年中無休

営業時間: 09:00〜21:00

不用品回収・粗大ゴミ回収なら不用品回収業者のお助けうさぎ

実家が汚い!帰りたくない&ストレスを解決する方法を解説

「実家が汚いことがストレス」
「実家が汚いから帰りたくない」 

と悩んでいる方もいるでしょう。 

実家に物が多い、親が掃除をしないなど実家が汚い原因はさまざまです。友人や恋人を呼べずに恥ずかしい思いをすることもあるはずです。

 今回は、実家を綺麗にしたい人に向けて以下を解説します。

本記事では次のことが分かります。

・実家が汚い原因と危険性について
・親を説得するコツについて
・実家の片付けの進め方について

今回の記事を読めば、汚い実家をスムーズに片付けられるようになります。実家が汚くてイライラしている、どうにかしたい人は必見です!

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

実家が汚くて恥ずかしい、汚いから帰りたくない、は身近な悩み

「実家に友達や恋人を呼べない」「恥ずかしい」「つい親と口論をしてしまう」「埃やダニでアレルギーの症状が出る」「衛生面が気になり子どもを連れて帰れない」など、実家が汚くて困っているといった悩みは意外と多くの人が抱えています。

実家に関する問題はプライベートな悩みでもあり、相談しづらいと感じる人もいるでしょう。悩みを誰にも言えず、一人で抱え込んでしまいやすいです。

実家の汚さで悩んでいる人は想像以上にたくさんいます。そのため、「自分だけの悩みだから誰にもわかってもらえない」と苦しむ必要はありません。周りにも起きている問題と捉えて、ストレスを抱えすぎないようにしてください。

視野を広く持ち、客観的に捉えることが重要です。家族の問題だからと深刻に考えすぎず、程よい距離感で解決策を考えていきましょう。

精神的に辛く感じる時は、行政などの公的な支援や相談窓口、SNSなどの匿名でのコミュニケーションツールを活用して、悩みを吐き出してください。

実家が汚いとストレスを抱える人は多い!解決できない原因とは?

「実家が汚い」「物が多くてイライラする」という状態に対してストレスを感じ、なんとか解決したいと考える人は多くいます。

しかしながら、なぜ実家が汚くなってしまっているのか、根本的な原因がわからないと解決することはできません。

ここでは、実家の汚さを解決できない原因を紹介します。自分の実家がどれに当てはまるかを考えた上で、適切な解決策を探しましょう。

イライラするほど物が多いのに、少しも捨てさせてくれない

実家に物が多すぎて、見ているだけでイライラしてしまう経験はありませんか?物が多いのに少しも捨てさせてくれないと、よりイライラしてしまうでしょう。

気をつけるべき点は、あくまでも物が多いことを気にしているのは普段実家にいない人間、つまり親族であるという点です。物の所有者である親は物の多さに困ってはいません。

そのため、物を捨てたい側と捨てたくない側の考えの違いでトラブルが起きる場合があります。

まずは、親がなぜ物を捨てたくないのかを考えてください。「物を捨てるのがもったいない」「物が多いという認識がない」「認知機能の低下で不要な物が判断できない」「体力が落ちて掃除ができない」などの原因が挙げられます。

対処法や解決策は原因によって変わります。自分の意見を伝えたいのを堪えて、親に「なぜ物が多いのか」を聞いてみましょう。そうすることで、取るべき対応や対策がわかります。

目に見えて汚いのに、掃除や片付けをすると怒られる

あまりにも実家が汚いと、掃除や片付けを自分でおこなってしまおうと考えるかもしれません。しかし、勝手に片付けると親に怒られるということはよくあるケースです。

「自分のものに手を出されたくない」「自分の家に介入されたくない」「生活している今の空間を変えたくない」「掃除や片付けの必要性を感じない」「掃除を強いられるのが苦痛」など、怒る理由はさまざまです。先述した、物を捨てられない理由も関係してきます。

勝手に掃除をすると、それが原因で喧嘩に発展する可能性があります。余計な揉め事が増えて、より疲弊してしまうでしょう。

いくら家族であっても、親には親なりの考え方があります。勝手に物を触ったり、部屋を掃除したりしてはいけません。綺麗にする際は、必ず親の同意のもとでおこなう必要があります。

汚い実家をそのままにするのは危険!?放置するデメリットとは

実家の汚さで悩んではいるものの、「自分の物ではないため片付けられない」「揉め事を避けるために放置している」方もいます。片付けのために親とコミュニケーションを取るのは面倒と感じることもあるでしょう。

しかし、汚い実家を放置するとたくさんのリスクが生じます。ここでは、汚れた実家をそのままにするデメリットを紹介します。

ケガや病気など、健康上のトラブルが起きる可能性

高齢者は、家の中で転んで怪我をすることがあります。

物が足の踏み場もないほど散らかっていると、そのリスクは高いです。ちょっとした転倒が原因で、骨折をして寝たきりになる危険性があります。棚や収納箱に物を溢れるほど詰めていると、頭上から物が落ちてきて頭に大怪我をおってしまう可能性もあります。

ホコリが溜まっている家では、アレルギーや喘息などの症状が出ます。

ハエやゴキブリ、ネズミなどの害虫や害獣が繁殖すれば、衛生状態はより悪くなります。免疫力の低下と合わさり、さまざまな感染症を引き起こすかもしれません。汚い家に住み続けると、高齢の親の健康面が悪化しやすくなります。高齢の場合、それらの怪我や病気が命取りになるでしょう。

親に健康な状態で長生きしてもらうためにも、実家の綺麗さというものは欠かせない要素です。健康上のトラブルが起こる前に片付けをするようにしてください。

貴重品や重要書類が紛失する可能性

物が散乱した状態だと、物がなくなりやすいです。貴重品や重要書類が紛失する可能性が高くなります。

特に、預金通帳や印鑑、保険証などが必要な時に見つからないと、重要な手続きがおこなえません。再発行に時間がかかりますし、あらゆる面で不便が生じます。

高齢の両親は介護や年金など、国や行政からサポートを受ける機会が増えます。そういった時に貴重品や重要書類が見つからないと、必要な支援や手助けを受けられなくなります。

また、両親が亡くなった後にも不便が生じます。手続きや遺品整理が難航する恐れがあるためです。家が汚いと、どこに何があるかがわかりづらく、残された家族は必要な物を探すだけで疲弊してしまうでしょう。

現在の両親のためにも、そして未来の家族の負担を軽減するためにも、貴重品や重要書類の紛失は防がなければなりません。普段から整理整頓するように、両親に促していきましょう。

親族や結婚相手と疎遠になる可能性

実家が汚い、ストレスで帰りたくない、という気持ちを抱える方はたくさんいます。実家が汚いと家族が帰省をしないため、親と子どもが疎遠になる可能性があります。実家で集まる機会がないと、兄弟同士でも疎遠になるでしょう。

家族同士の交流が失われて、親が孤立する恐れがあります。将来の親の介護について話し合う機会も失われます。コミュニケーション不足で、後々のトラブルにつながることも多いです。

また、結婚する時に結婚相手を実家に連れて行くのも躊躇われるようになります。実家が汚いと、相手の親にも良い印象を与えません。結婚時の障害になるリスクも考えられます。

家族同士の付き合いや関わりが薄くなり、夫婦生活や子育てにも悪い影響が出るでしょう。

セルフネグレクトの発見と進行を見逃す可能性

実家が汚い原因の一つとして、セルフネグレクトが挙げられます。

セルフネグレクトは、自分で自分の面倒が見られなくなる精神疾患です。食事や入浴、排泄など身の回りのことができなくなります。放置してしまうと、生きていくために必要な行動をしなくなり、命の危険を伴う可能性もあります。

セルフネグレクトは早めの対処が重要です。急に実家が汚くなった場合は、親の精神状態を確認しましょう。怪しいと感じたら、すぐに専門の医療機関を受診するようにしてください。

自治体による指導が入る可能性

汚い部屋を放置し続けることでゴミ屋敷と呼ばれる状態にまでなってしまう危険性があります。

ゴミ屋敷は害虫・害獣の発生や悪臭が発生する可能性が極めて高く、それにより近隣住民の方へ影響を及ぼしてしまうことがありトラブルに発展しかねません。

環境省の廃棄物適正処理推進課による調査では、自治体がゴミ屋敷を認知する方法のうち最も多かったものが「市民による通報」だという結果が出されました。(令和4年時点)

自治体側がゴミ屋敷を認知した場合、最初は調査や相談といったサポートがなされますが、強制指導や勧告にまで発展してしまいかねません。ゴミ屋敷に住んでいる該当者の心身を守るためや近隣住民への悪影響を防ぐための措置だと言えますが、最悪の場合は罰則として過料を支払うことを命じられる場合があります。

自治体によってはゴミ屋敷の片付けに関する相談を受け福祉的サポートをおこなってくれる場合もあるので、早めの段階で自治体に相談をしてみるという手段もあることは覚えておきましょう。

参照 : 令和4年度「ごみ屋敷」に関する調査報告書(https://www.env.go.jp/content/000123210.pdf)

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

汚い実家を掃除するステップ!計画的に進めよう

実家を掃除するには、段階を踏む必要があります。闇雲に掃除するのではなく、計画的に進めましょう。できることから取り組んでいくことが大切です。トラブルなく確実に家を綺麗にできます。

ここでは、実家を片付けるための手順をご紹介します。

まずは物の片付けや掃除の説得!親と相談するコツ

実家を片付けるためには親の説得が欠かせません。勝手に掃除をすると喧嘩やトラブルの原因になります。

とはいえ、無理に説得したり、強い言葉を使うとスムーズに進みません。片付けを円滑に進めるには、以下のポイントを押さえて説得しましょう。

親を説得する時のポイント

・物を捨てたくない理由を聞く
・頭ごなしに「ゴミでしょ」「もう使わないでしょ」と責めない
・「捨てる」「処分する」といったマイナスな言葉は使わず「整理する」「綺麗にする」などポジティブな言葉を使う
・怪我や病気など汚い家に住むことで起きるデメリットを説明する
・一部分だけ掃除して衛生的な状態を体感してもらう

説得時は「冷静に」話すことを心がけてください。感情的に話すと、親も感情的になり話し合いがうまく進みません。

物を捨てさせてくれない場合、整理整頓して並べてすっきり見せるだけでも効果があります。掃除や片付けにプラスのイメージを持ってもらうのがコツです。

実家の汚れ度合いや物の量を把握する

実家の片付けをしようにも、仕事が忙しかったり、実家から離れて住んだりしていると、なかなかまとまった時間が取れません。短い時間で片付けを進めるためにも、実家の汚れ具合や物の量は事前に把握しておきましょう。

汚れ具合や物の量に合わせて、掃除用具やゴミ袋などを準備します。加えて、各部屋にどの程度の時間がかかるかを計算してください。そうすれば、効率よく片付けが進みます。

また、生ゴミが多い部屋や普段暮らしている部屋など、優先度が高いところから掃除をすることも大切です。

計画を立てる際には掃除の順番も考えるようにしましょう。

実家にある物を必要・不要・保留に分ける

物が多い場合、物の処分が欠かせません。物を減らせば、片付けや整理がしやすくなります。

まずは、不要な物と必要な物に仕分けます。不要な物は捨てて、必要な物は整理して収納しましょう。迷う物は、一度保留にして後から考えてください。

この分類は必ず親とおこないましょう。実家にある物はほとんどが親の所有物です。家族であっても、勝手に分類して捨てないようにしてください。

親と相談しながら分類することで、親の気持ちがわかります。コミュニケーションをとるきっかけにもなり、スムーズに片付けが進むでしょう。

掃除や片付けは小さなスペースや自分の物からおこなう

掃除や片付けにはエネルギーが必要です。年老いた両親と片付けを進めると、なかなか思うようにいかない場合があります。

片付けは一度に全ておこなうのではなく、小さなスペースや限られたものから取り掛かるようにしましょう。例えば、今日は玄関だけ、今日は母の部屋だけ、というふうに片付ける範囲を決めてしまいます。自分で捨てるかどうか判断できる、自分の荷物から片付けるのも一つの手です。

1日で終わる程度の範囲を掃除することで、達成感を味わえます。部屋が綺麗になり気持ちの良い感覚を共有できるでしょう。加えて、これからの片付けに対するモチベーション維持にも役立ちます。

監修者コメント

親が座って手の届く範囲の場所から片付けていくのもおすすめです。ポイントはモノの収納場所を大きく変えないこと。しまった場所がわからなくなったり、不便さを感じたりします。親の使いやすさを第一にコミュニケーションをとりながら一緒に片付けられるといいですね。
【整理収納アドバイザー】有賀照枝さん

解決が難しいときは、無理せず専門業者に依頼!

実家が遠方にある、頻繁に通うのが難しい、ゴミや物の量が多すぎる時は無理をせずに専門業者へ依頼しましょう。

実家は親の家であり、常にコミュニケーションを取りながら掃除をしなければなりません。家族だけで全てを綺麗にするのはかなりの手間がかかります。通常の片付けよりも難易度は高いと言えます。

専門の業者であれば、片付けのノウハウもありスムーズに綺麗にしてくれます。ゴミをまとめて回収してくれるため、分別などの手間もかかりません。ハウスクリーニングを利用すれば、一気に家が綺麗になるでしょう。プロの手で、効率よく片付けを進めてくれます。

親が高齢で、親だけで片付けがおこなえない時にもおすすめの方法です。

ただし、専門業者に依頼する際も親の許可が必要です。親に相談して、理解を得たうえで依頼をしてください。業者の手配や立ち合いは子どもたちでして、親には捨てる物の判断を任せるなど、役割分担をしたうえで臨みましょう。そうすることで「勝手に掃除をされた」という不満が湧かなくなります。

お互いできることを担当して、気持ちの面で歩み寄ったうえで業者を利用してください。

汚い実家の掃除は「お助けうさぎ」にお任せください

今回は汚い実家を片付ける方法を解説しました。

実家が汚いと悩んでいる人は多くいます。自分だけと悩まずに、前向きに解決方法を探していきましょう。実家に物が多い理由はさまざまですので、まずは原因を知ることが大切です。原因や理由を踏まえて、適切な片付けをしていきましょう。

片付けは手順に従って進めることでスムーズにおこなえます。いきなりはじめるのではなく、前もって計画を立ててから取り組んでください。

監修者コメント

親と子では育ってきた時代背景が異なるので、モノ対する考え方や持ち方も異なります。片づけの話から入るのではなく、定期的に連絡をとり、「心配」「安全に暮らしてほしい」という気持ちを素直に伝え、親に寄り添うことからはじめてみましょう。
【整理収納アドバイザー】有賀照枝さん

専門業者へ依頼をすることも検討しましょう

家族だけで片付けが難しい際は、専門業者への依頼がおすすめです。

お助けうさぎは東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城を中心に不用品回収サービスをおこなっております。不用品回収だけでなく、粗大ゴミ回収・ゴミ屋敷清掃・ハウスクリーニングも承っています。実家を掃除してほしいというご要望にもお応えしております。

お助けうさぎの料金は分かりやすい定額パックをご用意しており、一番お得に処分できる金額をご提案いたします。そのため、余計な費用はかかりません。

ご相談やお見積もりは無料となっております。まずは金額だけでも知りたいという場合もお気軽にお問い合わせください。お問い合わせは24時間365日いつでも受け付けております。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

監修した専門家

この記事を監修いただいた
専門家の方です。

【監修者】有賀照枝様

整理収納コンサルタント

有賀照枝

株式会社ハート・コード代表取締役。ハウスクリーニング技能士(国家資格)。「部屋磨きは自分磨き・職場磨きはスタッフ磨きに通じる」をモットーに整理収納支援を行う。家事・収納のプロとしてメディア出演多数。部屋の片づけ以外にもデジタルの整理方法など幅広いジャンルの整理収納に携わる。著書『「片付けが苦手な子」が驚くほど変わる本~親子でスッキリ!~片づけの黄金ルール~』(青春出版)

※記事の監修にご協力をいただいておりますが、当サービスとは無関係です。

オオウチのプロフィール画像
オオウチ

1994年生まれ。不用品回収歴は5年で、これまでに30,000件以上の不用品回収・ゴミ屋敷の片付けを担当してきました。チームで協力して迅速かつ丁寧な作業を心掛け、お客様に見積もりの説明を行う際には、分かりやすさに重点をおいて説明をさせて頂いています。また、お助けうさぎのYoutubeチャンネルで撮影も行っていますので「お助けうさぎYoutube」で検索してみてください。

対応エリア

単品の回収でもOK!

回収可能な不用品一例

関連記事

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

見積り・相談はすべて無料です!

0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電話1本で

まずはお気軽にお問い合わせください!

見積り・相談はすべて無料です!

TOPページへ戻る