年中無休

営業時間: 09:00〜21:00

不用品回収・粗大ゴミ回収なら不用品回収業者のお助けうさぎ

ゴミ屋敷はなぜできる?原因を解決してキレイな家に住むためには

自宅や実家がゴミ屋敷と化し、物があふれ汚さが気になっている皆さんへ。

本記事では、ゴミ屋敷のレベルと汚い部屋の比較を通じて、現状の把握を支援します。なぜそのような状況になってしまったのか、その原因や理由をカテゴリー分けしてわかりやすく解説し、さらに、解決方法を具体的に提示し、行動へのモチベーションを後押しします。

ゴミ屋敷の実態や形成原因を理解し、ささやかな一歩から解決に向けて進んでみましょう。

ささいな行動でも、変化を起こせます。

本記事では次のことが分かります。

・ゴミ屋敷という状態について
・ゴミ屋敷になる原因と理由について
・解決方法について

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

ゴミ屋敷の定義とは?汚さのレベルと汚部屋との比較

ゴミ屋敷には明確な定義が存在しません。それでは、どういった状態が「ゴミ屋敷」と呼ばれるのでしょうか。

まず、ゴミ屋敷になる前段階として「汚部屋」と呼ばれる状態があります。

汚部屋は一般的な生活空間とは言えない状態で、物が散乱し、整理整頓がなされていません。部屋の中が散らかっているだけでなく、ゴミや不要な物が入り乱れていることがほとんどです。

ゴミ屋敷は、汚部屋よりもさらに深刻な状態を指します。

ゴミ屋敷になると、部屋の中に大量のゴミや不用品が積み上げられ、通常の生活が困難となります。ゴミ屋敷といっても、レベルがあり、ゴミがひざ丈ほどまであってなんとか部屋を見渡せる状態もあれば、ゴミが背丈まで積み重なっていて部屋に入る事さえ困難な状態まであります。

このようなゴミ屋敷の状態となってしまうと自力での解決が難しくなってしまいます。

なぜゴミ屋敷になってしまったのか?さまざまな原因と理由を解説

ゴミ屋敷の原因にはさまざまなことが関係しているため、一概に理由は1つといえません。

仕事が忙しくて片付ける時間がない、ストレスの貯まりすぎによって掃除の気力がわかない、ストレス解消のために必要以上の買い物をしてしまうなど、複数の原因が関係している場合も考えられます。

ゴミ屋敷の原因を幅広く知ることで、ゴミ屋敷になりにくくなります。根本的な理由を知って、対策しましょう。

【物】が関係するゴミ屋敷の原因

ゴミ屋敷になってしまうのは何故でしょうか?

根本的な原因としては「物」が多いことであると考えられます。

ゴミ屋敷に住む人は、家の中にゴミはないと思っている人もいます。物屋敷という言葉もあるように、ゴミ屋敷の原因は、単に物がたくさんあるだけという見方もできるのです。

物をよく買う・買い物が好き

物を買う理由は人それぞれですが「物を買う」行動がゴミ屋敷を生む原因のひとつです。

必要以上に買ってしまい、そのままにすると、どんどん物は増えてたまっていきます。必要な物を買うこと以外に「買い物自体が好き」という場合も、結果的に物が増える原因となります。

物が増えるスピードと減るスピードが合っていないパターンです。

物を捨てることに抵抗がある・もったいないと思う

もったいない、いつか使えると思う気持ちから物が捨てられずゴミ屋敷になるケースもよくあります。

物への愛着や執着心が人一倍強く、周囲からは簡単な問題に見えても本人にとっては解決が難しいでしょう。物を捨てることは、思い出や価値がなくなってしまう気がすると思い込んでしまうのです。

本当に必要な物の判断がつかず、結果的にゴミ屋敷となってしまいます。

物が与えてくれるメリットがある

物があることで、不安や寂しさを埋めることができ、幸せを感じるという人もいます。また物が増えることに喜びを感じ、所有することによって安心感や自己表現の手段としている人もいます。

このような考えを持つ人にとって、物の処分は難しく、結果的にゴミ屋敷が生まれることに繋がります。物を所有することは、想像以上にさまざまな影響があることを理解しなければいけません。

【生活環境】が関係するゴミ屋敷の原因

生活環境が原因でゴミ屋敷になる場合があります。

この場合、仕事や家事、子育て、生活習慣などの生活スタイルが関係しているため、すぐに変えることは難しいことが多いでしょう。物やゴミを溜め込みたくない気持ちとは裏腹に、生活環境の問題からゴミ屋敷となってしまいます。具体的にはどのような原因があるかを解説します。

片付けや掃除をする時間がない

仕事や家事、子育てなどで忙しく、物や不用品、ゴミの片付けまで手が回らないことがあります。やらなければと思っているうちに日々が過ぎ、ゴミ屋敷になってしまうパターンです。

この場合、時間を確保して片付けをおこなったり、家事を手伝ってくれる人を探す必要があります。自分が忙しいことを理解しなければ、知らない間にゴミ屋敷になっていたということもあるため注意が必要です。

ゴミを出す時間に間に合わない

生活習慣の不規則さや夜勤の仕事などの理由で、ゴミ出しの時間に間に合わない場合です。

ゴミを捨てることができずに、だんだんゴミがたまっていきます。このような単純な原因でも、ゴミ屋敷になることがあります。

生活習慣を変えることは難しいため、望んでいないにもかかわらずゴミが溜まります。

【健康上のトラブル】が関係するゴミ屋敷の原因

病気やケガなどの健康上のトラブルが原因でゴミ屋敷になることがあります。

病気の場合、普段問題のない生活を送っていた人でも気がつくとゴミ屋敷になってしまっていたということがあります。解決が困難な場合もあるため、医療機関の相談も考えると良いでしょう。

また、病気ほどではない場合でも、過度なストレスを抱えていることもゴミ屋敷の原因になり得ます。

体力低下や身体的に不自由な状態

体力低下や身体的な制約が原因でゴミ屋敷になることがあります。

例えば重い風邪や骨折などで一時的に身体が不自由になり、片付けや掃除がおろそかになることでゴミがたまる場合等です。普段から整理整頓や掃除をおこなう習慣がない人だと、状況が悪化しゴミ屋敷になるケースも考えられます。

また高齢者は体力低下により物が片付けられなくなりゴミ屋敷になることがありますが、仕事や家事の過労による体力低下も原因となります。病気やケガとは異なり回復が見込めない場合、周囲のサポートも必要です。

認知症

認知症はゴミ屋敷の原因としてよく挙げられます。

特に高齢者が悩まされる病気であり、実家がゴミ屋敷になっている場合は注意が必要です。認知症の症状により、物を買ってしまったことを忘れて再度買ってしまうことがあります。またゴミの日や分別方法を忘れてしまうため、ゴミの処理ができないことがゴミ屋敷につながる原因です。

セルフネグレクト

セルフネグレクトとは、自己放任を意味する言葉であり、ゴミ屋敷の原因の一つとして取り上げられることがあります。セルフネグレクトの場合、自分自身のケアを怠るため、衛生状態や栄養状態が悪化し、住まいの管理もできなくなります。

かつては高齢者に多く見られましたが、最近では若い世代でも増えている病気です。原因はさまざまなため、早期に気づき解決するためには医療機関への相談も視野に入れることが必要でしょう。

その他の精神疾患

ゴミ屋敷につながる精神疾患は、さまざまあります。そのため、ゴミ屋敷問題の解決にとどまらず、場合によっては根本的な原因である病気の解決に視点を当てることも必要でしょう。

以下は、ゴミ屋敷に関係する精神疾患の例です。

  • うつ病
  • 統合失調症
  • 不安障害
  • 強迫性障害
  • 双極性障害
  • 適応障害
  • 解離性障害
  • パーソナリティ障害
  • アルコール依存症
  • 薬物依存症

精神疾患を治すためには、専門医に相談することが大切です。ゴミ屋敷の問題に対応するために、自分の健康状態も見つめなおしてください。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

なぜゴミ屋敷を放置してはいけないのか?注意が促される理由

ゴミ屋敷を放置することは、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。

まず、ゴミ屋敷は病気やケガの原因となります。ゴミを放置することで細菌やウイルスが繁殖することがあり、それが原因で感染症を引き起こすことがあります。

また、ゴミの山が崩れたり、ゴミに躓き転倒することで、ケガをするおそれもあります。

さらに、ゴミ屋敷は火災の原因となることがあります。掃除をしないことで埃がたまり、埃がコンセントや配線に触れ火災に繋がります。ゴミの中にライターや電池など引火性の高いものが含まれている場合も危険です。

また、ゴミ屋敷は近隣住民とのトラブルの原因となることがあります。

環境省がおこなったゴミ屋敷の実態調査によると、自治体側がゴミ屋敷だと認知する方法の約89%が「市民からの通報」であるという結果が出されました。上記であげたとおり自身に対するリスクがあることはもちろんのこと、近隣住民にも迷惑がかかることとなるのです。

ハエやゴキブリ、ネズミなどの害虫・害獣被害、整えられていない雑草や樹木による景観への悪影響、ものの崩落や家屋倒壊の恐れなど、周囲に住んでいる人たちにとっても心配になる状況だと言えるでしょう。

ゴミ屋敷であることが自治体に報告された場合、指導や勧告を受ける可能性があり、指導を受けたにも関わらず解決されない場合は罰則を科せられてしまう場合もあります。

以上のような理由から、ゴミ屋敷を放置することは避けるべきです。

参照 : 令和4年度「ごみ屋敷」に関する調査報告書(https://www.env.go.jp/content/000123210.pdf)

ゴミ屋敷のレベルが悪化する前に!解決するための行動ポイント

ゴミ屋敷のレベルが悪化する前に、解決するための行動ポイントを知りましょう。

日常的な片付け習慣の確立や信頼できる人への相談、専門業者への依頼などが重要です。解決法を知って、少しずつ行動することを意識してください。

毎日少しずつ片付けて習慣をつける

ゴミ屋敷を解決するためには、毎日少しずつ片付けることが大切です。ほんの少しの片付けや掃除でも、やり続けることで解決に近付き、習慣化にも役立ちます。

まずは、ゴミ箱を認識しやすい場所に設置して、これ以上ゴミを溜めないようにすることが重要です。また、小さなスペースなど、1回の片付けでキレイになりそうな範囲を定めて片付けていくことも有効です。毎日ひとつずつでも、捨てられるものを選んで捨てていくことで、徐々に部屋を整理できます。

このように、1歩1歩行動に移すことが重要です。毎日少しずつでも、コツコツと片付けを続けることで、ゴミ屋敷の問題を解決できます。

信頼できる人に相談する・相談に乗る

ゴミ屋敷は、当事者だけで解決するのが難しい問題でもあります。そのため、信頼できる家族や友人に相談することもひとつの方法です。家族や友人に手伝ってもらうことで、片付けや掃除を効率的に進めることができ、モチベーションも保ちやすくなります。

また、ゴミ屋敷の原因には、周囲とのコミュニケーション不足も影響を与えることがあります。そのため、実家や友人など、自分以外の家がゴミ屋敷の場合も、話を聞いたり、相談に乗ることで助けとなることがあります。信頼できる人に相談することで、ゴミ屋敷の問題を解決するためのアイデアや助言を得られます。自分だけで解決できない場合は、信頼できる人に相談することをおすすめします。

ゴミ屋敷を自力で解決できない場合は専門業者に依頼する

ゴミ屋敷は、自力で解決するのが難しい場合があります。ゴミ屋敷の原因が解決できないまま放置されると、どんどん状態は悪化していくため、自力での解決が難しくなるでしょう。

そのような場合は、専門業者に依頼することもひとつの方法です。

ゴミ屋敷の片付けや清掃を専門としている業者があります。ゴミや不用品の仕分けや回収、買取、ハウスクリーニングなどのサービスを提供しており、プロの作業によって短時間でゴミ屋敷を脱出することも可能です。

ただし、状態がひどいほど費用がかかるため、早めに依頼を検討することがおすすめです。専門業者に依頼することで、ゴミ屋敷の問題を効率的に解決できます。

ゴミ屋敷は原因の見極めで予防に!「お助けうさぎ」もサポート!

ゴミ屋敷ができる原因はさまざまで、まずはその理由を理解することが必要です。自分もしくは周りの方がゴミ屋敷に悩んでいる場合は、原因を見つめなおしましょう。

ゴミ屋敷で悩んでいる、自分だけでは解決できずに困っているという方は「お助けうさぎ」がゴミ屋敷の清掃専門業者としてサポートします。

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城で年中無休で営業しています。電話、メール、LINEで問い合わせ可能で、メールとLINEは24時間受付です。

見積りはもちろん無料で、相談も無料のためお気軽にご相談ください。LINEリモート見積りをご利用いただければ現地訪問なしで正確な見積り提案が可能です。申し込みから最短25分でお伺いし清掃を実施することも可能となっております。スピードを求める方や、お得にゴミ屋敷対処をしたい方にはぴったりのサービスです。

ゴミ屋敷問題を一人で解決することは難しいため、ぜひプロであるお助けうさぎにサポートさせてください。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

オオウチのプロフィール画像
オオウチ

1994年生まれ。不用品回収歴は5年で、これまでに30,000件以上の不用品回収・ゴミ屋敷の片付けを担当してきました。チームで協力して迅速かつ丁寧な作業を心掛け、お客様に見積もりの説明を行う際には、分かりやすさに重点をおいて説明をさせて頂いています。また、お助けうさぎのYoutubeチャンネルで撮影も行っていますので「お助けうさぎYoutube」で検索してみてください。

対応エリア

単品の回収でもOK!

回収可能な不用品一例

関連記事

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

見積り・相談はすべて無料です!

0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電話1本で

まずはお気軽にお問い合わせください!

見積り・相談はすべて無料です!

TOPページへ戻る