年中無休

営業時間: 09:00〜21:00

不用品回収・粗大ゴミ回収なら不用品回収業者のお助けうさぎ

ゴミ屋敷になりやすい女性の特徴と理由とは?無理なく片付ける方法も紹介

「家がゴミ屋敷になりそう」

と悩む女性もいるでしょう。

実は、家をゴミ屋敷にしてしまう女性には共通の特徴があります。自分がその特徴に当てはまるのかを確認することで、ゴミ屋敷になった原因が明確になり、より効率よく片付けられるようになります。

今回は、以下のことを解説します。

本記事でわかること

・ゴミ屋敷に住む女性の特徴と心理
・ゴミ屋敷のリスクと片付けるメリット
・周りに気づかれずにゴミ屋敷を片付ける方法

今回の記事を読めば、ゴミ屋敷を無理なく片付けられるようになります。ゴミ屋敷に悩んでいる女性はぜひ参考にしてください。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

ゴミ屋敷に悩む女性が増えた背景とは?

全国の自治体調査では、ゴミ屋敷に住む人のうち4割近くが女性であるという結果が出ています。

コロナ禍前は仕事のストレスや多忙が原因で家がゴミ屋敷となってしまう女性がいましたが、2020年春~2023年春ごろまではコロナ禍の影響からくる巣ごもりなどが原因で、ゴミ屋敷に悩む女性が増えてきたと考えられています。

また、コロナ禍で精神的に落ち込んでしまい、片付けがうまくできなくなる人も増えています。ADHDやASDなどの発達障害を抱えている人に多く、仕事のストレスや多忙などによって、ゴミ屋敷化が加速していきます。

2023年5月以降は、コロナウイルスが5類に移行して通常の生活が戻ってきているため、ゴミ屋敷に悩む女性の数に今後変化が生じるかもしれません。

ゴミ屋敷に住んでいる女性の特徴

ゴミ屋敷になる人の特徴は以下の通りです。

  • 仕事で多忙な生活を送っている
  • 水回りの掃除が苦手
  • 持ち物が多いまたは買い物が好き

ゴミ屋敷で悩んでいる方は、まずは自分がこれらの特徴に当てはまっていないかどうかを確認するようにしてください。

仕事で多忙な生活を送っている女性

仕事が忙しく、掃除や片付けに時間を割けない女性は、部屋が散らかりやすい傾向にあります。

特に、勤務時間が不規則、夜勤が多い職種の人は注意が必要です。

  • 看護師や介護士、医師など医療職
  • 工場勤務
  • ホテルの受付や清掃員

これらの職業に就かれている方は、生活リズムが乱れて掃除ができなくなったり、朝にゴミ出しができなくなったりする傾向にあるようです。

多忙により、コンビニ弁当や惣菜などで食事を済ますことが多いと、その分ゴミが増えます。ゴミを分別したり処分する時間もなかなかとれないため、部屋にゴミが溜まっていくでしょう。

水回りの掃除が苦手な女性

トイレやお風呂、洗面所、キッチンといった水回りは特に汚れやすい場所です。これらの場所の掃除を怠ると、すぐに汚れてしまい、部屋のゴミ屋敷化が進んでいきます。

女性の場合、生理用品や髪の毛、化粧品など女性ならではのゴミが原因で、より一層水回りが汚くなりやすいです。こういった場所のゴミや汚れにを触れなかったり掃除が苦手だったりする女性は、そうでない女性と比べて部屋がゴミ屋敷になりやすいと言えます。

持ち物が多い・買い物が好きな女性

元々の持ち物が多い、または買い物が好きな女性は、家がゴミ屋敷になりやすいです。

女性は、TPOに合わせた衣服や小物、化粧品を求められることが多いです。そのため、男性よりもこれらの持ち物が多くなりやすいという特徴があります。しかし、収納の容量を超えた量の物を持つと、すぐに部屋が物で溢れてしまいます。

買い物が好きで、衝動買いをしてしまう方も気をつけてください。仕事などのストレスが原因で物を大量に買ってしまい、気がついたら家が不要な物だらけになっているかもしれません。

ゴミ屋敷に陥りやすい女性の心理状態・性格

家をゴミ屋敷にしてしまう女性は、心理的な問題を抱えている可能性があります。加えて、元々の性格も家の散らかり具合に影響を与えます。

  • もったいなくて物を捨てられない
  • ストレスと疲労が溜まっている
  • ゴミ屋敷を周囲に知られたくない

上記の心理状態や性格に当てはまる方は、家のゴミ屋敷化に注意しましょう。

もったいなくて物を捨てられない

自分の物に対して「もったいない」という気持ちが強い人は気をつけましょう。

もちろん、物を大切にすることは素晴らしいことです。しかし、しばらく使っていない物を「いつか使うかも」と思ってとっておいても、やがてゴミになります。この考えや行動を繰り返すことで物が溜まっていってしまい、家がゴミ屋敷になってしまいます。

こういう人は、物をとっておくときに「○ヶ月使わなければ捨てる」というふうに、期間による制限をかけるようにしましょう。

ストレス・疲労感で何もしたくない

ストレスや疲労で気力が無くなると、片付けや掃除ができなくなり、家がどんどん汚れてしまいます。

無気力感は、進行するとセルフネグレクトに陥ることもあります。セルフネグレクトとは、自分の面倒が見れなくなった状態であり、食事や入浴、掃除、洗濯などを放棄してしまう特徴がある精神的な病気です。自分に対しての関心が極端に低くなってしまい、健康状態や衛生状態に悪い影響を与えます。

極端な無気力は、精神疾患が関係していることもあります。あまりにも何もしたくない状態が続く場合は、専門の医療機関を受診するようにしてください。

ゴミ屋敷に住んでいることを周囲に知られたくない

家が汚れている時、「この状態を人に知られたくない」と思う女性は多いです。

家族や友人、恋人、職場の人にゴミ屋敷であることがバレると、関係が壊れてしまうのではと不安を感じます。その上で、家の状況を隠そうとしてしまうのです。

また、周囲に知られたくないという気持ちが強いと、業者に片付けを依頼するのも難しいかもしれません。なぜなら、ゴミの搬出で近所の人にバレてしまうかも、といった心理的な抵抗が生じるからです。

ゴミ屋敷を放置したときのリスク

様々な原因によりできあがってしまうゴミ屋敷ですが、放置するとかなりのリスクが生じます。

悪臭や害虫の発生

生ゴミや食べ物のゴミを放置していると腐って悪臭が生じ、ハエやゴキブリなどが繁殖する危険性があります。ハエやゴキブリが繁殖した場合、更にそれらを餌とするムカデやネズミも発生し、病気のリスクがより増える可能性が高いです。

健康被害が起こる

ゴミ屋敷には、ゴミだけでなくホコリやハウスダストなども溜まります。これらを吸い込むと、咳やくしゃみなどのアレルギー症状を引き起こします。アレルギー症状が強く出てしまうと喘息や皮膚疾患などだけでなく、アナフィラキシーショックを起こしてしまう可能性があります。

火災の危険性

ゴミが部屋に溜まっている状態だと、火災のリスクがあります。電源コードのショートやタバコの火などが大量のゴミに燃え移ると被害が大きくなってしまいます。ゴミ屋敷で火災が起きてしまうと、なかなか鎮火させることは難しく、最悪の場合は近隣を巻き込んでの大きな火災にまで発展してしまうでしょう。

近所の人とトラブルになる

ゴミ屋敷による臭いや害虫、火災のリスク、地域の景観への悪影響などが原因でご近所トラブルを起こすことも多いです。

環境省の廃棄物適正処理推進課による調査では、近隣住民からゴミ屋敷であると通報が実際に入っているという結果が出されました。自治体がゴミ屋敷であると把握する方法の約9割が「市民からの通報」です。近隣住民に被害を出してしまったことでゴミの強制撤去や公表、罰金の支払いを命じられることもあります。

参照 : 令和4年度「ごみ屋敷」に関する調査報告書(https://www.env.go.jp/content/000123210.pdf)

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

ゴミ屋敷を片付けるメリット

ゴミ屋敷を片付けることには多くのメリットがあります。

  • 生活環境が良くなる
  • 健康や精神状態が改善される
  • ご近所トラブルが解決する

ゴミ屋敷で過ごすことは、生活の質を下げることでもあります。座ったり寝たりなどの生活動作がゴミによって邪魔されますし、部屋も狭くなります。そんなゴミを片付けることで、部屋が広くなり、臭いや汚れも改善されるので、生活環境は一気に良くなるでしょう。

また、片付けをおこなうことで、健康被害や精神疾患が改善するかもしれません。特に咳やくしゃみ、皮膚の痒みなどアレルギー症状が出ている方は、掃除をするだけで症状が落ち着く可能性があります。

ゴミ屋敷が原因でご近所トラブルが生じているのであれば、家をきれいにすることで解決が見込めます。近隣住民から苦情などが来ているのであれば、すぐに片付けをするようにしてください。

ゴミ屋敷を周囲に気付かれずに片付ける方法

「ゴミ屋敷だと周囲に知られることが恥ずかしい」と感じる女性は多いと思います。周囲に気づかれずにゴミ屋敷を片付けたいのなら、以下の方法を試してみてください。

  • 生ゴミから捨てる
  • フリマアプリを活用する
  • 清掃・不用品回収業者に依頼する

こういった方法を活用すれば、周りにバレずに家を片付けることができるでしょう。

悪臭・害虫の原因となる生ごみからゴミ出しをする

自力でゴミ屋敷を片付ける場合、まずは自治体のゴミ分別方法を確認してください。その上で、部屋にあるゴミを分別して、少しずつゴミ出しをしていきます。

ゴミを捨てる際は、悪臭や害虫の原因になりやすい生ゴミから捨てるようにしましょう。これらのゴミを後回しにすると、やがて腐ってしまい、臭いや虫でゴミ屋敷がバレてしまうかもしれないからです。

加えて、ゴミとして目立つ生ゴミを先に捨てることで「部屋がきれいになった」達成感が得られる、というメリットもあります。

まだ使える不用品はフリマアプリ等に出品する

物がもったいなくて捨てられない人は、フリマアプリを活用しましょう。「捨てる」のではなく「売る」ことで、処分する罪悪感が減るはずです。

通常ゴミを処分するのにはお金がかかります。しかし、フリマアプリで上手く処分できれば、お金がかかるどころか利益になります。

特に、買い物が好きでまだ使える物がたくさんある人は、フリマアプリがおすすめです。ブランド物などであれば、高値で売れるかもしれません。

使っていない物を売却して、部屋をスッキリさせていきましょう。

清掃・不用品回収業者に依頼する

忙しくて片付ける時間がない、自分で分別して捨てるのは面倒、掃除の気力が湧かない、という方は業者への依頼をしてみてください。

ゴミ屋敷に対応している業者であれば、ゴミ屋敷に見慣れているため、対応もスムーズです。大量のゴミをまとめて処分してくれるため、すぐに家をきれいにしたいという場合にも向いています。

最近は、女性スタッフが担当してくれる業者も増えています。そのため、ゴミ屋敷を男性に見られるのは恥ずかしいという女性でも安心です。

また、多くの業者は早朝や深夜の回収にも対応しています。人目の少ない時間帯を選べば、近隣住民にバレることなく、ゴミ屋敷をきれいにできます。

ゴミ屋敷にお悩みの女性は「お助けうさぎ」にご相談ください!

今回の記事では、ゴミ屋敷になる人の特徴や心理、そしてゴミ屋敷を放置するリスクと片付けるメリット、無理なく片付ける方法について解説しました。

家をゴミ屋敷にしてしまう女性には、仕事が忙しい、水回りの掃除が苦手、持ち物が多い、物を捨てられないといった特徴があります。自分がどの特徴に当てはまるかを考えた上で、特徴に合わせた片付けや対策をとるように心がけましょう。

ゴミ屋敷を無理なく片付けるためには、まずは生ゴミから捨てる、使える物はフリマアプリなどに出品するといった方法が有効です。しかし、物があまりにも多い、掃除が苦手といった場合は一人での対処が難しいでしょう。

そういった方におすすめなのが、不用品回収業者です。

お助けうさぎは、東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城を中心に、不用品回収サービスを提供しています。

不用品回収に限らず、ゴミ屋敷清掃やハウスクリーニングも得意としており、1日足らずでゴミ屋敷状態から原状回復させることができるので「ゴミ屋敷を片付けたい」と悩んでいる方はぜひご連絡ください。

料金システムについては分かりやすい定額パックの料金プランをご用意しており、最もお得な金額で処分できるよう提案いたしますので、余計な費用の心配はありません。

ご相談やお見積もりは無料ですので、金額だけでもお知りになりたい場合でも、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは24時間365日受け付けております。

また、お急ぎの場合は即日回収も承っておりますので、お気軽にご依頼くださいませ。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

オオウチのプロフィール画像
オオウチ

1994年生まれ。不用品回収歴は5年で、これまでに30,000件以上の不用品回収・ゴミ屋敷の片付けを担当してきました。チームで協力して迅速かつ丁寧な作業を心掛け、お客様に見積もりの説明を行う際には、分かりやすさに重点をおいて説明をさせて頂いています。また、お助けうさぎのYoutubeチャンネルで撮影も行っていますので「お助けうさぎYoutube」で検索してみてください。

対応エリア

単品の回収でもOK!

回収可能な不用品一例

関連記事

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

見積り・相談はすべて無料です!

0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電話1本で

まずはお気軽にお問い合わせください!

見積り・相談はすべて無料です!

TOPページへ戻る