は5年で、これまでに30,000件以上の不用品回収・ゴミ屋敷の片付けを担当してきました。チームで協力して迅速かつ丁寧な作業を心掛け、お客様に見積もりの説明を行う際には、分かりやすさに重点をおいて説明をさせて頂いています。また、お助けうさぎのYoutubeチャンネルで撮影も行っていますので「お助けうさぎYoutube」で検索してみてください。

対応エリア

単品の回収でもOK!

回収可能な不用品一例

関連記事

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

見積り・相談はすべて無料です!

0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電話1本で

まずはお気軽にお問い合わせください!

見積り・相談はすべて無料です!

TOPページへ戻る