年中無休

営業時間: 09:00〜21:00

不用品回収・粗大ゴミ回収なら不用品回収業者のお助けうさぎ

お金がないけどゴミ屋敷を片付けたい!予算内でキレイにするコツ

ゴミ屋敷を片付けたいけれども、お金がなくてどうすればいいのか悩んでおり、結局解決する方法がわからずにそのままになってしまっているという方も多いのではないでしょうか。

 実際にゴミ屋敷の片付けを業者に依頼した場合、お部屋の状態によっては100万円以上の費用がかかることもあります。そのため、どうにかして費用を抑えて予算内でキレイにしたいと思うのも無理のないことです。

今回は、ゴミ屋敷に悩む方に向けて以下のことを解説します。

この記事では以下のことが分かります

● ゴミ屋敷になる原因
● 自力でゴミ屋敷を片付けるコツ
● 業者の選び方
● お金がない時のおすすめの片付け方

今回の記事を読めば、お金がなくてもゴミ屋敷を簡単に片付けることができます。

ゴミ屋敷を早く綺麗にしたい、費用を抑えつつ片付けを業者に依頼したい方は必見です。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

ゴミ屋敷の原因とは?片付けの前に知っておきたいこと

そもそも、家がゴミ屋敷化する原因には何があるのでしょうか。

いくら家を片付けても、ゴミ屋敷となってしまう原因を取り除くことが出来なければ、再度家が汚くなる危険性があります。では、自宅がゴミ屋敷となってしまう原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか。

主な原因としては以下のことが挙げられます。

  • 掃除が苦手
  • 体や心が疲れている
  • 仕事が忙しい
  • 精神的な病気

ゴミ屋敷になるきっかけはささいなことが多いです。そのため、誰にでも起こる可能性があります。

もともと掃除が苦手な人は、日々の生活で片付けを後回しにしてしまいがちですし、掃除を全て終えない状態で止めてしまう場合もあります。そのため、たとえ本人が掃除をしているつもりでも徐々に家が汚くなっていってしまう可能性があります。

また、体や心に疲れが溜まっていると、日々のゴミ出しが億劫になってゴミがたまってしまったり、掃除をおこなうことが難しくなる場合もあるでしょう。仕事が激務の方は、より一層片付けに時間を割けないかもしれません。

また、うつ病やセルフネグレクトなどの精神的な病気により、掃除や片付けをすることができずにゴミ屋敷の原因になるケースもあります。

いずれの原因にしろ、自宅がゴミ屋敷状態となっている状況を独りで抱え込まないことが大切です。自分の精神状態に不安を感じたら、家族や友人に相談したり、行政や自治体の窓口へ問い合わせをしましょう。精神的な病気が考えられる際には、専門の医療機関を受診するようにしてください。

ゴミ屋敷を放置するリスク

ゴミ屋敷を放置すると、部屋に溜まったゴミによって日常生活を送ることが不便になったり、衛生面や健康面で悪影響が生じます。コンセントからの出火などによる火事のリスクや、悪臭や害虫などにより近隣の住民の迷惑となることもあります。

実際に、近隣住民から自治体へ相談が入ることが多いようです。環境省がおこなった調査によると、自治体がゴミ屋敷があることを認知する手段の約9割が「市民から通報が入る」ことだと結果が出ており、自治体による強制指導が入る可能性があります。

自身の心身の健康を守るためだけでなく、近隣の方とのトラブルを避けるためにもゴミ屋敷の片付けは早めにおこなったほうが良いと言えるでしょう。

参照 : 令和4年度「ごみ屋敷」に関する調査報告書(https://www.env.go.jp/content/000123210.pdf)

お金がない場合はできるところから!ゴミ屋敷を片付けるコツ

ゴミ屋敷を片付けたい、でもお金がない!

このように悩んでいるものの、費用がおおきくかかるため躊躇している方も多いかもしれません。実際、ゴミ屋敷の片付けを全て業者に頼むと、100万円以上かかるケースも少なくなりません。

なるべくお金をかけずに家をキレイにしたい場合、まずは自分ができる範囲で片付けるようにすることがポイントです。ある程度片付けをおこなった状態で業者に頼めば、費用を抑えられるはずです。

しかしながら、どこから手をつけてよいものか見当もつかない、という方も多いかもしれません。

そこで、ここからは自分でできる「ゴミ屋敷を片付けるコツ」をご紹介します。

ゴミ屋敷の片付けには、計画と準備が必要

ゴミ屋敷を片付ける際には、きちんと計画を立ててから準備をおこない実際に片付けに取り組むことが重要です。

計画を立て、道具の準備を進めたり親族や友人に声をかけて協力を依頼することで、段階を踏んで片付けを着々と進めることができるかたちとなります。

まず初めに、ゴミ屋敷を片付けるスケジュールを決めていきます。

具体的に作業にどのくらいの時間をかけられるのか、また掃除を手伝ってくれる人がいるかどうかを確認します。特に、一軒家など広い家の場合は、片づけなければならない場所が多くなるため、一人でゴミ屋敷の掃除をすることは難しいと言えるでしょう。そのため、必ず人手を確保するようにしましょう。

その上で、必要になりそうな道具があれば準備をします。ゴミ袋や軍手、エプロン、マスクなどは最低限必要になるはずです。その他、掃除機やトングや消臭スプレーなどあると効率よく片付けを進められる道具も用意しておきます。

片付ける場所を決めておく

ゴミ屋敷の片付けの計画を立てる際には、いつ片付けをおこなうかだけではなく、どこから綺麗にするのか、といった順番も含めるようにしましょう。

片付けの範囲や規模が大きいほど、身体的・精神的な負担が増えるため計画通りにいかなくなる可能性が高くなります。 前もって片付ける場所と順番を決めておくことで、おこなうべき作業が明確になり、当日の負担を抑えられます。

もしもご自宅が一軒家などで家が広く片づける範囲が広い場合は、片付ける場所を仕分けして一度に取り組まないようにしてください。部屋ごとや、キッチンや洗面台、風呂場などの場所ごとに分けて、片付けやすい場所から始めるのがおすすめです。

一つの場所の片付けを終えてから次に進むことで、この場所がきれいになったという達成感も得られます。モチベーションも保つため、なるべく場所ごとに分けておこなうようにしましょう。

ひと目でわかるゴミから片付ける

片付けを始める際にはまず一番初めに、ひと目でわかるゴミから捨てると良いでしょう。

一気に片付けが進んだ印象を自分自身に与えることができるため、「綺麗になった」という喜びを得やすくなります。明らかなゴミから処分すれば「捨てるかどうか」で悩むこともありません。

では、ひと目でわかるゴミや明らかなゴミとはどのようなタイプのゴミとなるでしょうか。

例えば、ゴミが一面に散らばってしまっている状況の場合、生ゴミや腐敗したゴミから捨てると良いでしょう。見た目の面からも生ゴミを処理していくことは重要ですが、悪臭や汚れの原因を直接的に取り除くことができるため、優先的に作業することがおすすめです。

その他、包装容器や紙ゴミなど、絶対に使わないものも優先的に捨てていきましょう。  片付けの計画を立てるときに、ゴミの回収日に合わせるという方法もあります。燃える ゴミの回収日前日に予定を合わせれば、翌日に生ゴミをすぐに捨てられます。

物を仕分けして片付ける

片付けを進めると、「どうやって片付ければ良いか」「捨てるかどうか」で悩むものも出てくるかもしれません。

そこで、生ゴミなどの明らかなゴミを捨て終えたら、部屋にある物を仕分けしてみましょう。

一つ一つ、不必要か必要かを速やかに判断して、捨てるものと捨てないものに分けていきます。迷ったものは保留として扱っても構いません。保留にしたものは、一旦捨てずに置いておき、後から判断してください。

ある程度仕分けをしたら、次は「捨てるもの」の捨て方を調べていきます。通常の家庭ゴミとして捨てられるもの、粗大ゴミ扱いになるもの、自治体のゴミ回収では捨てられないもの、といった括りで分けていきます。分別が終われば、まとめて捨てられるので時短にもなります。

一つずつ捨て方を考えるのではなく、まずは仕分け、その上で捨て方を調べることで効率良く物を処分できます。

ゴミ屋敷の片付けは専門業者に依頼するのも手段のひとつ

お金がない場合、自分で片付けることで業者にかかる費用を抑えられます。しかし、膨大な時間がかかったり、体力を消耗してしまうかもしれません。ゴミ屋敷の規模が大きいと、全てを自分でおこなうのは困難であることも多いです。

計画や準備の段階で「自力で片付けるのは難しい」と感じた場合は、専門業者に依頼するという手もあります。お金はかかりますが、時間や手間の節約にはなる上、現在よりもゴミの量が増えてしまい、さらに費用がかさんでしまう可能性をつぶすことができます。

全てのゴミを自分で片づけようしたり、全てを業者に依頼するのではなく、一部だけ自分で片付けをして残りを業者に依頼するという手段もあります。  自分の家の広さや予算、片付けに割ける時間を踏まえて、より良い方法を選ぶようにしてください。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

お金がないときのゴミ屋敷専門業者の選び方

「ゴミ屋敷を業者に片付けてもらう」と決めた際に、最も重要となるのは業者選びです。

業者選びを理由も決めずに何となくおこなってしまうと、予算をはるかにオーバーしてしまう可能性があります。出来る限り費用を抑えたい場合には、以下で説明する選び方のコツを取り入れてみてください。

ゴミ屋敷の片付けを専門業者に依頼するメリット

ゴミ屋敷の片付けを専門業者に依頼することには、多くのメリットがあります。主なメリットは以下の通りです。

  • 手間がかからない
  • 短時間で綺麗になる
  • 害虫や害獣の処理もお任せできる
  • 買取依頼ができることもある

ゴミ屋敷の片付け専門業者は、ゴミ屋敷の清掃のプロフェッショナルです。そのため、依頼側の希望内容に従い、短時間で的確に作業をおこなってくれます。手間をかけずに、短時間で一気に片付けを進めたい場合に利用をするのがおすすめです。

また、ハエやゴキブリ、ネズミなどの害虫や害獣がいる場合、嫌悪感をいだくあまり何もできなくなってしまう場合もあることでしょう。衛生面でも不安を感じる部分が多々あるかもしれません。このように自力での処理が難しい場合でも、専門業者に任せれば適切な処理が可能です。

また、ゴミ屋敷業者によっては片付けの際に見つかったアイテムを買取ることにより、作業費用に充てることができるサービスを取り扱っているところもあります。

ご自身にとっては不用品であっても、高い価値がつくアイテムである可能性もあり得ます。作業費用を軽減できることはもちろん、エコの観点からも処分を行うよりもリユースを実施することできるため、理にかなっているといえるでしょう。

ゴミ屋敷の片付けに100万円かかるのは本当?費用を抑えるコツをご紹介

「ゴミ屋敷の片付けには100万円かかる」という話を耳にすることがありますが、果たしてそれは本当なのでしょうか?

ゴミ屋敷の清掃を業者に依頼する場合、ある程度の費用がかかります。しかし、その費用がどれくらいになるのかは、ゴミ屋敷の程度や業者の選び方によって変わります。

ゴミの量が少なかったり、ゴミをある程度自分で片付けたりしていれば、数万円で依頼できることもあります。そのため、ゴミの量がすくない場合には検討の余地は十分にあるでしょう。

ただし、ゴミの量が多ければ多いほど片付けにかかる費用は増えていきます。そのため、部屋が広かったりゴミが大量にあったりすると、100万円以上かかることもあります。

少しでも費用を抑えるためにも、業者選びは慎重におこなってください。

残念なことに、相場よりも高額な料金を請求する悪徳業者は存在します。そのため、業者を選ぶときは、複数業者に見積りを取る「相見積り」が重要になります。

相見積もりをすることで、自分のゴミ屋敷を片付ける費用の相場がわかります。加えて、どこの業者が最安値なのかといった費用面の比較も可能です。

相見積りはサービスの比較にも向いていますので、業者への依頼を決めた際は必ずおこなうようにしましょう。

片付けだけでなく買取サービスのある業者がおすすめ

自分からしたら不要なものであっても、まだ使えたり他の人には需要があったりするものがあるかもしれません。このようなケースでは、買い取ってもらうという方法もあります。

買取サービスを提供している業者を選べば、不用品を買い取ってもらうことにより、買取金額分を片付け費用から引いてもらえるでしょう。お金がない人や少しでも片付け費用を抑えたい人にはおすすめの方法です。

分割払いや各種クレジットカード対応の業者も役立つ

「今はお金がないが少額ずつなら払える」という場合には、分割払いに対応している業者を探すのがおすすめです。

業者に依頼した場合、費用は数十万円になることが多く、場合によっては100万円以上になることもあります。

ゴミ屋敷の片付けのためにそれだけの金額を一括で払うのは難しいかもしれません。しかし、分割払いが可能である場合、毎月少しずつの支払いで良くなるため負担を軽減することができます。

また、クレジットカードに対応している業者も、少しずつ支払いたい時に向いています。クレジットカードなら分割払いにも対応していますので月々一定の額を支払うという方法も選べるでしょう。ただし、クレジットカード会社によっては分割払いを利用できない条件を指定している場合もあります。クレジットカードを利用したい時は、まずクレジットカード会社の規約を確認してみることをおすすめします。

お金がないときは自力+専門業者の片付け方法がおすすめ!

ゴミ屋敷の掃除を全て自分でおこなうことは非常に大変です。時間や体力、精神力を大きく消費します。

しかし、全てを業者に任せてしまうと、どうしても費用が高額になってしまいます。ゴミの量が多かったり、一軒家まるごとがゴミ屋敷になったりしている場合、100万円を超える費用がかかるかもしれません。

手間も費用も抑えてゴミ屋敷をきれいにしたいのであれば、自力での片付けと業者による清掃をうまく組み合わせるようにしましょう。

まずは、負担がかかりすぎない範囲で自分で片付けをします。自分で出来ることとしては、以下が挙げられます。

  • できるだけゴミを捨てる
  • 物の仕分けをおこなう
  • 一部屋だけでも綺麗にする
  • 大きなゴミや家具を解体する

その後に業者に依頼することで、費用が抑えられるはずです。うまくいけば数万円程度でゴミ屋敷が片付くこともあります。

いずれにせよ、一人で全てを掃除をするよりも手軽に素早く綺麗に出来るでしょう。効率よく、そして確実にゴミ屋敷を片付けたいのであれば、ぜひ自力と業者を組み合わせる方法を選んでみてください。

「お助けうさぎ」ではゴミ屋敷の片付けや清掃および不用品の買取もできます!

今回は、お金がなくてもゴミ屋敷を片付けられる方法を中心に解説しました。

ゴミ屋敷を全て自分で片付ける場合、おこなう作業が膨大であるため非常に困難です。そのため、ある程度は業者の力を借りた方が効率的といえます。

予算の都合で費用を抑えたい場合、可能な範囲でご自身で片付けを進めてから、業者に依頼してみると良いでしょう。仮にゴミ袋数袋分のゴミを処分しただけであっても、ご自身で作業を進めた分だけ費用を軽減することができるため、予算を抑えた上でゴミ屋敷をきれいにできます。また、買取サービスや分割払いに対応している業者を利用するのもおすすめです。

お助けうさぎは東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城を中心に、不用品回収・ゴミ屋敷清掃サービスをおこなっている業者です。

料金プランはわかりやすい定額パックであり、見積もり後に追加料金が発生することはありません。見積もり料金が他社より1円でも高い場合は料金の相談ができ、「WEB限定割引」「ツイッター割」「早期予約割引」なども用意されています。そのため、少しでも片付け費用を抑えたい方には最適です。

支払い方法は「現金払い」「クレジットカード払い」「請求書払い」「分割払い」から選択可能なので、今だけお金がないという時にも向いています。

ご相談やお見積もりは完全無料です。金額だけでも知りたいという場合もお気軽にお問い合わせください。お問い合わせは24時間365日いつでも受け付けております。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

オオウチのプロフィール画像
オオウチ

1994年生まれ。不用品回収歴は5年で、これまでに30,000件以上の不用品回収・ゴミ屋敷の片付けを担当してきました。チームで協力して迅速かつ丁寧な作業を心掛け、お客様に見積もりの説明を行う際には、分かりやすさに重点をおいて説明をさせて頂いています。また、お助けうさぎのYoutubeチャンネルで撮影も行っていますので「お助けうさぎYoutube」で検索してみてください。

対応エリア

単品の回収でもOK!

回収可能な不用品一例

関連記事

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

見積り・相談はすべて無料です!

0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電話1本で

まずはお気軽にお問い合わせください!

見積り・相談はすべて無料です!

TOPページへ戻る