年中無休

営業時間: 09:00〜21:00

不用品回収・粗大ゴミ回収なら不用品回収業者のお助けうさぎ

汚い部屋はどこから片付ける?スムーズな方法やポイントについて

部屋が汚くなってしまったままで片付けるタイミングが分からずに悩んでいる人へ向けて、効果的な手順とスムーズな方法を提供します。

部屋の片付けに取り組む方法を具体的に解説し、どこから始めれば良いかなど整理整頓のプロセスを説明いたします。快適な空間を取り戻すためのアドバイスやヒントもあるため、参考にしてください。

部屋を整える大切さと充実感を実感できるでしょう。

この記事では以下のことが分かります

・片付けをスムーズにおこなうステップ
・注意点
・汚部屋になる原因
・部屋を汚さないためのコツ

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

目次 hide

汚い部屋はなぜ片付けるのが難しいのか

汚い部屋を片付けるのが難しい理由は、何から始めればよいかわからないことや、時間の見通しが立ちにくいこと、ものを捨てるべきか残すべきか迷うことです。

これらの課題に対する解決策を見つけることが、スムーズな片付けの鍵です。片付けをする前に、なぜ片付けが難しいかを理解しましょう。

何から手を付けて良いかわからない

汚い部屋の片付けが進まない理由には、何から始めればよいかわからずに足踏みしてしまうことがあります。

簡単な場所や目につくゴミから始めることで、第一歩を踏み出すことが重要です。一番困っている場所からスタートするのではなく、取り組みやすい場所から始めましょう。

そうすることでモチベーションが上がり、他の部分へと自然に移行できます。

どれくらい時間がかかるか見当がつかない

部屋全体を一気に片付けようとすると、途方もない時間がかかり、気が遠くなることがあります。

時間が果てしなくかかりそうな場合は、とりあえず目の前のゴミや散らかった場所から片付け始めることをオススメします。時間のかかる作業に取り組む前に、短時間でできるタスクから片付けを始めると、段階的に進めることができるでしょう。結果的に負担も軽減できます。

ものを残すべきか捨てるべきか迷ってしまう

部屋を片付ける際、捨てるべきかどうか迷うものに遭遇することがよくあります。思い出の品や未使用のものなど、捨てることに躊躇する気持ちも理解できますが、断捨離の精神を持つことが必要です。捨てることでスッキリとした空間を手に入れることができます。

必要なものと不要なものを見極め、整理整頓することで、心地よい環境を手に入れることができるでしょう。

片付けをスムーズにおこなうステップ

部屋の片付けをスムーズに進めるためのステップを紹介します。

汚い部屋は、片づける順番を間違えると、かなりの時間がかかってしまいます。スムーズに片づける手順をインプットし、効率的に作業しましょう。

STEP1:玄関に近いスペースを片付ける

まずは玄関に近いスペースから片づけることがポイントです。

玄関から始める理由は、ゴミ出しなどをする際に玄関を通ることが多いため、まずは通り道を作ることが必要なためです。玄関が片付いていることによって、その後の作業時間が圧倒的に短縮されます。

STEP2:ものを置くスペースを作るために片付ける

つぎに、ものを置くスペースを作ります。

片付けを進めるとゴミ袋がたまっていくので、ゴミやものを置くスペースを確保するためのエリアを作ることが必要です。片づけるうちに出たゴミは、このスペースに置いておきましょう。

STEP3:同じ種類のゴミから集める

部屋を片付ける際の効果的な方法のひとつは、「同じ種類のゴミから集める」ことです。

実際に片付けを始めたら、ペットボトルや雑誌など、目につくことが多い種類のゴミから片付けましょう。ひとつのものに集中すると、余計なことを考えずにスムーズに進められるためです。

また同じ種類のゴミをまとめることで、ゴミ袋の交換や分別の手間が省け、作業の流れが途切れることなく進められます。

STEP4:ゴミを出す日が近い順から捨てる

部屋が汚いと感じる原因のひとつは、ゴミ袋があちこちに積み上がってしまうことです。ゴミをまとめる場合は、ゴミを出す日を気にしましょう。ゴミ収集日が近い順に、部屋内のゴミを整理して捨てることで、スッキリとした空間を手に入れることができます。

まずはカレンダーや自治体のウェブサイトなどでゴミ収集日を確認し、それに合わせて捨てるゴミをまとめて袋詰めします。ゴミの種類ごとに分別して、出す日が近いものから段取りよく処理することで、部屋がすっきりと整い、気持ちの良い空間を保つことができるでしょう。

STEP5:洋服などをしまう

洋服や衣類、小物などは部屋を散らかす原因のひとつでもあります。

ゴミだけではなく、洋服などこれからも使うものは床に置かずに最初にしまいましょう。床やソファ・テーブルにものを置かないようにすることが大切です。捨てないものが散乱していると、片付け作業の効率が悪くなってしまいます。

まずは洋服を季節ごとに仕分けし、今必要なものだけをクローゼットに収納しましょう。また、小物やアクセサリーも整理して収納することで、部屋の散らかりを防ぎます。日常的に洋服などの整理を心掛けることで、快適な空間をキープできるのです。

STEP6:害虫駆除のため「くん煙剤」などを使用する

ゴミやものを片付けたら、害虫駆除をおこなうことがおすすめです。

汚い部屋は害虫が住みやすい環境となっているため、健康被害にあわないよう害虫駆除をしましょう。この段階で害虫駆除をすることで、後から害虫に困ることが少なくなります。

害虫駆除の方法としては、スプレー型の殺虫剤の他にくん煙剤なども効果的です。くん煙剤を使用する際は火災報知機の誤作動などにも注意して使用するようにしましょう。

STEP7:床や壁を清掃する

床や壁には目に見えないほこりや汚れが蓄積されていることがあります。こうした汚れを放置すると、部屋の空気が悪くなり、快適な居住空間を損なう原因となります。

部屋が片付いたら、床や壁を清掃してきれいな部屋に戻しましょう。床の清掃では、掃除機やモップを使用してしっかりと掃除することが大切です。

カーペットやマットなどもこまめに掃除して、ホコリを取り除きましょう。壁にはほこりや指紋がついていることがあるため、適切なクリーニング用品を使って拭き取り、美しい壁面を保ちましょう。

床や壁の清掃は、部屋全体の美しさや清潔さに大きく影響を与えます。定期的におこなうことで、部屋の印象を保ち、快適な環境を維持しましょう。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

汚い部屋を片付ける際の注意点

汚い部屋の片付けにとりかかる際に、注意すべきポイントを紹介します。

健康を守るためにマスクや軍手の着用が必要であり、ゴミの日を守ることも大切です。これらのポイントを知っているだけで、片付けがスムーズになります。参考にしてください。

マスクや軍手などをすること

片付けや清掃をすると、ホコリや汚れが舞い上がります。ホコリを吸い込んでしまうと呼吸器疾患にかかってしまったり、汚れのついた手で顔などを触ってしまうと免疫疾患にかかってしまう危険性があります。

健康を守るためには、マスクの着用が必須です。また、軍手を使うことで汚れや異物から手を守りながら作業できます。

掃除は想像以上に体力を使い、健康面への影響もあるでしょう。マスクや軍手等の最低限の対策は実施してください。

ゴミの日を守ろう

散らかった部屋を片付けると多くのゴミが出ることが予想されますが、地域によってゴミの日やルールが異なります。きちんと分別し、指定された日に出すようにしましょう。

環境を守り、近隣とのトラブルを避けるためにも重要です。事前にゴミの日を調べて、スムーズにゴミを出す準備をすることもポイントです。

お部屋の掃除には時間配分と目標設定が重要

お部屋の掃除を効果的に進めるためには、時間の配分と具体的な目標の設定が重要です。時間を決めて実施することでメリハリが出て集中力が高まるため、結果的に早く作業が終わります。

また1日で終わらせようとせず、小さな目標を持ち1つ1つ確実に終わらせていくことが大切です。

時間を決めて実施することでメリハリを出す

掃除を効率的におこなうためには、時間を決めて実施することが重要です。

事前に時間を設定し、「○時までには○○のゴミをなくす」など具体的な目標を立てることが重要です。時間を決めることで、無駄なことを考えずに集中できます。時間内に集中して作業することで、効率よく掃除が進むでしょう。

一日で全てを片付けようとせず、小さな目標を立てて取り組むことで、モチベーションを保ちながらステップを踏み進められるのです。

今日だけで終わらせようとしない

1日で全ての掃除を終わらせようとすると、その重労働さと途方もなさにモチベーションが下がることがあります。

代わりに、1日ごとに「今日はこのゴミを片付ける」と決めましょう。小さな目標を設定し、コツコツと掃除を進めることが大切です。

日々の進捗を積み重ねることで、効果的な掃除が実現します。掃除には時間がかかることを理解してください。

エリアを決めることで効率的な片付けが可能

部屋の片付けを効率的に進めるには、エリアごとに取り組むことが重要です。

キレイなエリアを作り出すことや、1日ごとに片付けるエリアを決めることがポイントとなります。具体的な方法を見ていきましょう。

キレイなエリアをまずは作ろう

片付けを始める際は、まず目につくエリアや玄関、ゴミを置くスペースなど、重要なエリアから取り組むことが大切です。

少しでもキレイな場所があると、モチベーションが高まり、後の作業もスムーズに進められます。また全体が少しずつキレイになるより、一部が完全にキレイな状態であることが目に見えることでもモチベーションを保つことができます。

今日はここだけとエリアを決めてもOK

片付け作業を一度に全て終わらせようとせず、1日ごとに「今日はこのエリアを片付ける」と決めることが良いでしょう。

明確な目標を設定することで、焦らずに取り組めるため、作業が無理なく継続できます。小さなエリアでもコツコツと片付けることで、途中で諦めてしまうこともなく効率的に片付けが終わります。

捨てる際のルールを決めることが大切

部屋を片付ける際、捨てるルールを明確にすることは極めて重要です。

なかなか物を捨てられない人が、汚い部屋を作ってしまう傾向にあります。迷ったら捨てる意識を持つことの大切さと、使っていないものや不要なものを見極めるポイントを紹介します。

迷ったら捨てる

掃除や片付けのポイントは「捨てる」ことです。迷ったらそのアイテムを手放す勇気を持ちましょう。

片付けや整理整頓を進める際には、捨てるか残すか迷うことがよくありますが、迷ったら捨てる意識を持つことでスムーズに片付けができます。使用していない・必要のないものはこれからも使わない可能性が高いため、思い切って手放すことでスペースを確保できます。

ものに執着せず、スッキリとした生活空間を作りあげるために、不要なものを断捨離することが大切です。

捨てると決められるものから集める

捨てるか迷うものは後回しにして、まずは捨てると決められるものや明らかなゴミから取り組むことが有効です。捨てる決断が容易なものから始めることで、片付け作業がスムーズに進み、次第に判断が難しいアイテムにも対処しやすくなります。

段階的に進めることで、部屋の整理が効率的に進むでしょう。

なぜ「汚部屋」はできる?汚部屋になる原因について

なぜ「汚部屋」ができてしまうのでしょうか。

床に物を置く癖や衝動買い、そして精神的な病気などが、汚い部屋の原因となります。汚部屋ができる理由がわかると、片づけた後もキレイな状態を維持できる確率が高まるでしょう。

床に物を置いてしまう

床に物を置いたり、テーブルやソファーに物を置く癖がある人は、必要なものも不要なものも所かまわず置きっぱなしにしてしまい、どんどんゴミやものが溜まってしまいます。この習慣が積み重なることで、片付けが難しくなり、部屋が散らかっていきます。

こまめに収納する癖を付ければ、片づける手間が省けて部屋が汚れることもありません。最初は面倒かもしれませんが、「ものは収納する」ということを徐々に癖づけるように意識してください。

衝動買いしてしまう

ものを捨てられない・片付けられないだけではなく、余計なものをたくさん買ってしまう人も、汚い部屋にしてしまうことがあります。衝動買いを繰り返すことで収納スペースに収まりきらなくなり、部屋がごちゃごちゃとした状態となります。

必要なものを冷静に見極めることが大切です。部屋が汚い人は、自分にとって本当に必要なものが何なのかわかっていない可能性が高いと言えます。買い物の際は注意が必要です。

精神的な病気

精神的な病気が原因で、汚い部屋にしてしまうこともあります。

うつ病や不安障がいなどの症状が片付けに対する意欲を低下させ、部屋が乱雑になっていくことがあります。このような場合には、医師に相談し適切なサポートを受けることが必要です。

少しでもその傾向があったり、汚い部屋だと分かっていながらも掃除をする気力が起きないと感じている場合は、自分ひとりで解決しようとせずに周りの人を頼ってみましょう。

日ごろから「汚部屋」を作らないためにできること

日ごろからちょっとした工夫をすることで、汚部屋を作らないようにできます。

例えば、ゴミの日を守ることや、余計なものは買わないことが大切です。また、床に物を置かないことで、部屋の印象がキレイに見えます。これらの工夫をすることで、日ごろから「汚部屋」を作らないように努めましょう。

ゴミの日を守る

日ごろから「汚部屋」を避けるためには、ゴミの日を守ることが大切です。定期的にゴミを出す習慣を身につけることで、部屋の中にゴミが溜まりにくくなります。

事前にゴミ収集日を確認し、出す日に合わせてゴミを分別し、適切な袋に入れて出しましょう。分別が手間だと感じる場合は最初から分別しておけるように複数個ゴミ箱を設置しておくことも効果的です。

最初は大変ですが、習慣化されると分別やゴミ出しに抵抗がなくなり、気持ちの良い居住空間をキープできるようになります。

床に物を置かない

日ごろから「汚部屋」を避けるためには、床にものを置く癖をやめることが大切です。床にものを放置すると、部屋が散らかりやすくなり、片付けが面倒に感じられることがあります。

そのため、使用したものは元の場所に戻したり、使わないものは適切な収納スペースにしまう習慣をつけることが重要です。

余計なものは買わない

衝動買いや無駄な買い物は、部屋に不要なものが増える原因となります。

購入する前に本当に必要かをよく考え、本当に使うものだけを選びましょう。ものを増やさないことで、快適な生活空間をキープでき、大がかりな掃除をする必要もなくなります。

また、定期的にクローゼットや収納スペースを整理し、使わないものを見直すことも大切です。無駄な出費を減らすためにも、賢い買い物を心掛けましょう。

効率的に汚部屋を片付けるなら業者を頼る

汚い部屋を1人で片付けようと思うと、途方もない作業量に諦めてしまいかねないことがあります。家具やものの山、散乱したゴミなどが混在している状態では整理整頓することでさえ難しいでしょう。

しかし、部屋の片付けを専門とする業者に頼ることで、自分の労力をかけずに短時間で部屋を綺麗にできます。迅速に作業を進めてくれるだけでなく、最適な整理方法のアドバイスも教えてもらえます。

業者に依頼することの大きなメリットは、ゴミの分別や袋詰めを自分でする必要がないことです。業者側でゴミを適切に分別し、適切な方法で処理してくれます。ゴミの処理に関する手続きやルールも把握しているため、素早く効率的な片付けが可能です。

また、場合によっては不用品のリサイクルやリユースもおこなってくれるので、環境にも配慮した片付けが可能です。業者に依頼する際は、事前に相談や見積りをおこない、料金や作業内容を明確にすることが重要です。

自分では対処が難しいと感じたら、プロの力を借りて部屋をスッキリと整理し、快適な環境を取り戻しましょう。

汚い部屋の掃除は一歩踏み出せるところから始めよう!

汚い部屋の片付けは一人で取り組むのは大変で、諦めてしまうこともあります。しかし、片付け専門の業者に頼ることで、労力をかけずに短時間で部屋を綺麗にできます。業者はゴミの分別や袋詰めを代行してくれるため、ストレスなく効果的に整理整頓ができます。また、環境にも配慮したリサイクルやリユースもおこなってくれます。

部屋の片付けに悩んだら、ぜひお助けうさぎにご相談ください。

お助けうさぎは、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城の地域で不用品回収サービスを展開しており、年中無休で営業しています。不用品の回収だけでなく、汚部屋の片付けや清掃も承っております。部屋の片付けと同時に不用品回収をおこなえるので手間をかけずに短時間で快適な生活空間を作り出すことが可能です。

お問い合わせは電話、メール、LINEのいずれかから可能です。特にメールとLINEは24時間受付しており、いつでもお気軽にご連絡いただけます。

また、お見積りは無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。お部屋の片付けに関するお悩みやご要望を丁寧にお伺いし、最適なプランをご提案します。

お客様のニーズに合わせたスピーディーな対応に努めています。お助けうさぎにお任せいただければ、お部屋の片付けや不用品の処理をスムーズにおこない、快適な生活空間を手に入れるお手伝いをします。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

見積もり・相談はすべて無料です!
0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

オオウチのプロフィール画像
オオウチ

1994年生まれ。不用品回収歴は5年で、これまでに30,000件以上の不用品回収・ゴミ屋敷の片付けを担当してきました。チームで協力して迅速かつ丁寧な作業を心掛け、お客様に見積もりの説明を行う際には、分かりやすさに重点をおいて説明をさせて頂いています。また、お助けうさぎのYoutubeチャンネルで撮影も行っていますので「お助けうさぎYoutube」で検索してみてください。

対応エリア

単品の回収でもOK!

回収可能な不用品一例

関連記事

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください

見積り・相談はすべて無料です!

0120-963-851

【受付時間】09:00〜21:00  年中無休

電話1本で

まずはお気軽にお問い合わせください!

見積り・相談はすべて無料です!

TOPページへ戻る